BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Alive01-2

「――――っ!?」
 覚醒してから、自分が悪夢を見ていたと気づくのに、たっぷり十秒はかかった。
 真っ暗な室内。ベッドに横たわったまま、しばらくのあいだ、呼吸すら忘れる。
 目が暗闇に慣れて、ぼんやりと天井が見えてきた。
 ここは、悪夢に出てきたあの洋館ではない――そう実感できただけで、安堵の気持ちが胸に広がった。自分の名前は星峰凜――それも実感した。
 ベッドから上体を起こし、枕もとの時計に目をやる。
 午前一時を少しまわった頃。
 午後九時頃から読書をして、眠りについたのは十一時頃だったような気がするけど、正確な時刻はいまいち判然としない。
 どちらにしても、あまり眠れていないようだ。体は軽く汗をかいていて、のども渇いていた。
 水でも飲んで落ち着こうと、部屋を出る。しんと静まり返った廊下。当然、廊下の照明も消されていて薄暗い。
「…………?」
 体に、かすかな風を感じた。
 こんな時間だから、戸締まりはしっかりとして、みんな寝静まっているはず。
 廊下の突き当たりに目を向ける。
 ベランダに続く窓が開いて、白いレースのカーテンが揺れていることに気づいた。
 そしてその向こうで、長い金髪が風になびいているのが見える。
 悠……か。
 ベランダに向かって、静かに歩いていく。彼女は、ベランダの手すりに両手を置いて、空を見上げているようだ。 
 サンダルを履いてベランダに出たところで、金髪の持ち主が振り返る。
「あれ……凜くん?」
 幻想的な色の月明かりが、彼女の姿を照らした。
 腰まで伸ばした豊かな金髪。同じ年頃の女子が羨むこと間違いなしの、大きな瞳に小さな鼻。唇もみずみずしい。そこらのアイドル顔負けの、可愛らしく整った顔立ち。女性雑誌で専属モデルやってます、と言っても充分に通用する、均衡のとれた長い手足。そして豊満な胸。背の高さは俺と同じくらいだ。愛くるしいピンク色のパジャマ姿は、男子にとっては垂涎ものだろう。
 非の打ちどころのない美少女なんて、フィクションか二次元にしか存在しないという、誰が言い出したのかわからない一般論を、完全に否定するのが彼女だ。
 名前は真城悠。
 わけあって、俺の家――この星峰家に居候している。
「おはよう」
「え……あ、うん……おはよう」
 いちおう日付は変わっているし、この挨拶でも問題はないはず。ほんの数時間前にお互いにおやすみ、と言い合ったばかりで、悠は戸惑っているようだけど。
「空、見てたのか」
「うん……凜くんは?」
「のどが渇いて目が覚めてさ。水でも飲もうかと部屋を出たら……ね」
 悠が不思議そうな表情を浮かべて、俺のほうへ近づいてきた。
 そして両手を後ろで組み、やや前屈みになるように俺の顔をのぞいてくる。……こういう乙女チックな仕草を平気で、しかもナチュラルにやってくるから、学園の男子どもが騒ぐのも無理はない。
 本物の宝石よりもきれいなんじゃないと思える、澄んだ碧眼――エメラルドグリーンの大きな瞳が、呼吸を感じられるほどの至近距離で俺を見据える。月明かりと、ちょっと離れたところにある街灯くらいしか光源がないけど、染みとかニキビとかまったく無縁の、きめ細やかな白い肌もよく見える。
 晩春でも初夏でもない、なんとも言えない温度の潮風が吹いた。強くもなく弱くもない気持ちのいい風。悠の髪がなびいて、シャンプーか、コンディショナーの香りが鼻孔をくすぐる。
「……うわ……」
 無意識に一歩後ずさってしまった。
「凜くん?」
「あ、ごめん……なんか、キスされるのかと思って」
「えっ、もう、違うよ」
 はにかむ様子も愛くるしい。この表情を写真に撮って学園の男子連中に見せたら、高値で買い取ってくれそうだった……って、発想がちょっと卑しいか。
「気のせいかな? 凜くん、表情が暗い」
「……気のせいだよ」
 こういうふうに見透かされるのが怖くて、距離を取ったのかもしれない。無駄だったけど。
「凜くんはそういうの隠すの上手だけど、たまに無防備になるよね」
「え?」
「いまがその無防備なとき」
「……恐れ多いなぁ」
「なにかあったの?」
「たいしたことじゃないよ。ちょっと嫌な夢を見ただけ」
「怖い夢?」
「怖い……んー、怖い、か」
 それもある。でも、恐怖とかよりも強い感情が、心の奥で渦巻いていた。
 それを言葉で表すなら、なんだろう。
「……絶望……」
「えっ?」
「わわっ、なんでもない。気にしないで」
 一度口から出た言葉は、消しゴムで消せる文字のようにはいかない。
「凜くん、だめ」
 悠の両手が俺の手を包んだ。
 ……温かい。そして、優しい。
「ひとりでなんでも抱え込もうとするの、凜くんの悪いところだよ」
「……でも」
 俺の抱える問題は、他人にどうこうできることとは思えない。
「わたしは、凜くんの家族じゃないけど……でも、限りなくそれに近いと思ってるよ。だから……相談があれば話を聞くから」
 悠の言葉は、善意に満ちている。打算とか裏のない、素直な気持ちから発せられたのは、そのまっすぐな眼差しを見れば疑いようがない。
「ありがとう、悠。でも、大丈夫。悪夢なんて、今日はじめて見たってわけでもないから」
「そう……?」
「ああ。ほんと、自分でもどうしようもないと思ったときは、ちゃんと相談するよ」
 悠はしばらく黙って、
「……うん。わかった」
 小さくそう言った。
 俺はなんとなく、空を見上げた。
 黄金色の満月が、夜空の真ん中に浮かんでいる。月の周囲を煌びやかに飾るのは小さな星々と、確固たる存在感を放つ星の枝だ。昼間とはまた違った幻想的な光景が、はるか天空で繰り広げられていた。
「……きれいだな」
「うん」
「そういえば、悠はなんで空見てたの?」
「……わたしは……」
 悠はベランダの縁まで歩いて、廊下から見えてたときと同じように、手すりに両手を乗っけて、顔を上げた。
 俺も悠の隣に立つ。
「あと何回、こういうふうに空を見上げることができるのかな、って。――夜でも、昼でも……晴れでも雨でもね」
 彼女の言った言葉の意味を、頭の中でしばらく反芻した。
「それって、単純に回数の話? それとも哲学的ななにか?」
「回数……」
俺のほうを向いた悠は、一瞬だけきょとんとした表情を浮かべたあと、やわらかい笑みを浮かべた。それでも眼差しはどこか真剣さが漂っていた。
「……凜くん、これは数学……ううん、算数の問題かな」
「え?」
「人生が八十年だとすると、一年三百六十五日かける八十で二万九二〇〇日。それが寿命を全うした人の一生」
 そんなふうに考えたことはなかった。
 約二九二〇〇日。
 一生が無限だとは思ってないけど、そうやって明確な数字を出されると薄ら寒い感覚に見舞われる。
「もちろん、生まれたその日から空を見上げて感傷に浸るなんてできないし、そもそも毎日空を見上げるとも限らない。だから実際の数字は、もっと少なくなるよね」
「……ああ」
「――そして、誰もが寿命を全うするわけでもない」
 算数の話から、哲学へ。
 俺は沈黙を返した。
「だからね、そんな不確かな人生という檻の中で、わたしはあと何回、空を見上げることができるんだろうって」
 檻。
 自由のない檻の中。
 ――それは、俺がさっき見てた悪夢の――っ。
「り、凜くん?」
「……ん?」
「顔、怖いよ」
「あ……悪い。気にしないで」
「ごめんね。変な話しちゃって。気に障ったのなら謝るね」
「だから気にするなって。悠は悪くない」
 しばらく悠は俺を見つめる。 
「……うん。わかった……でも――」
 なにか言いかけて、口をつぐんだ。
「わたし、そろそろ寝るね。凜くんは?」
「俺は、そうだな。キッチンでなにか飲んでから寝るよ」
「うん。おやすみ、凜くん」
「ああ、おやすみ」
 悠が家の中に入るのを見送った。
 悠の瞳が一瞬、悲しげに揺れていたような気がした。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.