BACKTOPNEXT

光紡ぐ神の旋律 ~ Melodies of Memories ~


第七章 01

 夕暮れの光が部屋に差し込んでいる。そのせいで、室内は鮮やかな朱色に染まっていた。
 そんな中、目の前に置かれたものからわたしは目が離せなくなっていた。
 黒塗りのヴァイオリンケース。今日、調整に出していたイタリアの工房から無事に戻ってきた。
 まさかこの天野宮市に、ずっと懇意にしていたイタリアの工房との提携先があるとは思わなかった。もしかしたら、わたしにこの地を紹介してくれたあの人は、このことも知っていたのかもしれない。
 わたしはケースを開けた。
 淡い光沢を放つヴァイオリンがケースに納められている。
 名工ニコロ・アマティ製作の一品で、あの人がわたしにプレゼントしてくれたものだった。こんな希少価値の高いものを、あの人はどこで手に入れたんだろう。それはいまでもわからない。
 ヴァイオリンを手に取ってみる。久しぶりの感触が手に広がった。この手触りもこのにおいも、いままで全部、わたしとともにあった。
 どんなときでも、このヴァイオリンはわたしを支えてくれた。
 左手でネックを持ち、あごと肩でヴァイオリン本体を支える。右手は扱い慣れた弓を持った。
 静かなボウイングで、部屋の空気が小刻みに震え出した。
 響きわたるヴァイオリンの旋律。
 ……ああ。
 わたしはこれに魅せられたんだ。もう、どうしようもないほどの虜になってしまった。だから十年近く、わたしはイタリアにいたんだ。
 忘れていた感覚を取り戻すように、旋律を紡ぐ。楽譜を見なくても、旋律の流れは体に染み込んでいた。
 時にはビブラートを利かせ、時にはピッチカートで表現の幅を広げてみる。
 これが求める音なのか、常に自分と向き合うことも忘れない。あの人から言われたことだ。 それを忘れてしまったら、練習している、という自己満足だけで終わってしまう。楽譜を追うだけなら誰でもできる――あの人はいつも言っていた。
 長いようで、短い時間。
 やがて、哀しげな余韻を残して、曲は終わった。
 しばらく目をつむり、わたしはわたしの内面に沈む。
 鋭い緊張と沈黙の中、あの旋律がよみがえる。わたしがたったいま演奏したヴァイオリンの旋律ではない。
 わたしの価値観を徹底的に変えた、あのピアノの旋律だ。
 地球の裏側にいても聴こえてきそうな至高の調べ。あの旋律に、わたしのヴァイオリンの音は到達できたのか。
 答えは明白だった。
 まだ、足もとにも及ばない。いや、比較するだけでもおこがましい。わたしはまだ、彼と同じ足場にすら立っていない。
 旋律を奏でた同い年の少年の顔が、まぶたの裏に甦った。それこそ本当に焼きつくのではないかと思ったほど、何度も何度も思い返した。
 幼い年齢とは裏腹に、揺るぎない自信に満ちていた表情。
 やさしく、すべてを見透かすような深い瞳。
「月城……くん」
 思い出すだけで、胸が張り裂けそうだった。心臓の鼓動が速まり、全身の血が沸騰したように熱くなる。
 そう。
 わたしは、あの少年に――月城くんに恋をしていた。月城くんが演奏を終えた瞬間から、わたしは彼の虜になっていた。狂おしいくらいに惹かれていた。
 月城くんの前では、ヴァイオリンすら霞んで見えた。
 たぶん、あれがわたしの初恋だったと思う。
 あの演奏を聴いたのはいまから五年前。わたしはまだ十二歳だった。それから一日たりとも、月城くんのことを忘れたことはない。
 月城くんは、わたしを救った救世主だったから。
 ヴァイオリンの才能を見込まれてイタリアへと渡ってからしばらくした頃、わたしははじめての逆境に立たされることになる。
 ヴァイオリンを弾いても、楽しいと感じなくなってしまった。漠然とした不安がわたしを徐々に蝕んでいくような、不愉快な感覚。
 これから先、ヴァイオリンを弾き続けてなんになるのだろう。そんなことも考え始めてしまった。そういえば、連日の厳しい稽古にも嫌気が差していた気がする。
 あのままなにもしないでいたら。
 その恐ろしい想像に震えた。
 そんなわたしの精神状態を気遣ってか、あの人がとあるリサイタルに連れて行ってくれた。『なにも考えなくていい。難しいだろうが、ただ心を無にして彼の演奏を聴いていればいい。そうすれば世界が変わる』
 あの人はこんなことを言っていた。
 世界が変わる。
 いったいどういうこと?
 そんな疑問を抱きながら、わたしはとあるコンサートホールの、歴史を感じさせる雅やかな門をくぐった記憶がある。
 そして、あの――月城くんのリサイタルで救われた。そのとき、運命という言葉の意味をわたしははじめて感じた。あの衝撃はいまでも忘れられない。
 それからだった。
 月城くんはわたしの目標になった。彼のピアノの隣で、一度でもいいからヴァイオリンを弾いてみたい、そんな願望が生まれた。
 時々思うことがある。
 もし、あの人がリサイタルに連れて行ってくれなければ。
 あの素晴らしい演奏を聴いていなければ。
 月城くんとの出会いがなければ。
 それは考えるだけでも恐ろしかった。なにもしないでいたら、わたしは間違いなく潰れていたと思う。そして、ヴァイオリンから逃げていたはずだ。 
 出会いといっても、当時の月城くんはわたしのことを知らない。直接の面識がないからあたり前だ。わたしはずっと、一方的な想いを抱いていたにすぎない。
 すごく、すごくもどかしかった。
 わたしはあなたのことをこんなに想っているのに、どうしてあなたはわたしのことを知らないの――自分の想いを、叫んで伝えたかった。もちろん、そんなことはできないと頭では理解している。でも、どうしようもなかった。
 だからわたしは、一度は投げ出しそうになっていたヴァイオリンを、これからも弾き続けようと思った。
 月城くんの隣で一度だけでもヴァイオリンを弾ければ、たとえ自分の想いが伝わらなくてもいい。そう思った。その想いだけで一心不乱に、いままで以上にヴァイオリンの練習に励んだ。
 月城くんと同じ舞台に立ちたいという信念だけが、わたしを支えていた。
 月城くんの演奏を聴いた以降のわたしは、驚くほどの集中力を発揮していたと、あの人は言う。
 ヴァイオリンの演奏も劇的に変わったらしい。憑き物が取れたように清々しい音色になり、旋律に表情が見えるようになったと、厳格なあの人がはじめて褒めてくれたときは、それこそ涙が出るくらい嬉しかった。
 でも。
 せっかく復活できたと思ったのに。
 これから先、どんなに練習を重ねたところで。
 テーブルの上にヴァイオリンを置いた。
 そして、わたしは窓からテラスに出て、深呼吸をした。外は寒くも熱くもなく、快適な気温だった。昨日の寒さはどこかに行ってしまったらしい。
 わたしの部屋は、天野宮学園からやや離れたところにあるマンションの最上階にある。いつでもヴァイオリンが弾けるよう、室内の防音設備は完璧だ。
 遠くの高台の上には、天野宮学園の校舎を望めた。
「ふふ」
 つい、自嘲的に笑ってしまった。
 わたしがひとりのときにヴァイオリンを弾いているのは、それこそただの自己満足にすぎない。
 月城くんが紡ぎ出したの旋律。
 聴く人すべてを例外なく感動させることができた、月城くんの「神の旋律」にたどり着くのは、いまのわたしでは到底不可能だと悟ってる。
 ――だって、わたしは。
 ――変わってしまったから。
 ――そうでしょ? 
 無意識下の声が、そんなことを言っているような気がする。
 そういえば、久しぶりに会った月城くんも、どこか変わったような気がする。表情に陰りがあるような……以前の月城くんを知っているわたしには意外に感じた。
 月城くんにも、人には言えないような闇があるらしい。
 天宮くんは詳しいことを知っているみたいだけど、わたしにはわからない。そしてわたしは、無意識に月城くんの闇に手を触れてしまったみたいだ。
 もう、彼との関係はこれ以上なにも変わらないかもしれない。浅はかなわたしのせいで、始まる前に終わってしまった。
 それでも、せめて。 
 明日の放課後。
 謝ろう。
 沈もうとする太陽に向かってそう誓った。
 


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2017 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.