BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Alive & Brave 13 - 凜

 最後の決戦で、セイラと俺の役は黒衣の騎士に負ける。
 そして、共和国に捕らえられていた皇女――悠を救い出す。
 囚われの皇女に、黒衣の騎士が手を伸ばす。
 しかし皇女は伸ばした手を取らない。
「帝国の未来を、もうあなたひとりで背負うことはない」
「でもっ……! わたしがこのまま共和国に嫁がなくては国が滅びます! なにも知らないくせに!」
 そのとき、黒衣の騎士の兜が半分に割れる。最後の決戦において、セイラの攻撃が当たって傷がついていたという設定だ。このギミックはかなり苦労した。
 黒衣の騎士は惺だった。
 このときはじめて、惺の素顔がさらされる。そして、道化師と黒衣の騎士が同一人物であることが判明する。さらに、皇女――ユースティアがずっと想っていた、亡き王国の王子であることも明かされた。俺の役の兄に当たる存在だ。
「あ……あなたは……!?」
「待たせてすまない。ユースティア……助けにきた」
 再度差し出される手を、ユースティアは今度こそ取った。
 そして、キスシーン。
 それまでの稽古とは少し違った。昨日の通し稽古――ゲネプロまでは惺がゆっくりと悠を抱き寄せ、キスをする「ふり」だった。
 本番のいま。
 悠が自分から惺の首に腕を絡めて引き寄せ、口づけした。
 本当にキスしたように見えた。
 劇のクライマックス。観客が最高潮に沸き上がる。
 最終シーンは大団円だった。帝国は圧政から解放され、共和国は撤退。芸術が解禁になった。セイラと俺の役は改心し、新しく生まれ変わろうとしている帝国に協力することに。
 喜びに満ちた中で、ガールズバンドの生演奏が始まる。愛用している楽器たちを、舞台上で演奏するみんな。
 綾瀬さんの歌声は、おそらくは創樹祭以上に観客に届いたはずだ。
 そして。
 黒衣の騎士とユースティアの結婚が発表され、黒衣の騎士が新しい帝王となった。その様子を、真奈海のメイドと光太のへっぽこ騎士が馬鹿ばかしく盛り上げ、柊さんや小日向さんも混ざって祝福した。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.