BACKTOPNEXT

光紡ぐ神の旋律 ~ Melodies of Memories ~


第十一章 13

 わたしの腕の中で慟哭する月城くん。
 そんな彼の姿に、わたしは既視感を覚えていた。
 ……ああ。そうだ。
 わたしの姿と重なるんだ。
 放課後の屋上。月城くんに追い詰められ、泣き崩れたわたし。あのとき、わたしは天宮くんの胸でいつまでも慟哭していた。
 それとは逆の構図。今回、月城くんを追い詰めたのはわたし。
 大事なことに気づいてしまったから。
 月城くんの脆さ。そして弱さ。
 わたしと一緒だった。わたしも彼も、たぶん弱いんだ。
 支えがないと、簡単に折れてしまう。
 そこまで気づいてしまったら、もう放っておくことができなかった。
 濡れた服の上から伝わってくる、月城くんの体温が愛おしい。いつまでもこのまま抱き合っていたいと、切実に思った。
 彼の気が済むまで、わたしはこうしていようと決めた。
 ――それからどれくらいの時間が経過しただろう。
 正確には数分程度だったと思う。でも実際の体感時間は、もう何時間にも感じられた。
 月城くんの嗚咽がやがて収まり、わたしの胸から顔を上げた。
 目と目が合う。
 月城くんの瞳は、すべての迷いや苦しみを涙と一緒に洗い流したような、清浄な光をたたえていた。
 もう、彼は大丈夫。絶対に立ち直れる――そう確信させるほどの強さを感じた。
 それから先、言葉はもういらなかった。
 お互いの顔が近づいていき、やがて唇と唇が重なる。
 意思が通じ合った最初のキス。
 それは、しょっぱい塩味だった。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2017 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.