BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Alive & Brave 9 - 凜

 そして本番を迎える。
 十二月もあと数日で終わる年の瀬に、創樹院学園が誇る大講堂で演劇祭は行われた。
 冬休みの期間にも関わらず、多くの人で賑わった。
 観客にはいろんな人がいた。
 父さんや母さんはもちろん、姉さんも都内からわざわざ観に来てくれた。
 ほかにも真奈海の家族――光太のばあちゃん――なんと小日向さんのご両親も、お忍びで来ていた。
 そして柊さんのお姉さん――詩桜里さんも顔を見せた。これには柊さん本人がいちばん驚いていた。
 もちろん俺も。
 詩桜里さんとは、三年ぶりの再会だった。
「久しぶりね……凜くん」
「はい」
「元気に暮らしているようでなによりだわ」
「おかげさまで」
「…………」
「詩桜里さん?」
「……いえ、気のせいね。本番、がんばってね」
 本番前に、ふたりっきりでそういう話をした。
 演劇祭は二日間行われる。
 公演の順番は、公平に抽選で決まることになっていた。ちなみにどの団体も公演は一度きり。
「安心しろ。わたしは引きが強い」
 そう言って抽選に臨んだセイラは、見事二日目の最後、大トリを引き当てた。
 否が応でも最高潮に盛り上がる最後の締め。俺たちがその役目を担ったのは、ある意味運命だった。
 そして幕が上がる――


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.