BACKTOPNEXT

光紡ぐ神の旋律 ~ Melodies of Memories ~


第二章 04

「月城くんっ」
 携帯電話をしまったところで、背後から俺を呼ぶ声がした。
 振り返ると、眉間にしわを寄せた委員長の女子が立っていた。
「なんだい? 市川さん」
 市川真沙美(いちかわまさみ)。実家が神社という少し変わった家庭環境の生徒だ。
 豊かな髪を赤いリボンで結び、ポニーテールにしている。神社の娘というだけあって口もとは締まって凛々しい印象を受ける。
 見た目どおりの実直な性格だった。
「一限目、どこにいたの?」
 問題児を問い詰めるようなきつい口調だった……って、そのままか。
「屋上」
 気の抜けた返事。ふと、炭酸が抜けてぬるくなったコーラの味を想像した。要するにそんな喰えない感じだ。
「どっ――どうしてそんなところにっ!」
 俺のやる気のない返事が癇に障ったのか、市川さんは声を荒げた。その姿に、たちの悪い悪戯心が芽生えた。
「市川さんのこと考えてた」
「え? ……えぇっ!」
 おもしろいくらいに頬を紅潮させ、思いっきり慌て出す。視線も泳ぎ始めた。
 真面目だけど純粋らしい。俺とは大違いだ。
「な、ななんでそそそんなことっ!?」
 俺は席を立ち、市川さんの顔に自分の顔を近づけた。視線が交錯する。  
「あのさ、男子が誰もいないところで、気になる女の子のことを考えながらすることって、そんなに多くないけど……詳しく聞きたい? ……ちなみに十八禁だけど」
「あ――ぁ、え……と」
 ますます動揺していく市川さん。
 俺の顔と彼女の顔の距離が、徐々に狭まっていく。視線はお互いに外さない。それと比例して、彼女の頭にさらに血がのぼっていくのがわかった。羞恥心のせいで真っ赤になった市川さんの表情。
 しかし。
 その中でも、彼女の瞳は、真摯な輝きを忘れていなかった。
 それを見て俺は。
「――っ」
 不意に悪戯心が萎え、逆に罪悪感が生まれた。
 ……こんな純粋な子に、俺はなにをしようとしてるんだ。
 自己嫌悪に陥る。
 だから俺は、市川さんから即座に離れて教室の外へ向かった。
「あ、ちょ、ちょっと月城くんっ!」
「トイレに行きたいんだけど、一緒に行く? さっきの……屋上での続きしてくるんだけど……あ、まさか手伝ってくれたり――」
 彼女はさらに顔を紅潮させる。噴火直前だった。
 ……こりゃまずい。
 少しやりすぎた。
 二限目が始まる直前まで、本当にトイレに避難していたほうがよさそうだ。そこでほとぼりが冷めるまで待っていよう。
「……ははは」
 廊下に出て、つい笑ってしまった。
 しかし俺の自嘲は誰にも拾われることなく、休み時間で賑わっている廊下の空気に吸収されていった。
 それにしても、だ。
 俺も相当ひねくれたみたいだ。
 昔は神童とか呼ばれて、それはそれはもてはやされていたのに。
 


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2017 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.