BACKTOPNEXT

光紡ぐ神の旋律 ~ Melodies of Memories ~


第六章 02

 喫茶店を出て哲郎と別れたあと、俺は大通りをぶらぶらしていた。
 この天野宮市は都心から離れているとはいえ、ベッドタウンに位置する地方都市だからそれなりに賑わっている。
 俺が用もないのに大通りを歩いているなんて、なんともめずらしい。人混みが苦手だから、このあたりにはどうしたって寄りつこうとしない。
 ……ま、たまにはいいか。
 駅とは逆方向へ進む。しばらく進むと、大きな交差点に差しかかった。
 いちおう、ここは天野宮市の中心地だ。渋谷のスクランブル交差点を彷彿とさせるほどの人混みは、相変わらず騒々しい。
「――っ」
 ごった返す交差点の向こう側で、見覚えのある姿が視界に入った気がした。
 立ち止まり、確認する。
「……おいおい」
 制服姿の綾瀬由衣が横断歩道を歩いている。俺が進もうとしていた方角とは逆へ向かっているようだ。
 幸い、人ごみに紛れて俺の存在には気づいてないらしい。
 気になって、俺は踵を返した。進行方向は駅方面へと逆転し、さっきまで通ってきた道を戻る。
 やや早歩きで、人ごみをかき分けながら進んで行った。
 一度は見失ったかと思ったが、視界の中に綾瀬由衣らしき背中を確認した。
 しばらく進み、やがて俺と哲郎がさっきまでいた喫茶店を通り過ぎる。このままずっとまっすぐ進めば、天野宮駅にぶつかるが――
 綾瀬由衣は、途中の道を左へと折れた。この先の沿道には飲食店やファッション、ブティックなどが立ち並ぶいわゆる繁華街だ。歩行者専用で車は通れない。
 さっきまで通っていた大通りを凌駕するほどの人の多さ。そのほとんどが若者やカップルだった。要するに、それこそ俺が本当に足を踏み入れない場所だ。ここを通るのは何年ぶりだろうか。
 しばらく歩んでいた彼女は、なにかの建物に入っていった。なんの建物かは、陰になってわからなかった。
 うかつに近づくと気づかれる恐れがあるから、そのまま大きな看板の物陰に隠れる……アダルトショップの看板だったのは気にしないようにしよう。
 待つこと、およそ十分。
 さすがに居心地が悪くなってきた頃。
 建物の中から出てきた綾瀬由衣は、なにかを大事そうに抱えていた。
「……あれは?」
 高級感が漂う黒塗りの楽器ケース。
 あのような形状をしている楽器はいくつかあるが、ギターやチェロ、コントラバスにしては小さすぎる。それならヴィオラ……いや、もっと小さい……ということは、消去法でヴァイオリンということになる。
 そう結論づけた矢先、彼女は俺に気づかないまますれ違い、やがて大通りのほうへと足早に消えていった。
 俺はその場に立ち尽くす。
 ……なんで彼女がヴァイオリンなんか。
 不思議に思いつつも、彼女が出てきた建物へと足を向けた。
 木の板をヴァイオリンの形にかたどった、わかりやすい看板あった。
 「鈴井ヴァイオリン工房」と、洒落た書体で書かれている。
 丸太を組み合わせたログハウスのような外見の一軒家だった。山奥にある別荘、と表現すればわかりやすいだろうか。こんな瀟洒(しようしや)な店が、繁華街の中にあるなんて知らなかった。
 壁にはこんな張り紙があった。
《イタリア、ベルゴ・ロベラッティヴァイオリン工房と提携。
 本場で作られたヴァイオリンやヴィオラなどの販売、
 または修理・補修を承っております。
 お気軽にご相談ください。 
             鈴井ヴァイオリン工房・鈴井昭彦》
「……ちょっと待てよ」 
 ――綾瀬由衣。
 ――彼女がかつて暮らしていた国――イタリア。
 ――ヴァイオリン。 
 ――俺の真相を知っているひとりであるあの人は、たしかイタリアの出身だった。なによりも彼は――
 ――そういえば……弟子を取らないと有名だったあの人にまつわる妙な噂も――
 意識下であらゆる情報が統合されようとしている。パズルの空白部分が埋まり、点と点が結ばれていくような感覚。
 そして。
「まさか――な」
 俺の直感が、とある予想を導き出した。
 とても信じられないが、いちおう筋は通っている。もし、これが問題の「解」なら、確かめないといけない。
 綾瀬由衣の真実を。
 真実を知る手順を頭の中で組み立てる。
 となると、今夜は忙しくなりそうだ。
 今夜は貫徹かもしれないなと、西へ沈もうとする太陽を見ながら、ふと思った。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2017 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.