BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Alive05-1

 それはたぶん、嵐の夜だったと思う。
 洋館の端にあるそれほど大きくない部屋。ベッドの上で、眠ろうと必死になっていた。
 でも眠れない。窓の外は風と雨が吹き荒れていて、ふとんを頭までかぶっていても音が聞こえてくる。
 今日は「来る」日だった。何時に来るのかは決まってない。きっと、酔っ払った「彼」の欲望が臨界点を超えたときに来るのだろう。
 やがて、ドアの開く音。
「――っ」
 震えた。
 けど、どうすることもできない。この洋館は、いわば一種の監獄だ。逃げられるはずもなかった。
 ベッドに誰かが潜り込んでくる気配。
 後ろから抱きしめられた。愛のある抱擁ではない。「絶対に逃がさない」という束縛の表れ。
 嫌だ嫌だ嫌だ――心の中で叫ぶ。
 そいつの息が首の後ろにかかる。鼻息も荒い。酒とタバコが混ざったにおいを感じて、つい息を止めた。
 全身をまさぐられる感覚。着ていたパジャマをゆっくりと、背筋が凍る嫌らしい手つきで脱がされる。
「――――っ」
 そして、自分の股間に熱くて硬い肉の棒が押し当てられて――

 なんて夢だろう。
 気がついたら上体を起こして、肩で息をしていた。
 自分の部屋。あの洋館の、ではない。星峰の家だ。
 こうやって悪夢で目が覚めるのは何度目だろう。ここまでピンポイントな最悪な夢を見るのは、さすがに久しぶりだった。
 深夜二時過ぎ。ちょうど台風が頭上を通過中なのか、窓の外は大嵐みたいだ。夢と現実が妙にリンクしていて、余計に気分が悪い。
 夢に出てきたのは兄貴のひとりだ。兄である以前に、人として変態の極みだった。ほかの兄姉も、三大欲求のうち、性欲だけを肥大化させたようなケダモノたち。
 ……ケダモノ?
 よく、性欲の強い人間を「まるでケダモノのようだ」と表現する。でも俺は、それは間違いだと思ってる。
 動物の中でいちばん性欲が強いのは、明らかに人間じゃないか。発情期なんかなくて、寝てるとき以外はだいたい発情していると言っても過言ではない。兄姉たちがそうだったように。
 むしろ、動物の中でひときわ性欲の強いやつを「まるでニンゲンのようだ」と表現するべきだと思う。
「…………」
 そんなこと考えてどうするんだ?
 寝汗がひどかったから、着替える。
 のども渇いたから、一階のキッチンへ降りた。
 冷蔵庫の中から牛乳を取り出して、コップにも注がずにそのまま飲み干した。
 ふと、気配を感じた。
 綾瀬さんが立っていた。
「どうしたの?」
「の……のどが渇いたから」
 綾瀬さんにしては、歯切れが悪い。
「俺と同じだ」
 俺は近くにある椅子に座り、なんとなく綾瀬さんの様子を眺めた。
 綾瀬さんは冷蔵庫の中から麦茶を取り出し、コップに注いだ。綾瀬さんには、家の中のものは自由に使っていいと言ってある。最初はさすがに遠慮していたけど、ここ最近はもう、本当の家族のようになじんでいる。
 綾瀬さんと目が合った。
 すぐにそらされた。
「どうしたの?」
 最初と同じ問いを投げかけると、綾瀬さんはコップを置いた。
「別に……ただお兄さん、いつもと雰囲気が違う気がして」
「そう?」
「なんていうか、怖い」
「…………嫌な夢見てね」
 夢の内容までは、さすがに話せない。
 ふうん、そうですかと小さく言って、綾瀬さんはコップの麦茶を飲み干した。
「綾瀬さんも最近、ちょっと変わったよね」
「……え?」
「最初に会った頃だったら、雰囲気が違うなんて気づかなかったでしょ、きっと」
 綾瀬さんは黙ったまま見つめてきた。
「視野が広くなったのかな。もちろんいいことだからね? そんな狐につままれたような顔しないで」 
「わ、わたし……そんなに視野狭かった?」
「うん。いまだから言うけど」
「……そう」
 神妙な顔をして、再び黙る綾瀬さん。
 沈黙が降りたけど、無音にはならなかった。雨戸に打ち付ける雨音と強風が、不協和音を奏でている。
「綾瀬さんはさ、ご両親のこと本当に嫌い?」
「……え?」
 また狐につままれたような表情をする。
「考えてみて。ちょっと悪い例だけど、今日みたいな台風で、川が氾濫して家が流されて、ご両親が犠牲になった、とか」
「――っ」
 綾瀬さんのくちびるがきゅっと締められる。
「想像して、心が動くんだったらまだやり直せる。……どう? 悲しくなった?」
 こくりとうなずく。同時に抗議の視線を向けられた。
「たとえが極端」
「まあそうかも。でもよかったね。それならまだやり直せるよ。俺と違って」
 あ、しまった、と思ったときはもう遅かった。
 目を細めた綾瀬さんに見つめられる。どういう意味? と視線が言っている。このまま説明がないと、まるで俺が星峰の家族が嫌いみたいな誤解をされかねない。
「俺さ、この家の養子なんだ」
「………………ぇ?」
「さすがに知らなかったよね。でも本当。明日、奈々か悠にでも訊いてごらん」
 目を見開いたまま、綾瀬さんは固まっている。
 構わず続けた。
「俺の本当の実家は、秋田の山奥にあったの」
「……あった?」
「もうない」
「…………」
「家が火事で焼けちゃったんだ。家族は俺以外、みんな死んじゃった」
 嘘は言ってない。火事で焼けたことも、俺以外みんな死んじゃったことも。
 でも本当は、俺と霞さんが――
 本音と真相を殺し、淡々と続けた。
「それで、遠縁に当たる星峰家に引き取られたわけ」
 どう答えていいかわからない様子で、綾瀬さんが誰もいない方角を見る。
「で、さっきの話につながるんだけど、俺、実家の家族は大嫌いだった」
「…………」
「嫌いなんてものじゃないな。憎んでた。心の底から。みんな死んじゃえ、って本気で思ってた」
 実際、そのとおりになった。
 そしてみんなが死んでも、悲しくもなんともなかった。涙なんて一滴もこぼれなかった。
「でもね、この家に来てから、少し変わった。実家のことなんて、どうでもよくなったんだ。思い出すことも減った」
 たまにさっきの悪夢みたいに、忘れた頃に出てくるけど。
「家族に対して心が動かなくなったら、好きでも嫌いでもなく、無関心になったらもう終わりだよ。ゼロになにを足そうが掛けようが、ゼロのままでしょ?」
 綾瀬さんは黙って聞いている。
「綾瀬さんは、まだそこまで行ってない。だから大丈夫。ご両親ふたりの仲はどうしようもないだろうけど、綾瀬さんとふたりの関係はまだ、修復可能だと思う…………あー、ごめん。引いちゃった?」
 まばたきすら忘れている様子の綾瀬さん。
「……な、なんでわたしにそんな話を?」
「いや、まあ、参考になるかと思って」
「重い」
「ご、ごめん」
「でも、お兄さんの言いたいことはわかる。わたしは――」
 綾瀬さんの脳裏にはきっと、ご両親の姿が浮かんでいるんだろう。その先はどうだか知らないけど。
 強い風と雨が、さっきからずっと雨戸を叩いている。

 翌朝にはもう、空は晴れていた。台風一過の雲ひとつない快晴。
 午前七時ちょうど。テレビでは、台風はもう温帯低気圧に変わったと伝えていた。
「わたし、家に帰ります」
 みんなで朝食を囲みながら、おもむろに綾瀬さんが言った。
「み、美緒ちゃん?」
 奈々は当然驚いている。悠も箸を止めた。
「いつまでもここにいるわけにもいかないし……帰って、お父さんと話してみる」
 それからお母さんのところに行く、と付け加えた。
「うん……そうだね。それがいいと思う」
 肯定したのは悠だ。
「俺も賛成。奈々は?」
「え……あ、うん。賛成だけど」
「大丈夫よ。たとえまたけんかしたって、まわりに八つ当たりなんてしないから」
「うん……」
 いまの綾瀬さんは、これまでと少し雰囲気が違う。
 どこか、前向きに見えた。奈々もそれを感じとったみたいだった。
 今日は月曜日で店は定休日。いつもは早起きの母さん父さんも、今日はもうちょっと寝坊してくる。ふたりに話すのは、起きてからにするそうだ。
 それからゆっくりと、他愛もない会話をしながら朝食を平らげる。今日は平日だけど、学園はテスト採点のために休みだった。生徒数が多いから、いつもテストが終わってからの土日月曜日はだいたい休みになる。それなら俺たちも早起きする必要はないんだけど、まあいつもの習慣ってやつだ。
 綾瀬さんと俺のふたりで洗い物をやっている。悠と奈々は食後のお茶を飲みながら、のんびりとテレビを見ていた。
「夕べはごめんね」
 俺の謝罪に一瞬止まるけど、すぐに食器を洗い始めた。 
「なにが?」
 洗い終わった食器は俺が受け取って拭く。
「いや、重い話聞かせちゃって」
「別に……もういいから」
 会話が止まった。でも綾瀬さんは、食器を洗う手を止めなかった。
「家に帰るって言い出したの、やっぱり夕べの会話が原因?」
 綾瀬さんは今度こそ手を止めて、俺を見つめてきた。
「自意識過剰」
「ぐ……厳しいな」
「きっかけではあるけど、もともと考えていたことだから。……お兄さんだって、わたしがこの家でずっと暮らすとは考えてないでしょ」
「え? 奈々が、『美緒ちゃんはうちの子になるの!』って、前に言ってたような」
 もちろん冗談だろうけど。
 綾瀬さんは奈々のいるほうを見て、抗議の視線を送った。
「この家はまぶしい。わたしにはまぶしいの。悠先輩も、智美さんも遼太郎さんも優しい。お兄さんもね。だから、ええと……伝わる? だからだめってわけじゃなくて、だからこそ、自分の家族を見つめ」
 この家はまぶしい――その言葉は、俺の気持ちそのものだった。
 しかし綾瀬さんの言葉が不自然に止まり、いつの間にか畏怖の視線を向けられていたことに気づく。
「お兄さん……?」
「ああ、ごめん。なんでもないから」
 この子はけっこう、俺の心をえぐってくる。悪意も他意もなく自然に。
「でも――」 
 そのとき、がしゃんと大きな音が聞こえて、俺と綾瀬さんは同時に振り向いた。
 リビングのソファの上で、悠が不自然な格好で寝そべっていた。近くのガラス製センターテーブルの上に、割れた湯飲みが転がり、緑茶がこぼれている。
「悠ちゃん!?」
 叫びながら、奈々は悠に駆け寄った。
 俺と綾瀬さんも、全速力で駆けつける。
「ど、どうした?」
「わかんないっ! テレビ見てたら、悠ちゃん急に倒れてっ!」
「悠! 聞こえる? ……だめか」
 何度か呼びかけてみても、返事はなかった。
 呼吸がちょっとおかしい。ついでに顔色が悪い。けど、それだけで病気を言い当てることができるほど、俺の知識は深くない。
「奈々、とりあえず母さんたち呼んできて」

 悠と母さんが乗った乗用車を見送る。病院に向かうそうだ。
 母さんがリビングにやって来たとき、悠の意識は戻っていた。ちょっと気分が悪くなっただけと、申しわけなさそうに彼女は言う。でも、あの様子は間違いなくそれだけじゃない。
「なあ、悠って持病とかあるの?」
 隣で心配そうにたたずむ奈々に尋ねる。
「え……?」
「たまに病院通ってるだろ。……いや、最近は、わりと頻繁かな」
 悠の病院通いは前から知ってたけど、プライバシーもあるし、どういう理由でどこの科に通ってるのか詳しくは聞いてない。
 奈々も詳しくは知らないようで、首をかしげていた。
 車はもう、とっくに見えなくなっていた。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.