自分の実力

いままで自分の作品を外部の人に見せたことって、そんなにないんだわさ。

ここでいう作品とは、ゼロの状態から僕のみの力で書き上げたモノね。数はそんなにないです。

そして見せたとしても、友人知人の数人とか。

だからここしばらく、客観的な自分の実力を知りたいなと思いまして。新人賞に応募したのはそのためです。

もっと早くからやればよかったんだけど、あんまり興味がなかったんだよね。

創作する上であまりにも非常識で不自由な状況が続いてまして、それから解き放たれたとたん、「僕は自由だああああっ! うおおおおおっ!」という解放感が。

それが4、5年くらい前。

『いま、その翼を広げて』は、その期間に書き上げたモノです。ほかにもちょびちょびある……かな。

去年の夏くらいまでは、新人賞に応募するつもりなんてなかった。

でもまあ、せっかく規定枚数上限無制限の新人賞があるんだから、最後まで書き上げて、挑戦してみてもいいでしょうということで応募したわけだ。

結果は落選。やっぱり長すぎ詰め込みすぎ、とのこと。

しかし不思議な話で、その回の受賞作品は、たしか僕のより長い作品なわけですよ。

えーと、僕が968枚だったかな? (30字×30行換算)

んで、受賞したのはたしか1200枚。受賞したのもう一作品あるみたいだけど、それは何枚か知らない。

新人賞っておもしろいよね。要するに、長すぎて冗長と言われた僕の作品は、その1200枚の作品に負けたわけです。

たしかに悔しいけど、もう過ぎたことだから文句は言わない。というより、結果出たときなんかおもしろくてワクワクしちゃったんだよね。

 

「自分の好きな要素をすべて詰め込む」「やりたいようにやる」「長さは気にしない」「誰の指図も受けない」「読みやすさを意識する」

『いま、その翼を広げて』を書くに当たって、強く意識したのはこういうところ。『光紡ぐ神の旋律』もそんな感じだったかな。

結局、新人賞においておそらくもっとも重要な「商業作品を意識」=「ほどよい長さ」ということはまるで意識してないです。むしろそこが真っ先にいらなかったから、まるっと無視してた。

だから落ちたんだと思うけど。はは。

 

さて、自分のやりたいようにやった結果、それが他人に認められないのなら、やり方を変えるしかないです。

いくら僕でも、さすがにこの歳で向上心を失うわけにはいかない。

というわけで、「商業作品を創る」ということを念頭に置いて書き上げたのが、今回あそこに応募した一作。

んー、新人賞って運の要素が強いみたいだけど、どうなるんでしょうねぇ……特にあそこは日本屈指の応募数を誇る新人賞だし!

ま、落ちたら落ちたで評価シートもらえるようだし、損にはならないはず。

……え。

一次選考落ちって評価シートないんですか。

そうですか。

それは困った。

一次は突破してほしいけど。

うげげげ。

 

あ、そうそう。

このダイアリー、内容が被る場合があるかもです。「なんか前に読んだ内容だなー」って感じても、怒っちゃやーよ。

以前書いたこと、単に忘れてるだけですので。

それってどうなの。

 

最近物忘れが激しくてのぉ。

わしゃもう歳ですじゃ。

おーい、ばあさん! 飯はまだかぁ!

ばあさん? ばあさんばあさんばあさんばあさんやっ! いないのか!

ったくうちのヨメは若い頃からわしのことを雑に扱いおってからに。

…………。

あ。

そうじゃ。

わし、独身じゃった。

異世界転生

主人公が異世界転生して、唐突にとんでもない能力が備わるってやつ。

そんなに努力もせず超越的な力を持って、敵を冗談みたいに蹴散らして、戦慄するほど女の子にモテモテでハーレムで。

いわゆるなろう系。まあ、そんなに読んだことはないんですが。

や、たしかに自分がそういう状況になったら「うひょおおおおおっ!」って喜ぶと思うけど。モラルも理性も吹っ飛びそうだけど。

でもね。冷静になって考えてくれい。

 

あれってかっこいいかい?

 

個人的にはどうしてもかっこいいとは思えません。端から見てるぶんには、「へ、へぇ。すごいね……」ってしかならないんだけど。

要するに感情移入できないの。

見てて気持ちいいなぁ、爽快だなぁっていうのはもちろん否定しないけどね。

 

現実世界に夢も希望もないから、せめて架空の物語の中だけは無双したい。

現実逃避の先にある異世界転生願望。

まあ、理由はわかるんですよ。僕の思春期はほとんど「現実逃避」の四文字で表せるから。

創作を始めたきっかけも似たようなところにあるし……前にも言ったっけ?

ちなみに、いい歳になったいまでも現実逃避してるがががあばばばばばばっ(フリーズ)――

――――――

――――

――はっ。

はぁ……はぁ……死ぬかと思った。自虐も度を超すと本気でしんどい。

気をつけよう。

 

んで。

おまえはなにが言いたいのかってね。

結局、どんな能力よりも、頭の優秀さよりも、すべての女性に惚れられる容姿の端正さよりも。

僕がかっこいいと思えるのは、主人公や登場人物たちの「生き様」。

どんなに負けても挫折しても、這いつくばって泥水をすすっても、そこから前を向いて立ち上がったときにはじめて見せる「矜恃」や「想い」みたいなものに、いちばん心打たれます。敵味方関係なく。

努力と根性がすべて、とは思わない。でもさ、人の底力や尊さや美しさが見えるときって、結局そこじゃない?

そもそも、かっこ悪くたっていいじゃない。

現実でも一緒だと思う。

 

なんでこんなこと書いたのかって?

簡単に言うと、自分に対する戒め。

現実逃避するのは構わない。

でも、僕がこの現実世界に生きているのは否定のしようがない。

どんなにつらくたって、現実に生きてるんだよ。

それを忘れて創作することも、物語の中に没頭することも、もうやめなってこと。

要はバランス。

のめり込みすぎず、かと言って淡泊すぎず。

難しいけど。

 

話は戻って異世界転生ラノベ。

たしかにここ数年流行ってるから、いろんなレーベルからこれでもかっ、っていうくらい出版されている。

だがしかし、そろそろ飽きられていませんかね?

異世界転生モノが発売早々爆死って、最近よく聞くような気がする。

やはりそろそろ、「物語」の本質を見据えたものに回帰したほうがいいのではないでしょうか。

どう思いますか。

誰に言ってるんだ。

ラノベ業界の関係者さん? 編集さんとか。

まあ、都合よく見てないだろうけど。

 

しかし今日はいいこと言った気がする。

作品情報(?)と雑談

先日、勤務先のオーナーが亡くなりました。

まだ45歳ですって。

働き盛りなのに。

酒もタバコもやらない人だったと思うけど、脳梗塞らしいです。

 

人間、いつ死ぬかわかりません。

僕だって、明日死ぬかもしれません。

だから人生を終わりから逆算して、

「自分ができることを『常に』全力でやる。やり終えるまで止まらない。後悔しないように生きる!」

 

――と、常々思っているんですが。

なんでいつも立ち止まっちゃうのでしょうか。

マイペースにもほどがあるんだよぉっ!?

僕の最近の人生を四字熟語で表すと、

 

 

全 力 後 悔

 

 

うがああああああああああっ!!!???

うおおおおおおおっ!!??

これって四字熟語じゃねえええええ!?

そこじゃねえええええ!

げふっ(吐血)

 

はぁはぁ。

すみません。

取り乱しました。

……なんか前にも似たようなこと書いたよな。

成長しないな、ほんと。

 

『いま、その翼を広げて』

随時更新中です。基本的に不定期更新ですけど、2日~5日前後の間隔で更新できればいいなぁ。

いまのところ、「星峰凛」ってキャラと、「セイラ・ファム・アルテイシア」っていうキャラの交互の視点で描かれています。

公開停止中ですけど、『光紡ぐ神の旋律』と通じるところがありますな。

このあたりの話は後日。(するかも。しないかも)

 

凛くんが「Alive」ルート。セイラが「Brave」ルート。

学園生活を主体とするのがAliveルート。

んで、社会の裏で発生している事件を追うのがBraveルート

これ、単純にAルート、Bルートって呼んでた頃の名残です。

Aliveルートのほうが若干文章量多いかな……?

もうちっとバランスよく書ければよかったけど。

 

そういえばセイラちゃん。

フルネーム聞いて、ガンダム? と思った人。

これは偶然です。

僕がガンダム観たの、セイラのフルネーム決めてからなんだよね。

だから完全に偶然。

知ったんなら変えろよ、とはちらっと思ったけど、まあいいかって。

……セイラってたしか、「セイズ」って名前の男キャラじゃなかったっけ? ずいぶん最初の頃。だからもじってセイラにしたような記憶が。

彼女の口調がアレなのも、その名残……だったかどうかは忘れた。

 

しかしまだ「Alive02」ですか。

連載終わるの、気が遠くなりそうなほど先な気がする。

ちなみに全二部構成で、まだ第一部の「ほぼ」序盤ね。

――ふっ。

こりゃね、いくら規定枚数が無制限の新人賞でもね。

僕が担当編集者でも、落としますわ(笑)

ほんますいませんでした。

ぬわっはっは!(まるで反省が見られない高笑い)

 

 

そろそろGWだから、数話公開とかやってみようかな。

あれ? 公開当初の頃に数話公開してるぞ。

なんでだ。

覚えてない。

お知らせ

突然ですが、結婚しました。

 

 

 

 

 

 

 

あ、間違えた。

 

 

 

『光紡ぐ神の旋律 ~ Melodies of Memories ~』ですが、新人賞応募のため、一時的に公開停止します。

どことは言わないけど、今日締め切りの新人賞ね。

バレバレか。

落ちたら再公開。

ついでに新作も一本、応募してやるつもり。

これも落ちたら公開します。

さて、どうなることやら。

 

ちなみに新人賞、あと二、三回応募して結果出なかったら、もうやめるつもり。

もう自分のペースで小説書きましょ。

前にも書いたっけ? 使いまわしってどーにも好きじゃないですの。

潔く、やめる。

 

まあ、途中で気が変わるかもしれませんが。

使いまわし、やっちゃうかもしれませんが。

ははは。

そのときはすみません。

 

そうそう、うちの妹は本当に結婚しましたよ。

おめでとう。

末永くお幸せに。

新作「いま、その翼を広げて」公開!

予告どおり公開いたしました。

ロゴマークやバナーはわりとやっつけですが、本編は手を抜いていません。

まあ手を抜かなかったから長すぎたのでしょうが。はは。

てゆーかプロローグだけでも長ぇ……あはは。

僕が基本的に「今」という漢字を「いま」と開いて使っているのも、すべてこの作品のせいですな。

あとはもう、連載終結に向かって突っ走るのみ!

頼むぞワタシの気力!

そうそう、誤字脱字は限りなく修正したと思うんですけど、見つけたら言ってくださると助かります。

ご連絡はメールフォームから。

新人賞、落選!

新人賞落ちました。

まさか「一行」とは思わなかったけど、まあ仕方ありません。

前にも言った気がするけど、この作品は分量的に使いまわしようないですのん。

というわけで近日中に公開決定!

 

タイトルは

「いま、その翼を広げて」

キャッチコピーは

「――これは、“わたし”が『人間』になるまでの物語」

 

規定枚数上限なしの新人賞で、まさかの「長すぎる」と言われて弾かれた衝撃の問題作!
(と、果たして自分で言っていいものか)

……あ、こう書くとなんかおもしろいぞ(笑)

 

今週中にはアップできるといいなぁ。

あ、ロゴマークとバナー作らなくちゃ。

内容は公開してからのお楽しみ。