BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Alive04-5

 帰りのバスに揺られている。夕方五時の車内は、まだそんなに混んではなかった。
 俺は椅子に座り、正面には惺が立っている。席が空いていても、惺はほとんど座らない。帰りが一緒になるときはいつも、立ったまま外の景色を眺めているように見えた。見慣れた景色のはずなのに、どことなく新鮮さを感じているように思える。理由を訊いてみたいところだけど、触れてはいけない部分のような気がして訊けない。
「……どうした?」
 相変わらず、惺は鋭い。
「いや、なんでもないよ――と」
 自分の携帯に着信があった。
 奈々からのメッセージだ。
《美緒ちゃんの家に寄ってから帰るね。遅くなるかもしれないから、夕飯の支度、代わってもらっていい?》
 すぐ返事を送る。
《わかった。綾瀬さんは今日も休み?》
《うん……もう三日連続無断欠席》
 そりゃ心配だな、と送り携帯をしまう。
「奈々ちゃんか?」
「ああ。……よくわかったな?」
 惺から携帯の画面は見えないはずなのに。
 もっとも、惺も惺で「なにをいまさら」というような顔をしている。もはや深く追求することはしない。
「綾瀬さんの家に寄ってから帰るって」
 惺に事情を説明する。綾瀬さんが無断欠席していることは話してなかった。
「そういうことか。じゃあバンドはまだ?」
「停滞中だよ。綾瀬さんがいないと話にならないからな」
「けど無断欠席が三日間か。さすがに心配だな」
「それなんだけど、綾瀬さん、逃げてるわけじゃないよね……?」
「みんなと話し合うのを? そのために無断欠席してるって?」
「いや、まあ、可能性の話でさ」
「綾瀬さんは逃げないよ」
 深く、胸に落ちてくるような説得力。
「どうして言い切れるの?」
「あの子は曲がったことが大嫌いな性格だよ。誰が見ても。そんな彼女が目の前の壁から逃げ出すような真似はしないよ」
「ほら、いままではそうだったかもしれないけど、今回は荷が勝ちすぎたとか。ご両親のこともあるわけだし」
 空中分解寸前のバンドのほかに、綾瀬さんには離婚寸前のご両親がいる。友達のことはともかく、いくらなんでも十代半ばの女の子に、両親の不仲までは背負えるとは思えない。
「凜はたまにネガティブになるな? 言いたいこともわかるけど、いまは綾瀬さんを信じよう。奈々ちゃんが彼女を信じているみたいに」
「――――」
 ――俺は。
 信じる――という言葉が、実は大嫌いだ。
「……凜?」
「あ――ごめん、なんでもない」
 なにか言いたそうな惺だったけど、その言葉を引っ込めたようだ。
 ふと、惺の表情に緊張が走る。
「ど、どした?」
 惺は窓の外を一直線に見据えている。
「綾瀬さんだ」
「え?」
 振り返る。バスはちょうど信号で止まったところ。窓の向こうはT字路で、ちょうど高台へ続く上り坂が延びている。坂の中腹あたりにぽつりと佇む人影。目をこらすと、ギターケースを背負った碧髪の女の子だとわかる。創樹院学園の制服を着ていた。
「よく気づいたな、あんなに遠いのに。でも、たしかに綾瀬さんだ」
「……様子がおかしい」
「え……?」
 俺の視力では、さすがにそこまで目視できなかった。けど、惺が言ってるんだから間違いではないだろう。
 不意に綾瀬さんが動き出す。こちらに背を向け、上り坂を上っていく。と、そこでバスが発車し、すぐに見えなくなった。
「凜、ここでそっとしておく、って選択肢はあるか?」
「さすがにないよ。次で降りよう」

 空には綿をちぎって並べたような雲が、西日に照らされて黄昏色に輝いていた。
 高台にある公園は、眼下の街並みを見下ろす位置に存在している。うちから学園までの距離のおよそ半分くらいの場所だ。東の方角へ目をこらせば、うちや惺の住む真城邸を見つけることができる。さらに海岸線の向こう側には、海から直接そびえ立ったように星核炉<アクエリアス>が屹立してる。島からだいぶ距離が離れているのに見えることが、<アクエリアス>の大きさを物語っている。
 平日の夕方だからか、そんなに人は多くない。けど、ひと目でどこに誰がいるか判断できるほど狭い公園ではなかった。綾瀬さんの姿は見えない。
 立ち止まっていたのは数秒で、惺はなんの迷いもなく歩き出した。森林に囲まれた煉瓦造りの小道を抜け、切り立った高台の上に造られた展望台に向かう。
 アコースティックギターのもの悲しい旋律が流れてきた。
 ベンチに座り、前を見ながらギターを弾く女の子。特になにか弾いているわけではないようだ。ギターにはあまり詳しくないけど、たぶんマイナーコードを中心とした和音を適当につま弾いているのはわかった。
 温かい生気の満ちた風が頬をなでても、綾瀬さんはまるで生ける屍のように覇気がない。表情にはすっぽりと魂が抜けていた。
 惺が近づいていく。俺はある程度まで近づいたところで立ち止まった。
 綾瀬さん、と惺が声をかけると旋律が止まった。そしてゆったりとした動作で、彼女はこちらを見た。
「真城……先輩……と、お兄さん?」
「やあ」
 俺はとりあえずそれだけ言って、黙ることにした。
 バスの中から綾瀬さんを見かけたこと、様子がおかしかったから追いかけてきたことを惺が伝える。返事はなく、ぼんやりとうなずいただけだ。
「学園を休んでいるのは聞いたよ。その様子だと、具合が悪いわけではないんだね。――隣、いいかな?」
 綾瀬さんは小さくうなずき、惺は彼女の右隣に座る。そのとき惺がちらっと俺のほうを見たけど、「俺はいいから」と軽く首を振った。
 惺はギターをじっと見つめていた。ナチュラル色のカッタウェイタイプ。それなりに年季の入ったものに見える。
「そのギターも綾瀬さんの?」
「……これは……形見」
「形見?」
「初恋の人のアコギ。いつも弾いてるエレキも……」
「タカオカユヅルさんの?」
 どこかで聞いたことのある名前だった。
 このとき、ここに来てからはじめて綾瀬さんの顔に感情が生まれた。驚きを宿らせた眼差しで惺を見る。それが図星なのは明白だった。
「な――なんで知ってるの?」
「やっぱりね。綾瀬さんがあのエレキギターを弾いているのを見たとき、見覚えのあるギターだと思ったんだ」
 惺が俺を見る。
「去年だったか、凜に貸したCDアルバムがあっただろ」
「……ああ、思い出した」
 去年の冬頃、惺の家に遊びに行ったときに流れていた音楽。鷹岡結弦というインディーズ・アーティストのCDアルバムで、惺のお気に入りのシンガーソングライターらしい。俺もかなり気に入ったので、そのときCDを貸してもらった。
 いまではインターネット配信で音楽が手に入る時代。鷹岡結弦はそれでも配信はせず、かたくななまでにCDにこだわった人だそうだ。
「そのCDジャケットに、あの蒼いエレキギターが写ってたんだよ。偶然かと思ったけど、あとで確認したらまったく同じものだった。ボディに張られたネコのシールまで一緒なんて、偶然ではありえない」
 そう言われて、俺もCDジャケットを思い出す。たしかに鷹岡結弦が蒼いギターを構えて写っていたのはおぼろげながら覚えていた。でもネコのシールまではさすがに記憶にない。
 セイラが転校してきた初日、奈々の所属する軽音部に見学に行った。そのとき、惺が綾瀬さんのギターを気にしていたことを思い出す。惺はあの時点でもう半分気づいていたんだ。
「初恋の人ってことは、面識があるんだよね?」
「うん。わたしの……いとこ」
 今度は惺が驚いたようだった。
「なるほどね。……鷹岡結弦さんは、たしか四年前に――」
「死んじゃった……二十代半ばでがんだよ? いまだに信じられない。お酒もタバコもやらなかったのに」
 綾瀬さんのお母さんと、鷹岡結弦さんの父親が兄妹らしい。けど彼の両親は十数年前、一緒に事故死した。当時高校生だった鷹岡結弦さんは、それからずっとひとり暮らしをしていたそうだ。音楽に傾倒し始めたのもその頃で、彼が二十歳になる頃には、インディーズ業界でそれなりに名を馳せることになった。しかし二十六歳のときに癌で帰らぬ人に。綾瀬さんの話では、実は病気が判明するちょっと前にメジャーデビューが決まっていたとか。
「わたしに演奏技術を教えてくれたのは結弦さん。あの人、楽器はだいたい演奏できたから……小さい頃、よく結弦さんちに遊びに行って教えてもらった。曲の作り方も……全部結弦さんに」
「……そうなんだ」
「ネコのシールは、小学生の頃にわたしが貼ったの。……ふふ。ふつう、大切な愛用品に勝手にいたずらされたら怒るでしょ。でも結弦さんは笑ってくれた。『可愛いからこのままにしよう』って。そのまま使ってくれた。……このアコギは、結弦さんが生きているときに、誕生日プレゼントとしてもらったの。わたしの宝物」
 アコギを鳴らす。
「いいギターだ。大切にしてるのがわかるよ」
「わたしには……わたしには音楽しかないの! なのにっ――」
 そのとき、こちらに近づいてくる足音。
「……奈々……?」
 ベースを背負った奈々が、神妙な表情で歩いてくる。
「ごめんね、綾瀬さん。ここに来るまでに、奈々に連絡しておいたんだ」
 一瞬だけむっとした綾瀬さんだけど、すぐに俺から視線をそらした。奈々と目を合わすのも気まずいのか、誰もいないところに視線を逃がす。さりげなく惺がベンチから立ち上がり、俺の横に移動してきた。
「美緒ちゃん……心配、したんだよ?」
 綾瀬さんの正面に立つ奈々は、いまにも泣き出しそうだった。それでも、綾瀬さんは口を真一文字に結んで黙っている。
「美緒ちゃん、家に帰ってないの? 先生が電話したらお父さんが出て、そう言われたって」
「知らない。あんなやつ」
「いったい、どうしたの?」
 しばらく考えるように黙ってから、綾瀬さんは重い口を開いた。
「……日曜日にお母さんが埼玉の実家に帰った。別居ってやつ。あはは……もう離婚まで秒読みみたいね。でもね、あいつは追いかけもせずにふつうに暮らしてる。そんな薄情者と一緒にいたくないだけ」
 あいつとは父親のことを指しているようだ。
「そんな……」
「月曜日、家でギターの練習してたら、あいつうるさいって怒鳴ったの。いままで気にしたことなかったくせに! あんなやつと一緒に暮らす……ううん、同じ血が流れてるってだけでも血反吐が出る! だから家出した!」
「美緒ちゃん!」
「わたしには音楽しかないのに、音楽だけあればいいのに、もう家族なんてどうでもいい! ……なのになんで、こんな苦しいの……? 集中できないの……ギター……簡単なところでミスしちゃう……っ」
 ついに綾瀬さんの瞳から涙があふれた。
「バンドのことなんて考える余裕ない……もう、無理」
「…………っ」
「なんであんたがそんな泣きそうな顔するの? 奈々、あんたんちは家族仲よしなんでしょ。だからわたしの気持ちはわからない。絶対にわからない!」
「そう、かもしれない……けど……でも、違う!」
「なにが?」
「本当は家族のこと、どうでもいいなんて思えてないんでしょ? だから苦しんだよ……バンドのことはもういいよ。美緒ちゃんにとって重荷になるなら、やめてもいい。みんなにはわたしから伝えておくから……でも、家族のことを悪く言うのだけはやめて。自分に嘘ついちゃ、だめ」
 ――奈々の言葉に、いちばん衝撃を受けたのは俺だった。 
 自分に嘘ついちゃだめ。
 わりといろいろなところで見かける、使い古された言葉のくせに、それが鋭い刃になって、心をずたずたに引き裂こうとする。
 落ち着け。取り乱すな――強く自分に言い聞かせ、意識を切り替える。惺の視線を感じたけど、気にしないようにする。
「美緒ちゃん、とりあえずおうちに帰ろう? お父さんとお話ししないと。わたしもついていくから……ね?」
「い、嫌……帰りたくない。あいつの顔なんて見たくない!」
「そ、そんなこと言っても、心配――」
「心配? 誰が? あいつが心配するなんてありえない! わたしが帰らなくても捜索願とか出してないみたいだし! 先生が電話したときだって、どうせ人ごとだったんでしょ!」
 綾瀬さんが勢いよく立ち上がった。
「――あんなやつ、死んじゃえばいいんだ!」
「美緒ちゃん!?」
 奈々の平手が、綾瀬さんの頬を打った。
 綾瀬さんは、まるで死人にでも出くわしたかのような表情で、赤く染まった頬を押さえながら、再びベンチに座り込んだ。
 放心状態のふたり。さすがに俺と惺も驚いたけど、なにもせずにふたりを見つめていた。
 沈黙。
 風が木の葉を揺らす音だけが、切なく聞こえてくる。
 やがて――
「ぐずっ――ひぐっ――っ」 
「…………どうして奈々が泣き出すの? 痛いのはわたしのほうなのに」
 壊れかけた微笑みをともなって、綾瀬さんが言う。奈々の赤く腫らした瞳と、綾瀬さんの哀しみや後悔に彩られた瞳が交差する。
「美緒ちゃん……っ、ご、ごめん……ひっくっ……」
 奈々の肩から鞄がずれ落ちる。それを追うように、力を失いしゃがみ込んだ。
 一分近い静寂のあと、やがて綾瀬さんの嗚咽も混ざった。綾瀬さんの泣き顔は前にも見たことがある。けど、あのときとどこか違う。いまの綾瀬さんは幼い少女のように無防備で、いつもの気丈な様子は微塵も見られない。 
 どちらも見ていられなかった。 
「――なあ」
 考えるより先に声を上げていた。
 反応までたっぷり時間がかかったあと、心が完全に無防備になったふたりが俺を見た。
「綾瀬さんさ、しばらくうちに来たらどうだ?」
 最初俺の言った言葉の意味がわからなかったらしい。俺もどうしてとっさにこんなこと言い出したのかわからない――やがて意味を理解したふたりからは、もれなく動揺した気配が伝わってきた。泰然としているのは惺だけだ。
「な……なにを言って……?」
「綾瀬さんはこれからどうするつもり? この数日どこに泊まっていたのかは知らないけど、未成年の女の子が変なところで外泊するのは感心しないね」
「…………」
「それなら、まだうちにいてもらったほうが安心だよ」
「か、関係……ないでしょ!」
「まだそんなこと言うの……はあ。あのねえ、きみのお父さんが心配してないってのが事実だとしても、奈々が心配しているのは誰が見ても明らかでしょ。じゃなかったらここまで傷つかない」
「――っ。それとこれと……なんの関係が」
「これ以上妹が傷つくのを見たくないし、させない。もちろん綾瀬さんもね。んで、それらを一挙に解決できる方法を提示したと思うんだけど。どう思う、惺?」
「……そうだな。無茶に思えて、意外に妙案かもしれないな。俺は賛成するよ」
 普段から言葉になぜか説得力のある惺は健在だった。お墨付きをもらえて、俺は安堵した。
「綾瀬さんがどうしても嫌なのなら、今日からちゃんと家に帰って、明日から学園にも来る」
 さて、いまの綾瀬さんに、そんな当たり前のことができるかな――と、手振りで示すと、きつい眼差しを返された。
「奈々はどう思う? 綾瀬さんがうち来るのは嫌? もう顔も見たくない?」
「そ、そんなことない!」
 ぴょこんと立ち上がり、奈々は俺のいじわるな問いかけに力強く答えた。
「じゃあ、奈々も賛成だね」
「え…………あ……う、うん」
 勢いなのか、流れのままにうなずく奈々。
「ちょ、ちょっと、奈々」
「美緒ちゃん、その……叩いちゃってごめんね……?」
 奈々に真正面から謝られて、綾瀬さんが慌てた。
「わ、わたしも……言い過ぎた……ごめん。でも、いいの……?」
「うん……とりあえずうちに来て、それから考えよう? ――お兄ちゃん」
「ん?」
「ありがとう。いろいろ気遣ってくれて。惺さんも、ありがとうございました」
 俺はなにもしてないさ、とでも言うような仕草を見せる惺。
 やがて荷物を持った綾瀬さんと奈々が、バス停に向かって歩き出した。
 俺はふたりの後ろ姿を眺めつつ、奇妙な嫌悪感に襲われる。
 ――これでよかったんだよな……?
 なにかが心の奥で引っかかっている。惺も妙案だと言ってくれたし、この場をまとめるにはああ言い出すしかなかったと思う。
 ……でも。
「どうした?」
 惺は俺の心をのぞき込むような瞳で訊いてきた。
「……なんでもないよ」
 なんとなく見上げると、さっきまで見事な朱に染まっていた空も、いつの間にか紫に近い色に入れ替わっていて、静かな夜の訪れを告げていた。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.