BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Alive01-4

 体が揺さぶられている。
「――――っ」
 反射的に上半身を起こした。
「わわっ、お兄ちゃんっ!?」
「……ん……奈々?」
 ぼんやりとした頭が、徐々に覚醒していく。 
 最初に視界に入ったのは、心配そうな表情で見つめている妹の姿。そして、自分が自室のベッドで寝ていたことに気づく。
「お兄ちゃん……?」
「……ふう。おはよう、奈々。今日もツインテールが可愛いな」
 星峰奈々。俺のひとつ下の妹。
 肩にかかるくらいの長さの黒髪を、側頭部の上のほうで結わえたツインテールは、奈々のトレードマークだ。ピンクとホワイトでストライプされたリボンは、奈々のお気に入り。
「お兄ちゃん大丈夫? 具合悪いとか……?」
 鳶色をした大きな瞳が、俺を見つめている。
「いや、大丈夫」
「……ほんと?」
「ああ。……で、なんでわざわざ起こしに? あ、もしかしてこれが噂の、制服姿の可愛い妹に起こされるラッキーイベントってやつか。『起きないとちゅーしちゃうんだからね』とか」
「な、なに言ってるの、もう」
 ちょっとだけ頬を赤らめる奈々。ちなみにスカートの裾をもじもじとつまむのは、恥ずかしがっているときの奈々の癖。
「からかっただけだ」
 奈々はむすっとした。
「ねえお兄ちゃん、寝坊したの気づいてる?」
 口をとんがらせながら、奈々は枕もとの時計を指差した。デジタル表示は午前七時十五分となっている。ちなみに、いつも七時には一階のリビングに下りている。
「あ……悪い」
「お兄ちゃんが寝坊なんてめずらしいね」
「友達から借りたこいつがおもしろくてさ。つい夜中まで読んじゃって」
 枕の横に無造作に置かれた文庫本を手に取る。
 嘘は言ってない。寝る前にこの本を読んでいたのは事実だ。そのあとの出来事は、わざわざ話すまでもないだろう。
「そうなの?」
「もう戻っていいぞ。わざわざ悪かったな。ありがとう」
「……うん。じゃあ先に行ってる」
 奈々が部屋から出て行くのを見届けて、ベッドから降りる。
 寝巻きから、学園の制服に急いで着替える。
 薄いブルーの長袖のワイシャツは、学園指定のもの。母さんか悠がいつもアイロンをかけてくれているから、しわひとつない。その上から、深緑のステッチが特徴的な青のネクタイを締める。濃紺のズボンに履き替え、ベルトをきつめに締めた。
 最後にジャケットを羽織る。気温が高くなってきたとはいえ、まだ衣替えの前だ。……そういえば衣替えはもう来週か。
 クローゼットの扉の内側に備えつけられた姿見を見て、おかしなところがないか確認する。
「――っ」
 突然、姿見に映った自分と、悪夢の中の光景が重なった。
 鮮血に染まった、過去の自分の姿。
「くそ……っ」
 夜中に悠や惺と話して、気が紛れたと思っていたのに、ここまで鮮やかにフラッシュバックしてくるとは思わなかった。
 ……ここはあの伏魔殿そのものだった洋館とは違う。俺がいま暮らしているのは、星蹟島にあるこの星峰の家だ。
 奈々や悠、母さんや父さんがいる、温かい家庭。ちょっと特殊な事情もあるけど、優しくて居心地のいい家庭なのはよく知っている。
 深呼吸して、心を落ち着かせた。
 これ以上遅くなると、また奈々を心配させる。いつも通学に使っているリュックを持ち、忘れ物がないか頭の中で軽く確認したあと、部屋を出た。
 廊下の角にある洗面台で軽く顔を洗った。両手で頬をぱんっと叩いて無理やり心機一転。タオルで顔を拭いたあと、洗面台の鏡を見つめる。いつもどおりの自分が映し出されていた。
 ――よし、これなら大丈夫。
 一階へ降り、リビングへ通じるドアを開ける。
 六人がけのテーブルを囲んでいるのはふたりだった。
 奈々と悠。
 今日は店が月曜日。父さんがオーナーシェフを務めているトラットリアの定休日だ。だから母さんと父さんはいない。
 店の営業日でも、早起きの母さんはいつも朝食を用意してくれる。けど、土日の忙しさにさすがに疲れているのか、定休日である今日はまだ眠っている。毎週のことだ。そういえば昨日、「明日は思いっきり寝坊するわ~」と言っていたのを思い出す。
 ちなみに父さんは休みの日、昼近くまで寝ていることがざらにある。ま、ふだんは仕込みのために午前五時には起きているから、その反動なんだろう。
「おはよう。ねぼすけ凛くん」
 席について最初に声をかけてきたのは、向かいに座っている悠だった。奈々と同じ制服姿で、優雅な動作で朝食を食べている。
 青と緑のチェックのスカートは悠も奈々も同じ。違うのは、悠は白地に青色の縁取りがされたジャケットを着ていて、奈々はベージュのカーディガンを着ているところ。うちの学園は、指定のものならどちらでも構わないことになっている。
「おはよう、悠。今日も鮮やかな金髪が可愛いな」
 悠の金髪はいつ見てもきれいだ。夜中に見たときは寝る前だったから、髪型はなにもいじってなかったけど、今朝はいつものように、一部を後頭部でまとめてハーフアップにしている。本人お気に入りの髪型だ。
「え? ……あ、ありがとう」
「お兄ちゃん、それ、さっきわたしにも似たようなこと言ったよね?」
「……そうだっけ?」
「てきとーだったんだね……そうなんだね……」
 隣に座っている奈々が、やや不満そうにつぶやいた。
 用意されていた朝食を食べ始める。今朝のメニューは食パンのトーストにケチャップのかかったスクランブルエッグ、サラダ、たまごスープ。シンプルな洋食テイスト。
 スープに口をつける。
 ちょっとぬるかった。
「……凛くん、スープ温めなおそうか?」
 悠が俺の思考を読んだように言う。顔に出さないようにしたつもりだけど、悠はこういうところが妙に鋭い。
「いや、別にいいよ。俺が悪いんだし」
「そうだよー。悠ちゃんはお兄ちゃんを甘やかしちゃだめ」
「ふふっ、わかった」
 悠の笑顔は、きれいとか可愛いとかいう形容詞を通り越して、人を安心させる。生まれ持った才能だと思う。
「あのなぁ、悠は俺を甘やかしたんじゃなくて、気を遣ってくれたんだぞ」
「どう違うの?」
「違うだろ。意味がまったく」
「そうかなぁ」
「奈々も悠みたいな、さり気ない気遣いができるようになれば、きっと女子力が上がるぞ」
「それ、いまのわたしは女子力低いみたいな言い方に聞こえるんですけどっ!」
「ふむ……そうとらえられないこともないな」
「もうっ、寝坊しても起こしてあげないからっ!」
 ぷいっと、奈々はそっぽを向いた。
「ん、そのときは悠に起こしてもらうから大丈夫」
「あ、わたしもう凛くんのこと甘やかさないって決めたから」
 悠がいたずらっぽく微笑む。
「え……そんな」
「やーい。残念でしたぁ!」
「くそぅ。女子ふたりで結託するなんて卑怯な」
 やけ食いするように、バターを塗ったトーストを一気に食べた。
「あ、ふたりとも、そろそろ支度したほうがいいかな」
 ちょうど食べ終わった悠が、ナプキンで口もとをお行儀良く拭きながら言う。壁にかけられた時計を見ると、たしかに家を出たほうがいい時間帯だった。
「それもそうだな」
「よし奈々、あと二十秒で食べ終えて、さっさと支度するぞ!」
「えっ、そ、それは無理っ」
 味わう余裕もなく、一気に食べる。行儀とか気にしている場合じゃない。奈々も俺の勢いに押されたのか、真似して急いで食べる。
 俺が食べ終わったときには、涙目になって苦しそうにしている奈々が、隣で四苦八苦していた。こいつ、もともと食べるのはそんなに早くない。
 それから一分くらいして奈々も食べ終わった。
「ん~~~っ!?」
「はい、牛乳」
 コップを受け取り、奈々は中身を飲み干す。
「ぷはぁ……うう、苦しいよぉ」
「……あのさ奈々、言いにくいんだけど、別にそこまで急いで食べることなかったんじゃね?」
「だ、だって、お兄ちゃんが急かすから!」
「いつも早めに出てるんだから、むしろ今日くらいに家を出るのがちょうどいいかもしれないな」
「いじわるっ!」
「落ち着けって。悠が苦笑してるぞ」
「もう! 悠ちゃんからも言ってよ。もとはと言えば、お兄ちゃんが寝坊したのがいけないって」
「うん、たしかに凛くんがいけないかもね」
「ああ、全部俺が悪かった。さ、それよりも後片付けして、さっさと仕度するぞ」
「もうっ」
 テーブルの上の食器を俺がまとめて、キッチンの流し台へ。悠と奈々は布巾でテーブルを拭いている。
 洗い物は母さんがあとでやってくれるから、食器はそのままでいい。
 それからそれぞれ身支度を整えて、玄関から外へ出た。ドアを開けた瞬間、強い潮風が全身をなでた。陽射しもまぶしくて、一瞬目がくらんだ。
 俺は有名なスポーツブランドのリュックで、奈々は白を基調とした女の子らしいキャンパスのリュック。悠はブラウンの革製手提げ鞄。
 俺たちが登校するときのいつもの姿。
 ……けど、なにか足りない。
「奈々、ベースは?」
「わぁっ、忘れてたぁ~!?」
 ぴゅーと室内に戻り、奈々はベースの入った黒いケースを持ってくる。軽音部に所属する奈々の愛用品だ。
「おっちょこちょい」
「ふんだっ」
「ふふっ……奈々ちゃん、ちゃんと日焼け止めつけた? そろそろ紫外線が強くなってくるから」
「うん。悠ちゃんから前にもらったやつ。ちゃんとつけてるよ」
「俺はもらってないぞ」
「お兄ちゃんには聞いてないよ……」
 そんな他愛のない会話をしながら、歩き始める。
 ぐるっと家の敷地をまわり込むようにして進んで、表の海岸通りへ。
 通りへ出たら左へ曲がり、バス停へ向かう。バス停へは徒歩で五分ほど。夜中に惺と会った公園を通り過ぎる。
 雑談を交わしながら、普段どおりの道を三人並んで歩く。ゆるい上り坂のカーブを過ぎると、バス停が見えてくる。
 そのとき――
 ふと、悠の足が止まった。
 俺と奈々もつられて止まる。
「どうした?」
 俺が声をかけても、悠は答えない。表情からいつも絶やさない笑みが消え、無感情になる。その視線は射抜くような鋭さで、一点を見つめていた。
「お兄ちゃん……あそこ」
 隣にいた奈々が、肘で小突いてきた。そんな奈々は嬉しさと狼狽がない交ぜになった、複雑な感情が浮かんでいる。
 バス停の横に佇む人影。
 俺と同じ制服姿。片手にはネイビー色のナイロン製手提げ鞄。恐ろしくセンスのいいデザインで、高級品の雰囲気が漂っている。
「……惺、か」
 惺が俺たちに気づき、視線を送ってきた。ただし、その瞳は紅茶色のレンズの奥に隠れていて、どのような感情を秘めているのかわからなかった。
 なにも言わず、悠は黙ってバス停に近づいていく。けど、惺がいる二メートルほど手前で立ち止まった。それ以上近寄る気はないらしい。
 俺と奈々は、お互い困ったような視線を交わらせて、ふたりの間に入った。
 沈黙になるのが怖いから、とりあえず挨拶。
「おはよう、惺」
「おはよう、凛……奈々ちゃんも」
「お、おはようごにゃい――っ!」
 狙ったかのようなタイミングで、奈々が可愛らしく噛んだ。頬から耳までにかけて、一気に赤くなる。肩にかけていたベースのケースがずるっと下がった。
「……わざと?」
「ち、違うっ!」
 睨んできた。「スルーしてよっ!?」という言葉にならない声が、その眼差しに含まれている……ような気がした。緊張感漂うこの微妙な空気を消し去るために、わざと体を張ったわけではないらしい。
「ふむふむ。天然の妹キャラか。昨日読んでたラノベに出てきてたなぁ。需要はあるみたいだぞ」
「うるさいから!」
 俺と奈々の兄妹漫才を見て、惺は声にこそ出さないが、静かに微笑んでいる。
 問題は悠だ。彼女は会話に参加する気配がない。まるで存在している次元が違います、とでも言うように顔を背けている。
 そして沈黙が降りた。
 誰もしゃべらない。
 うわぁ、気まずい、と思ったところで奈々と目が合う。こいつも同じようなことを考えているみたいで、さっきよりも輪をかけて複雑な表情をしていた。俺はどうにかなるけど、奈々はわりとこういう空気に敏感で、苦手だったりする。
 なにか話題は――と考え出したちょうどそのとき、バスがやってきた。
 ……助かった。  
 目の前で停車し、後部のドアが開く。
 惺がまず乗り、そのあと俺、奈々、そして悠と続いた。悠が乗ったところでドアが閉まり、車が発進した。
 バスの中は乗客が五、六人ほど。この停留所は起点に近いから、まだ空いている。
 惺は迷うことなく前のほうへ歩いていく。それから予想どおりというか、悠は俺と奈々の脇を黙って通って後部の席に座った。
「奈々、おまえは悠と一緒にいてやれ」
「え……でも」
 奈々は名残惜しいような瞳で惺を見る。
「おまえ、惺とふたりっきりでまともに会話できるか?」
「……うぅ……わかった」
 おとなしく、奈々は悠の隣の席へ。
 俺は惺に近づいて、隣に立った。座席は空いているのに、惺は座らず立っているからだ。
「別に座ってもいいぞ」
 惺が言ってきた。
「いや、いいよ」
「……そう」
 しばらく黙ったあと、惺が再び口を開いた。
「今日はいつもより遅いんじゃないか?」
「ああ、俺が寝坊しちゃって……その、すまん」
「なんで謝る?」
「ほら、なんていうか、その」
 後部座席の悠にちらっと目を向ける。悠は奈々となにかしゃべっているようで、さっきまでの無感情さは消えていた。
 惺と悠がなるべく鉢合わせしないよう、気をつけていた。いつも早めに家を出るのはそのためでもある。
「凜が謝る必要はないだろ。そういう日もあるさ。だいたい、夕べは遅くまで起きてたんだから」  
「まあ、そうなんだけど」
「それに、悪いのは俺と悠だ。気にするな」
 惺と悠のあいだにたしかに存在している確執。立派な真城の邸宅がすぐ近くにあるのに、悠がわざわざうちに居候しているのもそのため。
 確執がなんなのか、俺は詳しく知らない。ふたりのお父さんが関係しているらしい、とは聞いたけど、それ以上のことは俺をはじめとして、星峰の家の人間は知らない。
 ……いや、姉さんなら知ってるか?
 独立して離れたところでひとり暮らしをしている姉さんは、とある事情で悠と関係が深い。だから悠から事情を聞いている可能性はある。けど、特に理由もないのに、俺から不躾に聞くのも気が引ける。
 とりあえず惺と悠の問題に対して星峰家の共通認識は、時間が解決してくれるのを待つしかない、となっていた。
 ちらっと惺の横顔を見る。はっきりとした鼻梁は横から見ても美しい。惺の横顔から、感情を読み取ることはできなかった。
「どうかしたか?」
「あ、いや、なんでもない」
「気を遣わせて悪かったな。奈々ちゃんにも申しわけない」
「俺も奈々も大丈夫だぞ。そっちこそ気にするなよ」
「……ああ」
 それからは特に会話もなく、学園に到着するまでバスに揺られていた。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.