BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Alive01-1

 血塗られた短剣が、暖炉に灯った炎の揺らめきを反射させていた。
 ふと、何気なく部屋の中を見わたしている自分が、アンティーク調の古ぼけた姿見に映り込む。
 鏡に映し出された自分。
 血塗られているのは、握っている短剣だけではなかった。
 一糸まとわぬ自分の全身も、鮮血で染められている。まだ生温かい血。しかし、これが自分の血でないことは明白だった。自分はまったく怪我をしてない。
「――ほう。よくやった」
 声のするほうを向くと、まるで場違いな姿をした女性が立っていた。
 濃い紫色と白を基調とした、忍び装束のような服装。腰に携えられているのは長い日本刀だ。装束の色とどこか調和するすみれ色の長髪は、後頭部で結わえられていた。
 彼女は微笑みをたたえて、こちらを見つめていた。笑っているのに、鋭い眼光は氷点下のように冷たいのが印象的だ。
 部屋は中世ヨーロッパの貴族が住むような洋館を髣髴とさせる、瀟洒な内装と調度品によって統一されている。そんな中で、両開きの大きなドアの前に立ついかにも和風な彼女は、異質以外のなにものでもなかった。
「霞……さん?」
「おまえは目的を達成した。もっと喜べ」
 彼女――海堂霞が、あごでなにかを指した。
「……もく……てき……?」
 自分の足もとに、人が転がっていた。もっと正確には、数分前までは生きていた、人間の死体だ。高価なシルクのバスローブに身を包んだ三十代半ばの男性だった。
 頚動脈から大量の血を垂れ流し、絨毯の上に作った自身の血の海の中で仰向けになっている。大きく開かれた目と口。生気を失ったその表情に張り付いているのは、恐怖と驚愕。
「見事だな。教えたとおり。……ふふっ、おまえにはやはりこっちの素質がある」
 この瞬間、その事実に――
「あ……あ、あぁ……っ!」
 心の中に、醜くて真っ黒な怪物が生まれた。
 ――いや、この表現は間違っているかもしれない。もともと自分の中に存在していた怪物が、いま目を覚ました――が正しいか。
「わたしについて来い」
「……ぇ?」
「弱い自分が嫌いなんだろ? なら、誰も敵わないほど強くなればいい。おまえの中にいる怪物を、わたしが育ててやる。……心配するな。もう種は発芽した」
 見透かすような瞳で、彼女は言った。
 海堂霞の悪魔のように大胆で、天使のように美しい表情は、生涯忘れられないと思った。
 霞の背後から、黒煙が流れ込んでくる。それに混ざるように、かすかな悲鳴も耳に届いた。
 ――ああ、そうだ。
 この日、この家はあらゆる意味で終焉を迎えた。地獄のような檻の中から脱出することができた。
 けど、自由とはほど遠い別の檻に移っただけと気づいたのは、だいぶ経ってからだった。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.