BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Alive05-2

 テスト明け最初の登校になった火曜日の放課後。
 今日授業があった教科は答案が返ってきて、クラスのいろんなところで歓喜やら悲鳴が上がっていた。
 隣の席の真奈海はご機嫌だった。
「んふっ。赤点がひとつもないのは幸せだよね!」
「まだ半分も返ってきてないぞ」
「とりあえずね、数学と化学と英語で赤点がなければ大丈夫なの!」
 今日返ってきた答案のほとんどは、真奈海の苦手教科だった。今回の真奈海は、よくがんばっていたと思う。
「よかったな」
「うん! 凜やセイラのおかげだね。ありがとう!」
「うん……真奈海みたいなお馬鹿ちゃんでも、ちゃんと勉強すればなんとかなるんだな……へえ」
 新しい発見だ。
「ねえ、いまの空耳?」
 真奈海はこわばった笑顔を浮かべている。
「空耳空耳。そんなことより、あれ見て」
 俺が指さした方角には、自分の席で微動だにしない光太の姿が。
 無表情だった。
 悲しむでも喜ぶでもなく、顔に浮かんでいる感情の値が完全にゼロ。日常生活ではありえないレベルで感情が欠落している。
「なに、あいつどうしたの? 電池切れ?」
「テストの点数、やばかったんじゃないの」
 一限目から答案が返されるたびに、どんどん青ざめていった光太。放課後のいま、もう表に出す感情は売り尽くしたらしい。
 結果は聞かなくてもわかる。今日の授業は、光太にとっても苦手な教科が多かったから。
「一緒に勉強会までやったのに、そんな結果なの? 恥ずかしくないの? あたしだったら登校拒否になるレベルだよ」
 赤点がないからいい気になっている真奈海。大きな声で聞こえるように言ってるけど、光太の反応はない。
「やっぱり付け焼き刃じゃだめなんだよ。常日頃の積み重ねがないと。それは真奈海も一緒だからな」
「うぐっ。わかってるよぉ」
「しかし、どうやっても馬鹿は馬鹿なんだな」
 光太を見て、あらためて思う。
「んふっ。でもさぁ、自分より馬鹿なやつがいるって、幸せだよね!」
 人のことは言えないけど、真奈海も最後まで容赦がなかった。
「ま、あいつは放っておこう。もう俺たちにはどうすることもできない」
 そうやって、しばらく教室で過ごしていた。真奈海は今日、バイトが休みらしい。だからほかの女子生徒たちと楽しそうにしゃべったりしていた。
 ちなみに光太は誰と話すでもなく、なにもすることなく、抜け殻のように存在しているだけだった。早く帰ればいいのに。
 途中、どこかに出ていた惺が戻ってきたので、悠のことを訊いてみた。
「悠が――?」
 紅茶色のレンズの向こうで、わずかに目を見開いたのがわかる。
「そのせいで今日はお休み。惺はなんか知らないかな、と思って」
「……たしか、神経に軽い疾患があるって、昔父さんから聞いたことがある」
「神経?」
 初耳だった。
「でも、子どものときだけで心配することはないって聞いた」
「最近でも病院通いはしてるみたいだけど」
「それは知ってる。いまは休業中だけどプロのピアニストだぞ。それなりに気を遣ってるんじゃないか」
 それっきり、惺は黙った。席について、深く考え込んでいるようだった。それから数分後、そろそろ帰ると言いながら立ち上がった。
「凜はまだ帰らないのか?」
「うん。奈々からの連絡待ち」
「ああ……バンドの件か」
「そう。うまくいくよう祈ってくれ」
「そうする。――じゃあ」
 惺が立ち去ると同時に、真奈海が来た。
「ねえ、なんか悠の話してなかった?」
「……去年さ、おまえ悠と同じクラスだったよな。なんか変わったことなかった? こう、授業の途中で倒れたりとか」
「え? な、ないよそんなの。どうしたの?」
「あんまり驚くなよ。悠、昨日倒れてさ」
 真奈海には隠しても仕方ないと思い、正直に話した。しかし、「はあっ!?」と大声で叫んで固まった。クラスメイトたち(光太を除く)の視線が一瞬、俺たちに集まった。
「驚くなと言っただろうに!」
「ご、ごめん。でも、どうして?」
 俺は首を横に振った。
 昨日、朝一で母さんが病院に連れて行き、昼前には帰ってきた。母さんの話では、簡単な検査と点滴を打ってきたらしい。医師からしばらく安静にということで、今日は欠席した。
 明確に病気と診断されたのかはわからなかった。
「真奈海、気持ちはわかるけど、あまり大げさにするなよ」
「んもー。わかってるよぉ」
「誰かさんと違って、悠は繊細なんだから」
「ねえ、誰かさんって誰のこと?」
「真奈海にだけは言えない」
「なんで凜はいつもひと言多いのさ!」
 突き出された拳をブロック。
「あ、そうだ。凜にお願いが」
「ん?」
「今度さ、両親の結婚記念日があるんだ。それで――」
 と、そのとき携帯が着信を知らせた。
「あ、奈々だ。ちょっといい?」
 うなずいた真奈海を横目に電話に出ると、とたんに奈々の嬉しそうな雰囲気が伝わってくる。
『お兄ちゃん! やったよ! バンド復活!』
「おお!」
 奈々たちのバンド「The World End」は、ここ二週間ほど、またやり直せないかという話し合いをしていた。今日もまた、奈々たちは空き教室に集まって話し合っていた。
 おそらく、状況的に最後で、今回を逃すともうチャンスはなかったはずだ。
 どういう話し合いをしたのかはわからない。けど、いい方向に結果が実った。
「よかったな。おめでとう」
『ありがとう! お兄ちゃんたちのおかげだよ!』
 奈々の声には、若干の涙が混じっている。よほど嬉しいんだろう。
『それでね、みんなからお兄ちゃんにお話しがあるの。いまからこっち来られる?』
「ん、みんな一緒に……愛の告白?」
『……お兄ちゃん、みんなから告白されたいの?』
「おう。ハーレムルートは嫌いじゃない」
 黙られた。眉を寄せてる奈々の表情が思い浮かんだ。
「悪かったって。どこ行けばいい?」
 奈々から場所を聞いて携帯をしまう。
「あ、真奈海、話の途中だったっけ。結婚記念日がどうとか……」
「いや、あたしの話は明日でいいよ。早く奈々のところ行ってあげて」
「そう? 悪いな」
 真奈海に別れを告げて教室を出た。
 ちなみに光太は最後まで仏像のように固まっていた。徹頭徹尾、誰も話しかけないあたり、こいつの人望を思い知らされる。
  
 台風直撃の昨日とは打って変わって、静かな夜だった。
 自室のノートパソコンと向かい合うこと三十分。ブラウザには「神経 病気 疾患」という検索ワードの結果がずらりと並んでいる。
 とりあえず表示順にいくつかのページを閲覧してたけど。
「……わからない」
 悠は本当に病気なのか、だとしたら病名はなんなのか。
 情報が少なくて、さすがにわからなかった。調べるにも限度がある。悠には直接訊きにくいし、診察に同席したであろう母さんに訊くのも、もちろん気が引ける。
 ……気にしすぎかな。
 重要なことならさすがに言ってくるだろうし、黙ってるってことは、心配するようなことはなにもない。
 とりあえず、そう納得することにする。
 となると、さっさともうひとつの用事を済ませたほうがいいか。
 携帯を手に取り、コール。
『…………はぁーい……』
 ものすごく眠そうな女性の声。
「あれ、姉さん、もしかしてもう寝てた?」
『んー……違うの。いま起きたの。おはよう、りんりん』
「おはようって……いま、午後九時過ぎですが」
『今日は久しぶりのお休みだったのぉ……ん? りんりん、いま午後九時って言った?』
「うん」
『うわあ! わたし、十八時間も寝てた!』
「そ、それは寝過ぎだよ……」
 電話の相手は星峰小夜子。二十四歳。俺と奈々の姉さんで、星峰家の長女だ。大手広告会社に勤めていて、現在は都内でひとり暮らしをしている。仕事が忙しいみたいで、なかなかこっちに帰ってこない。 
『りんりんから電話してくるなんてめずらしいね』
「ちょっと用があって……あのさ、前にも言ったけどりんりんって呼ぶのやめてくれる? 動物園のパンダじゃないんだから」
『パンダ可愛いじゃない。で、なんの用?』
「実はさ……あー、順を追って話すとね、まず、奈々が学園でバンド組んでて」
『それは知ってる。ガールズバンドでしょ。奈々がベースやり始めたのはびっくりしたよ……あれ、解散したって聞いたような?』
「解散してないよ! まあかなりきわどい解散危機はあったけど、無事に乗り越えられたんだよ!」
『あ、そうなの。それで?』
「で、俺がそのバンドのマネージャーやることになったんだ」
 今日の放課後、奈々たちのもとへ行くと頼まれたのがこの話。さすがに予想してなかった。
『りんりんがマネージャー? ……まあ、似合うんだけど……らしくない?』
「自分でもわかってるから言わないで」
『ああ、それでわたしに電話したのね』
「そう。姉さんは悠のマネージャーやってたじゃん。こういうのはやっぱり、プロの方にご指導ご鞭撻をお願いいたしたく」
 悠がピアニストとして海外活動していた後半、後ろでサポートしていたのが、なにを隠そう姉さんだった。短大を卒業してから去年までの三年間、姉さんは悠と一緒に海外にいた。悠いわく、姉さんがついてからびっくりするほど楽になった、と常々言っている。
『なるほどね。で、マネージャーになってなにやってほしいって?』
「スケジュールの管理とか、もろもろのアドバイス……あと、勉強も見てほしいって」
 今回のテストでは、幸い誰も赤点を取らなかった。でもわりとみんなぎりぎりだったらしくて、それぞれ先生からもう少しがんばりなさい、と言われたそうだ。
『音楽についてのアドバイスも?』
「いや、それはどうだろ。俺、楽器はなにも弾けないし、楽譜だってそんなに読めないから、そこは断ったんだけど」
 それでも気づいたことがあれば言ってほしいと、あの綾瀬さんから直々に言われたから、無碍にはできない。音楽に関することじゃなくても、たとえばみんなと接する態度とか、気になることは遠慮なく言ってくれと頼まれた。
 綾瀬さんは、本当に変わったと思う。
『凜は耳がいいでしょ。前に悠がそんなこと言ってたよ』
「そうなの?」
 プロのピアニストからそう言われたら、さすがに照れる。
『あとは、そうね……そのバンド、なにか大きな目標とかある?』
「喫緊のものだと、サマフェス出場かな」
『サマフェス。懐かしい響き』
 姉さんも創樹院学園のOGだ。
 サマフェス開催日は八月の終盤。もう二ヶ月を切っている。
『スケジュールに関して重要なのは、とにかく明確に逆算すること。演奏のクオリティをどこまで追求するか。この段階まで目標に届かなければ、思い切って目標を下げる。あとみんな学生で、日々の勉強とか夏休みの宿題もあるでしょ? そういうところとの兼ね合いかな。メンバーのモチベーションにも気を配らないと』
「なるほど」
『まあ、凜は小ずるい計算とか平気な顔でやるだろうし、たとえきついこと言ったとしても、そつなくフォローするだろうからあまり心配はいらないかな。ちょっとつまんないけど』
「褒められてると思うんだけど、表現がかなり歪曲してるよね?」
 それからいくつか注意すべき点を聞いた。
 言うことがすべて経験に基づいた説得力のある話。姉さんを少し見直した。
『あー……もう、完全に仕事モードになっちゃったじゃない。これからのんきに映画でも観ようと思ったのに』
「観ればいいじゃん」
『仕事モードだとね、その映画の売り出し方とかCMの内容とか、観ながらごちゃごちゃ考えちゃって、内容が入ってこないのよぉ』
「そ、そう」
 職業病ってやつだろうか。
『ま、いいか。たっぷり寝たから貫徹して、いくつか雑務でもこなそう』
「変則的な生活はほどほどにね? 姉さんもそろそろ、そんなに若くなくなって――」
『ごめん、空耳?』
「空耳です、はい」
 それからどちらともなく、世間話に突入した。最後に直接会ったのは、姉さんが帰省してきた春休みだった。それ以降はメールでもそんなにやりとりしていない。俺も姉さんも、用がないと連絡を取らないタイプだ。
「そういえばさ、悠ってどこか悪いの?」
 はっ、と息をのむ気配。しばらく待っても返事がない。
「姉さん?」
『なにかあったの?』
 声に険しさが含まれている。
「昨日、悠が倒れて――」
『凜っ!』
 その大声に、思わず携帯を耳から離した。
「うわっ、なに急に」
『その話、詳しく』
 姉さんの声は、さっきまでとは打って変わって、真剣そのものだった。
 簡単に状況を説明する。説明が終わると、電話の向こうで再び黙る姉さん。
 ……なにか知ってるのか?
 なんとなく思いついたから訊いてみただけで、深い意味はなかった。でも姉さんの反応を見る限り、なにか知ってるとしか思えない。
「悠がピアニストを休業したことと関係ある?」
 日本での活動はなかったけど、特にヨーロッパ界隈では、世界トップクラスのピアニストとして有名らしい。各地の名だたる交響楽団から、三顧の礼をもって迎えられるレベルだとか。
 けど悠は去年、フォンエルディアでのリサイタルを最後に、ピアニストとしての活動を無期限の休業とした。
 そういえば、セレスティアル号の事件に巻き込まれたのはその帰りだった。あのとき、テロリストに脅されながらも圧倒的なレベルの演奏をした姿が全世界に動画配信されて、当時日本人なら誰でも見たはず。それで「ピアノを弾いた少女」として一躍有名になった。
『……凜の察しのよさ、こういうときには欠点ね』
 肯定、と受け取った。
 でも。
「こ、これ以上聞かないほうがいい?」
『そうね。必要なら本人が話すでしょ。わたしから言うことはない』
「……わかった。いまの話は、心の奥にしまっておく」
 変な空気になったので、それ以降はなんとなく会話が続かない。こういうとき、似たもの同士だとなおさら。
 血のつながりはないのに、似たもの同士の変な姉弟だ。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.