落・選! (二度目)

4月に締め切りだった、あの日本最大規模の新人賞(バレバレやん)ですが、2作とも落選でした。

もうちょっと上まで行けると思ったけど、仕方ない……まあ運も実力のうち。

その実力が満たされてないってことなんでしょうね。

 

前にも言ったかな。

新人賞の応募で、あまり作品の使いまわしはしたくないんです、僕。

だけど、ちょっと気になる新人賞が秋にあるので、そこにいままでの作品だいたい出してみます(あ、『TEKESTA』以外ね。未公開作や新作も含む)。

幸いそこは規定枚数の上限がないところだし(だからどこだかバレる。……バレてもいいんだけど)、『いま、その翼を広げて』も応募できるのです。

まあ、そうなると連載はストップになってしまいますが。

とは言ってもいますぐ連載も公開も停止するつもりはありません。ひとまず第一部終了までは、時間的猶予もあるし連載続けます。

どっちみち第二部は過失修正したい部分が多々あるので、ちょうどいいかな。

そういえばあの新人賞に応募した場合、WEB公開してる作品って削除しないといけないのかな……? どこに公開してるか記すだけでいいなら、『光紡ぐ神の旋律』は再公開してもいいような気がするんだけど。

あとで調べてみよう。

もちろん、次回も落ちたら全部公開っす。今回の落選未公開作、あるいは新作も、状況次第では公開します。

 

これも前に言ったかな。

僕はこれから先、落ち続けたからといって何十回も何年にもわたって新人賞に応募するつもりはありません。

僕ってまともな受験をやったことがほとんどないのよ。だからあの、合格発表までのぴりぴりぎすぎすした空気には耐えられません。あれが数ヶ月に一度来るのが何年も続くなんて、正気の沙汰ではない! マジでえええぇっ!! 死んでしまうううううっ!!!

よくみんな耐えられるよね。

たぶんだけど、そこまで何度も何度も落ち続けるなんて、「運」以外の要素があるに決まってる。

要するに才能ないよ。

とかね。僕は思っちゃう。

あきらめないことは大事だと思うけど、物事には限度ってものがあるはず。

次回かすりもしないようなら、そろそろ就職を考える時期です。マジで。

 

あ、語弊がないように補足するけど、これは僕個人の考えね。

ほかの人がさ、佳作でもいいから受賞するまで、何年も何作もじーさんばーさんになるまで応募し続けるのはいっこーに構いません。お好きにどうぞ。

そもそも僕が他人のやり方を否定することはできないし、てゆーか知ったことではない。ほんと好きにしましょう。

あくまで僕はそう思うんだよなぁ、って話。

 

しかし落選は悔しいなぁ。

この悔しさとか恨み辛み嫉みなど全部込めて、次の新人賞に応募したる。ふは……ふはははははははっ!!!(テンション壊れ気味)