BACKTOPNEXT

光紡ぐ神の旋律 ~ Melodies of Memories ~


第十一章 08

 景色が横に流れている。
 俺が乗ったタクシーは、海岸沿いの道路を走っていた。
 右の窓からは堤防と、さらに奥にはテトラポットがある。この海岸は、俺がよくいるあの砂浜に続いているはずだった。
 ――桃子。
 彼女は最後に、俺のしあわせを願った。
 それなら、俺のしあわせってなんだ?
 俺は桃子のためにピアノを弾いていた。それを生きがいにしていた。桃子のためにピアノを弾くことは、俺にとって幸福なことだった。
 けど、彼女はもういない。
 桃子のいない世界でピアノを弾くことに、どんな意味があるんだ?
 そもそも、桃子のいない世界で、俺はどうしていつまでも生き続けているのだろう。
 人のぬくもりがないと人は生きていけない――綾瀬さんのヴァイオリンは、人間の真理を俺に訴えてきた。
 あのまま無言で彼女の唇でも奪っていれば、この物語はハッピーエンドで終わっていたんだろう。
 ――でも。
 俺はそんなに素直じゃない。
 俺がずっと触れていたかったぬくもりは、もうこの世にいない。
 最初から死ぬ以外の選択肢はなかったじゃないか。
 なんでこんな簡単なことに気づかなかったんだろう。
「はは」
 つい、笑いがこぼれた。俺は馬鹿だ。
「……なにか?」
 タクシーの運転手が答えた。
「……いえ、なんでもないです」 
 窓の外に目を向けた。
 住み慣れた天野宮の景色も、これで見納めだ。
 ……よく考えたら、この街よりもヨーロッパでの生活のほうが長いんだな、俺は。
 それでも、たまには帰ってきた。この街は俺の故郷だ。この街で俺は生まれ、桃子と出会った。
 桃子。
 桃子――
 桃子――桃子――桃子っ!
「――――っ」
 嗚咽をこらえる。けど涙はこらえきれなかった。
 なんて情けない。
 もう子どもじゃないのに。俺は桃子がいないと、どうしようもないほど弱いらしい。普段の俺は、ただ強がっているだけだ。
 けれど、もうすぐ俺は彼女のところに行ける。
「――っ!?」
 ふと、窓の外を歩いていた人物と目が合った。
 その人物の進行方向はこのタクシーとは逆。つまり、すれ違いざまに一瞬だけ視線が交わった。
 その人物は片手で携帯電話を耳に当てて、誰かと通話しているようだった。もう片方の手には花束が握られている。
 品種はおそらく……桜草の花。
 桃子が好きだった花。
 そして、俺と視線が交わるなり、怪訝そうな表情をしたその人物は――
「哲郎……?」
 天宮哲郎に間違いなかった。進行方向と花束から察するに、桃子の墓参りに行く途中なのだろう。
 俺が桃子の墓参りを済ませたあと、あいつが静かに桃子に会いに行くのはいつものことだ。
 桃子と哲郎は、ちょっとだけ面識がある。
 タクシーのサイドミラーには、呆然と立ちつくす哲郎の姿が映っていた。
 それも徐々に小さくなり、カーブに差しかかったところで見えなくなった。
 奇妙な心のざわめきを抱きながらも、俺は振り向くことをやめた。
 心配や予感といったものを一緒に乗せて、タクシーは邁進していく。
 目的地はもうすぐだった。
 


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2017 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.