徒然雑記2

この時期、街を歩いていると、いい香りがしますよね。

トイレとか車の消臭剤の香りだね。

素直にキンモクセイって言えばいいのにね。

 

生まれ変わったらなにになりたい?

って質問ありますやん。

まあ、子どもの頃とかは夢のある子どもらしい答えを言ってたと思う。

覚えてないけど。

とりあえず、ここ数年の僕は、

 

「人間だけは勘弁してくれ!!!」

 

と、声を大にして言いたいです。

だからって虫もヤダ。動物もヤダ。

突き詰めると生物はヤダ。

 

人間として悪行を重ねると、来世では自我を持たない虫や動物に転生する、なんて話もあるじゃん。

宗教的なのかな。

仏教?

まあそれは置いておいて。

なんてゆーかさ、虫でも動物でも、その存在でさんざん悪行を重ねたヤツが最後に行き着くのが人間なのではないかと、僕は思うのですよ。

前世とか前前前世の「僕」が人間じゃなかったとすると、いったいなにをやらかしたのやら。

あー怖っ。

それにしても人間、業が深すぎやしませんか。

僕だけですか。

救ってもらっていいですか。

 

たとえばね、将来。

大往生して、ちょうどお迎えが来ているような状況の時。

「いろいろあったけど、素晴らしい人生だった。まる」

って思いながら、満足しながら死んだとする。

で、神様が現れて、

「そうか。幸せじゃったか。なら来世では、もう一度同じ人生を送らせてあげよう。なぁに、気にするな。幸せに生きた人間に対する特典じゃ。ふぉっふぉっふぉ」

なんて言われたら、

 

「てめーふざけんなコノヤローッ!!!」

 

って神様に殴りかかること請け合い。

 

別に「人間」を否定するわけでも馬鹿にするわけでもありません。

人間、好きですよ。

人間に生まれて良かったと思ってる。

 

矛盾してる?

人間って、そんなもんじゃない? (こういうすべて悟ったような言い方をするから、よく怒られるんだよなぁ)

 

そういえば、生まれ変わったら~の質問で、前にこう答えたことがある。

「歌」

になりたい、と。

もしくは「詩」。

そうしたらなんか感心? 感動? された。

人間そのものじゃなくていい。

でも人間に関わるものだけど、カタチのないものになりたい、とそのときの僕は思ったらしいですよ。

 

……病んでるなぁ。

 

 

光紡ぐ神の旋律 ~ Melodies of Memories ~ あとがきに代えて

本日完結いたしました。

それほど大勢ではないかと思いますが、読んでくれた人には最大限の謝辞を。

本当にありがとうございました。

なお、担当編集の方にも謝辞を――って、そんなのいなかった。

いや、ラノベのあとがき真似しようかなと。

どうでもいい小ネタでした。

 

この物語は、僕がはじめて最後まで書き上げた作品です。

前にもここで書いたっけ?

執筆期間は、トータルで3ヶ月ちょいだったかな……たぶん。

いま調べたら、全部で13万6652文字。

400字詰め原稿用紙約341枚分だそうです。

明らかに長編小説の長さだと思うけど、実は書くにあたって、プロットは全然作ってないのです。

ただ思いつくままに、だーっと書き上げることができた作品。

勢いのまま書いたにしては、わりとうまくいったと思うのですけど、どうでしょうか。

 

……そういえば、本文全部書いたあとにプロット作ったっけ?

まあ、それは作品内で経過した日数とか、ほかの細かい部分の調整のためだったような。

んー……。

たぶん、いまでは同じやり方で書けないと思います。

若いっていいね。

わしゃもうだいぶ歳です。

 

 

ピアノとヴァイオリンって好きなんですよ。

どっちも弾けないけど!

今後発表する(であろう)作品にも、このふたつは出てくる可能性大。

あと「ふたりの主人公の視点で語られる物語」ってストラクチャーも好きみたいです。

どちらにしても、『光紡ぐ神の旋律 ~ Melodies of Memories ~』は僕の原点ですね。

公開できてよかった。

 

さて、次はなに公開しましょう。

タンスの肥やしになってる戯曲があるから、取り急ぎそれかなぁ。

しかし戯曲。

需要あるのか。

読みやすいとは思うけど。

ま、いいか。

 

あ、この記事はコメントの投稿OKにしました。

ご意見、ご感想、文句、クレーム等、なんでも受け付けます。

よしなに。

ツイッターは

たぶんやりません。

このダイアリーがあれば別にいいかなと。

ぶっちゃけめんどくさい。

これとツイッターで、情報が分散するのもなー。

だいたい、僕のケータイでツイートできるのか?

さすがにできるか。

でもやらん。

 

だってさ、あれって文字数制限あるじゃん。

140だっけ?

ちょっと足りないよね。

これまでの僕の投稿見ていただいているのなら、おそらくわかるのでは。あ、ツイッターだともうこの段落でアウトだ。

ほら足りない。

誰に対してでもなく、誰が見てくれるのでもなく、僕の好きなように、つらつらのんびりうだーっと書き連ねるのが好きなの。

まあでも、書いてみると思ったより多いかな?

 

しかしツイッター、よくわかりません。

ネット上の記事でツイッターの専門用語並べられても、よくわかりませぬ。

それほど興味もないので、いちいち調べたりしないし。

しかしいまのラノベ作家さんは、ツイートで作品を宣伝するのがトレンドみたいだよね。

……。

まいっか。

僕ラノベ作家じゃないし。

自由人暇人だし。

 

ところで、ひっそりと? 更新していた「光紡ぐ神の旋律 ~ Melodies of Memories ~」、まもなく完結です。

最後までよろしくお願いします。

ではでは。

いまさら……

いまさらだけど、今期のアニメは「プリンセス・プリンシパル」がいちばんおもしろいかな。

アイデアと構成がいいよね。

あれオリジナルアニメだっけ?

久々に感心しましたよ。

プリンセス可愛いね。

 

「NEW GAME!!」も安定していいと思う。

もともとまんがタイムきらら系のアニメは好きなんです。

「ご注文はうさぎですか?」なんて何度見返したことか。

オチとか刺激は少ないんだけど、ほっこりするアニメがここ数年気に入ってます。

きっと現実世界からの逃避によるうんたらかんたら。

 

……中身のない記事だな……(汗)

 

話変わるけど。

僕の好きなラノベについて。

いちばん好きな作品は? と訊かれたら、まず答えるのがこれ。

 

「9S(ナインエス)」葉山透・電撃文庫

 

これはもうすごいです。

作品の解説はwikiとかに任せるにして、文章がめちゃくちゃ上手い。

バトル描写、設定のセンス、アイデアの斬新さ、情報公開の巧み……すべて僕が目指す理想のラノベ作品です。

たぶん僕が読んだあらゆる小説の中で、いちばん文章が上手い……というより、僕の好みや嗜好にもっとも合っているのかな?

基本シリアスで萌え要素は薄いんだけど、極上の映画を見ているような気分になること請け合い。

自分が書いているとき、詰まったらこの作品を読んでます。

ただし、第一巻が出たの十年以上前だし、最新刊も数年前だから、たぶんもうリアル本屋さんでは売ってない。

そして新刊が出ない(激汗)。

作者さんのブログ見てると、どうも大人の事情が絡んでいるみたいですね。

まあ僕はこの作品、絶対に切ったりしないですが。

ちなみに同じ作者さんの「0能者ミナト」もおすすめ。

新刊、楽しみにしています。

 

ほかに好きな作品をあげるなら、

「ウィザーズ・ブレイン」三枝零一

「空ノ鐘の響く惑星で」渡瀬草一郞

こんなところでしょうか。

……全部電撃文庫やな。

ってゆーか、どれもメディアミックスしてない作品ばかり。メディアミックスされない(されにくい)作品が好きなのか?

「9S(ナインエス)」はたしかドラマCDがあったような気がするけど(持ってない)、それくらいかなあ。

まだまだ好きな作品はあるけど、今日はとりあえずこのくらいで。

 

しかしだね、どの作品もメディアミックスの必要があまり感じられない、「小説として完成された作品」だと思うんですよ。

どれも文章が上手かったり、ほどよく重厚だったり。

まあ、現代ではメディアミックス(特にアニメ化)あるかないかでだいぶ売り上げが変わるみたいだけど。

そこはちょっと世知辛いというか、ラノベ業界の悲しい現実だったりするわな。

 

そうそう、僕がずっと書きたいと思っているのは結局「小説として完成された作品」なんだと思う。

もし自分の作品が書籍化されて、運よくアニメ化されたら。

そりゃあもちろん嬉しいでしょう。歓喜にプルプル震えるでしょう。

でも、原点だけは忘れたくないと思う。

 

ケータイ機種変!

タイトルどおり。

機種変してみました。

前機種はMARVERAの初代?

2013年のモデルです。いわゆるガラケー。

3年10ヶ月使ったいたそうな。

お? いままでのケータイの中では最長使用記録だ、これ。

いつもだいたい2年から2年半くらいで買い換えていた覚えが。

 

んで、新しいのがこちら。

 

京セラ「MARVERA KYF35」

 

結局同じじゃんかよ!

いやいや、違うのよ。

これは先月に発売されたばかりのMARVERAくん。

色はネイビー。

ただしこれはガラケーではなく、「ガラホ」と呼ばれるものらしいですよ。

 

なんてゆーかね、僕、スマホに興味がないんですよ。

そもそも携帯電話自体、ほとんど使わんし。

月々の料金はほぼ最低限で、無料通話分もめったに使い切らない。

家族とのやりとりはメールか電話。ちなみに両親もまだガラケーです。

LINEもそんなに使わない。友達いないの?

ソーシャルゲームはやったことないし、たぶんこれからも興味なし。

ならケータイいらなくね?

とも思うんだけど、さすがに現代人として持ってないのは不便かなと。

たぶんガラケー(ガラホ)が存在し続ける限りは使い続けると思います。

 

そういえばそろそろ機種変でもするか、と思い立って、地元のヨドバシさんに行ってきました。

「機種変どれくらい時間かかりますかね?」

と店員さんに訊いたところ、「1時間くらいですかねぇ」と言われました。

終わってみると30分くらいだったかな。

スマホは眼中になかったから、ガラケー売り場でうろうろしていたらすぐに声をかけられました。

平日の昼間だからまったく混んでなかったのもあったんでしょう。

ところで、もっと全力でスマホ勧められるのかと身構えていたんですが、そんなことは全然なく。

むしろ肩すかし?

 

しかし機種変手続き。

なんかいろいろとサービス内容が変わってましたね。

アドレス帳やらデータ移行なんて当たり前にやってもらえると思ったら、いつの間にか有料サービスに。

え、前まではただでやってくれたことに1500円もかかるの!?

と、内心絶句。

訊いてみると難しい作業ではないようだから、自分でやることにしました。

それから「アカウント設定、初期設定などはご自身でお願いいたします」だそうな。

まあ、僕はこういうの得意なほうだからいいんだけど。

使い勝手もそんなに変わらないだろうし。

 

そういえばさ、昔は充電アダプターなんて、機種変すれば当たり前のようについてきたじゃん?

それがいつの間にか有料になってたのはさすがに知ってたんだけども。

今回はなんたらサービスの特典として無料でもらえたからいいんだけど。

なんのサービスだっけ。

au STAR加入? んん? au WALLETだっけ?

なんだか忘れたけど、たぶん僕が使わないやつ。

と思った僕の雰囲気を察したのか、

「使わないならそのまま放っておいても大丈夫ですよ」

みたいなこと言われた。

 

……。

ケータイ業界って、不思議だよなぁ。

自分のキャリアの料金プランとか機種ごとのサービスとか完璧に把握している社員さんはいるのでしょうか。

まあ、どうでもいいんだけどさー……。

 

機種変するにあたって、機種の前情報なんかはそんなに調べてないです。

まだ発売してから1ヶ月くらいだから、そんなに情報出てないんだよねぇ。

価格.comにもまだレビューついてなかったし。

 

 

えーと、続き? はまた今度。

もうちょっと使ってみてから詳細を書くかもしれません。

書かないかもしれません。

気分次第。

 

……ところで前から気になっているんだけど、「スマートフォン」だよね?

「スマートホン」じゃないよね?

スマートフォンを略すと、なんで「スマホ」になるの?

「フォ」はどこ行った?

「ホ」はどこから来た?

わからん。

あなたはどっち?

たとえばさ、目標や夢に向かってひたむきに努力している人がいるとするじゃん。

逆に、なんだかんだ言い訳をして、「できない理由」とかでっち上げて、努力を怠っている人もいるじゃん。

10年後、どちらに結果がついてまわるかなんて、もう明白だよね。

 

僕は完全に後者ね。

そう考えると、

「あがああああああおおおおううううっ!?」

ってなるんだけど。

 

ああ、人って「できない理由」をまず最初に考えるのか。

楽(らく)したいんだねぇ。

でもそれってきっと、楽(たの)しくはないねぇ。

同じ漢字なのに、意味合いはだいぶ違ってくる。

 

さて、僕の「夢」はなんだった?