BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Alive05-5

 なんか見たことある光景だなと、ふと思う。すぐ答えに行き着いた。きっとあれだ。探偵の呼びかけで、登場人物が一堂に会するシーン。
 トラットリアHOSHIMINEの店内。お昼時だけどお客さんの数はそんなに多くない。むしろ、俺たちだけで店内にいる人間の三分の一は占めていた。
 肝心の探偵役、つまり呼び出した本人――セイラだけがまだいない。
「りーん、セイラは?」
 ピザを片手に真奈海。
「ちょっと遅れるって」
「セイラ先輩、なんだろうね?」
 これは隣の奈々。その正面の綾瀬さんは、フォークでパスタをくるくるしながら、「……さあ」と答えた。
 俺の正面に座っている悠は、やや憮然とした表情でサラダを食べている。それもそのはず、彼女の対角線には惺がいるからだ。惺に意識を向けないように気を張って、結局強く意識している。ツンデレジレンマ、と名づけよう。
 惺はいま、柊さんと小日向さん両名と親しげに話している。
 悠はこの集まりを最初断ったらしい。理由は言わずもがな。でもセイラからどうしてもと頼まれて――というより、悠の存在がかなり重要だと言われて、仕方なく参加を決めた。
「……なに?」
 悠の視線がちょっと怖い。
「な、なんでもないです」
 真奈海が「うわ」と声を上げた。
「また川嶋からメールだ。めんどくさいなー、もう」
 光太はいない。セイラはあいつも呼んだらしいけど、とある理由で来られなかった。
 隅の席だった俺はおもむろに立ち上がり、みんなにスマホを向けた。
「写真撮るよ――はい、チーズ」
 カシャッと一枚。
 素敵な一枚だった。
 それを光太に送る。「お食事会、めっちゃ楽しい! ……あ、スマホの電池切れそう。またな!」という文言を添えて。すかさずスマホの電源を切る。ちなみに充電は充分だ。
「くっくっく……」
「凜くん……悪い顔になってるよ」
「宿題をここまで引っ張った罰だ。地団駄を踏むといい」
 光太の馬鹿は夏休みの宿題がまだ終わってないみたいで、おばあさんから部屋にカンヅメにされているそうだ。宿題が終わるまで外出禁止。まあ、どう考えても光太の自業自得。同情はしない。
「わわっ!? ちょっと凜! あたしに恨みのメッセージが届くんですけどっ!?」
「この前、真奈海の家族がここに来たとき、みんなで写真を撮ったでしょ。あれも一緒に送ったんだ」
 真奈海のスマホを指さす。ピコンピコンと、さっきからやかましく鳴っていた。
「あいつ寂しがりだよね」
「もう凜! うわわ、これ超めんどー!? なんであたしなの! いやぁっ!」
「これがほんとの飯テロ……ちょっと違うか……ひとりはぶられていることを強調する……なにテロだろ? ……奈々、なんだと思う?」
「お兄ちゃん……鬼」
 真奈海のスマホが落ち着いた頃(というより、電源を切った)、母さんに案内されたセイラがやってくる。
「待たせた。すまない……真奈海、なんでそんな機嫌が悪そうなんだ?」
「別に!」
 真奈海は俺を睨んできた。
「……ふむ? まあいい」
 セイラが席に着く。あらかじめ料理の注文を決めていたらしく、母さんに伝えた。
「で、話ってなに?」
 夏休みもあと数日で終わるこのタイミング。セイラからみんなに、「一度集まれないか」という連絡があった。
 学園は地震の影響で立ち入り禁止。けどトラットリアHOSHIMINEは幸い、そこまで大きな被害はなかったから、場所を提供することになった。
「大事な話、ということだけれど」
 と、柊さん。
 本題に入る前に前置きを、ということで、セイラが静かに語り出す。
「――常々考えていた。わたしが創樹院学園の学生として在籍している事実。半ば一般人としてこの島に暮らしている事実。――はっきり言おう。これは奇跡だ。惺はわかってくれるな?」
「……ああ」
 言っていることは大仰。でも不思議な説得力があって、誰も茶化したり笑ったりはしない。
「だから、いまわたしがこの場所に存在していることを、みんなの前で証明したい。……そして、記憶にずっと、深く残りたい――それがわたしの願いだ」
 みんながセイラを見つめる中、悠の眼差しが特に気になった。砂漠の中でオアシスを見つけたような、暗い洞窟の中でひと筋の光を見いだしたような――そんなすがるような瞳が、儚く揺れていた。
「それで、具体的には?」
 と、惺。
「みんなでミュージカルをやらないか?」
 みんなが顔を見合わせた。「どういう意味?」という反応。
「セイラ。それはいつもの思いつき……ではないんだな?」
「もちろんだ。あのな惺、わたしはいつも思いつきで行動しているわけじゃ――いや、話がそれるから、それは置いておこう」
 セイラの瞳が綾瀬さんと奈々をとらえた。
「サマフェスが中止になって、実に残念だった」
「は、はぁ……」
 急に話が向いて、どう答えていいのかわからない感じの綾瀬さん。奈々も似たような反応。
「美緒がこの夏、心の底からがんばっていたのは誰だって知っている。なのに、空気を読めない地震のせいでそれがおじゃんになったのは、実に惜しいことだ。悔しいだろう?」
「……まあ、それなりに。奈々もね?」
 奈々が小さくうなずく。
「The World End」は、間違いなく完全復活へ向けて踏み出そうとしていた。それが出鼻でくじかれたのは、本人たちじゃなくても悔しい。地震という人知の及ばない自然のせいだから、なおさら悔しい。
 セイラは次に小日向さんに向いた。
「椿姫は結局、演劇部に戻れなかったな」
「――っ」
「気を悪くしないでくれ。別に攻めてるわけじゃない……だが椿姫、きみが演劇に対する興味と情熱をいまでも忘れてないのは、よく知っている。そういえば、紗夜華もそう思ったんだったな?」
「ええ……小日向さんに誘われて、ご両親の劇団を観劇しにいったとき。あなたの瞳はずっと輝いていた。その奥で燃え上がる強い感情は、隠せるものじゃないわ」
「ひ、柊さん……」
「小日向さんの事情は、前にセイラから聞いていたの。だから、たしかにもったいないな、と感じたわ」
「そういう紗夜華はどうなんだ」
「……わたし?」
「最近、小説を書いているか?」
 柊さんは黙った。
「いろいろアンテナを張りめぐらせていたのはみんなも知っている。それで、結果は出たか?」
 セイラの口調には、なにか確信めいたものを感じる。
「……わたしも隠せないようね。いえ、別に隠すつもりはないんだけど」
「うまくいってない、と」
「ええ。書きたいことは山ほどあるはずなのに、どうしても詰め切れない。『本当にこれが書きたいことなの?』っていう疑問がわいてきて、途中で止まっちゃうの。それも、一回や二回ではなく」
「それを打開したいと考えている。しかし、その方法がわからない」
「……おっしゃるとおり。たいしたものね。ここまでは誰にも相談したことないのに」
「ありがとう。それで――」
「あのぉっ! セイラ、あたしは?」
 なぜか期待に満ちた眼差しを向ける真奈海。
「あのな真奈海。ここまで話を聞けば、だいたいわかるんじゃないか?」
 俺の質問に、真奈海の目が点になった。
 やっぱりちょっと馬鹿――とは言わないまでも、足りない。
「ねえ、失礼なこと考えてない? 怒るよ」
「気のせいだって。……えっとだな、真奈海のまわりには、こうやって悩める友人たちがいる。自分の手が届く範囲だ。おまえはそれでも『あたしの知ったことじゃない』って、無視するか?」
「ほんたらわけねじぁん! あたしにできっことならなんでもする!」
 久々に聞いた秋田弁。
「だってさ、セイラ」
 これが真奈海から聞き出したかったことだよね? と視線で訴えかけると、セイラは楽しそうにうなずいた。
「ありがとう、凜。――それで、話はまた戻る。みんなでミュージカルをしないか?」
「……つまり、みんなの特技とか性質をまとめた結果が、ミュージカル?」
 と、悠。
 ああ、と力強くうなずくセイラ。
「さっきも言ったが、なにも思いつきで言い出したわけではないんだ。脚本を書ける紗夜華、演劇に詳しく経験者である椿姫。真奈海は手先が器用で、裁縫が得意だろう? 衣装にはもってこいだ」
「な、なるほど」
 本気で感心したらしい真奈海。
「小説と戯曲は違うと思うけど……」
 と、柊さん。
「たしかにな。だが、小説家だが戯曲も手がけているプロはいくらでもいるだろう? 逆もまたしかり。わたしの勝手な推測だが、紗夜華の能力ならできる」
 理解したのか納得したのかはわからないけど、柊さんはセイラの言葉を深く飲み込んだように見えた。
「で、わたしたちは音楽ってこと?」
 と綾瀬さん。
「そうだ。美緒は作曲ができるし、近くには心強い味方が四人もいるじゃないか」
 それを聞いて、奈々が照れた。四人とは奈々と、ここにはいない佐久間さんと木崎さん、遠坂さんのことだ。
「――――。でも、音楽の種類が違うんじゃ……?」
 バンドの音楽と、ミュージカルの音楽はたしかに違う。どこがどうとか詳しくはわからないけど、イメージはがらっと変わる。
「違いにこだわるような必要はないんじゃないか? ミュージカルの劇中曲はこれじゃなければいけない! など誰も言ってないし、どこにも書かれてない。つまり、自由だ」
「自由……」
「鷹岡結弦さんだったか。彼のCDを惺から借りて聴いた。どれも素晴らしい楽曲だったが、歌詞やメロディーに宿っていた……根底に流れていたテーマは『自由』だと、わたしは受け取った」
「――っ!」
 ここで鷹岡結弦さんの名前を出すのはずるい。
 が、効果的。
 挑戦的な瞳でセイラを見つめたあと、綾瀬さんは笑った。
「美緒ちゃん……?」
「大丈夫。なんでもないから」
 惺がおずおずと手を挙げる。
「俺は?」
「ここまで話を聞いていて、なにを言っているんだ。惺は振り付けだ」
「……やっぱりか……はぁ」
 嫌そうではないんだけど、なぜかため息を吐く惺。
 なぜ惺が振り付けなのか、知らない人間がいた。綾瀬さん、柊さん、小日向さんは、はじめて聞いたらしく、かなり驚いている。悠は憮然としている。
 プロ級のバレエ技術であることを、間近で見たことのある俺とセイラで詳しく説明した。
「奈々は見たことあるの? 真城っちのバレエ」
「はい!」
 まるで初恋の人を見つめるように、瞳を爛々と輝かす奈々……って、そのまんまだ。
「ふーん。あたしも凜から聞いたことがあるんだけどさ、真城っちにお願いしても踊ってくれないんだよね! どうしてかなー?」
 真奈海から意地の悪い視線を向けられ、惺は明後日の方向を向く。「ま、いいや。今度絶対見せてもらうからねー」と豪語する真奈海。
 真奈海が元気に手を挙げた。
「はいはい! セイラに質問! 凜は? 凜の役割はなーに?」
 セイラが答える前に、俺が答えた。
「なにを言っているんだ真奈海。ここまできてまだわからないのか? 俺はほら、あれだ………………………………ん? あれ?」
 みんながきょとんとして俺を見つめている。
「……ちょっと待てよ。俺はみんなみたいに、特技とか持ってない……よな? 本は読むけど書いたことないし、演劇も未経験者だし、楽器の演奏や作曲も、裁縫もできなくって………………あれ、なんで俺、呼ばれたんだ……!?」
「凜、とりあえず落ち着け。ついでに涙を拭け」
 ハンカチを渡された。
「ぐあぁぁっ! こーゆー残念なオチ的なポジションは本来、光太の役目だろぉ!? なんでいないんだあいつ!?」
「お兄ちゃんって、ほんとにたまにすごくひどいこと言うよね……」
「はぁ――はぁ――あ、ごめん。取り乱した。セイラ、続けて」
「凜はこの中で、誰よりも冷静な視点を持っている。そこに異論の余地はない」
 冷めている、の間違いじゃないだろうか。
「わたしはそこを買っているんだ。だから、常に冷静沈着な姿勢で、みんなを見守っていてほしいんだ」
「つまり、一種のオブザーバーってこと?」
「そうだ。これは凜にしかできない」
「……まあ、とりあえずはそれで納得する」
「ねえねえ、おぶざーばーってなーに?」
 と、真奈海。「自分で調べなさい!」と、放り投げた。
「よし。では――と、悠、なにか言いたそうだな?」 
「なんかみんな『やる』みたいな空気になってるけど、わたし、セイラの提案を許諾した覚えはないんだけど」
「ええっ、悠、やらないの!? おもしろそうじゃん!」
 と、真奈海。
「や、やらないとも言ってないんだけど。そもそも、ミュージカルをやるって、いったいどこで?」
 わりと重要な部分なのに、どういうわけかみんな忘れていた。ミュージカルを発表するタイミングは、ある意味もっとも重要だ。それが決まらないと、そもそもスケジュールが組めない。
「質問を返すようで悪いが、悠はどう思う? 生徒会の一員としての意見を聞かせてくれ。条件はそう……わたしたちのような、部活動でもなんでもない、ただの有志の集まりがなんらかの発表できる場、だ」
「…………。いちばん近い時期だと、創樹祭かな」
 創樹祭――創樹院学園が誇る文化祭の名称。毎年十月の半ばに三日間の日程で行われる恒例イベントだ。生徒数が多いぶん規模は大きく、一般の参加者も毎年二万人を超える。クラスや部活動の単位でなんらかの発表を行うところは、ほかの学校の文化祭と差異は少ないかもしれない。
 もちろん、有志で演劇をやることは可能だと思う。演劇部という大所帯の陰に隠れることを是とするのなら。
「わたしもそれを考えた。……ひとまず、美緒と奈々に訊こう。『The World End』は、創樹祭での発表を考えているか?」
「あ……はい、いちおう」
 奈々が答えた。
 サマフェスがだめになったとはいえ、別にバンドが解散するわけではない。時期が後退するけど、創樹祭という場で発表するのは、なにも間違ってない。
「はっきり言ってしまえば、美緒たちは創樹祭で発表できるのなら、わたしの提案に乗る必要はない。むしろ、より演奏レベルを磨き上げて、サマフェスの雪辱を果たすという目標があるのなら、創樹祭で充分だろう」
 じゃあ、なんでわたしたちを誘ったの――綾瀬さんの実直な視線には、そういう言葉が強く含まれていた。
「むろん、わたしの提案は断ってもいいんだぞ。それに、ここにいないメンバーの意見は聞いてないから、ここで即答する必要もない」
「いまさらそういうこと言うの?」
「それでも誘ったのは、きみたちとなにか一緒にやりたい、とわたしが強く思ったからだ」
 綾瀬さんと奈々が顔を見合わせる。そのまま黙った。
「……セイラ。あなたはつまり、創樹祭での発表は考えてないのかしら? どうもそう聞こえるのだけど」
 と柊さん。
「ああ。まもなく九月。創樹祭の時期を考えると、準備期間が足りないと思ってな。脚本から音楽から衣装から全部をオリジナルにするとして、もう二ヶ月を切った段階で、できるとはとても思えない」
 セイラが小日向さんを見る。なにか意見を求める視線で。
「……うん……セイラちゃんの言うとおり。プロの現場でも、企画の段階からだと、半年……最低でも四ヶ月は必要……かな」
「四ヶ月か。ふふ、ちょうどいい。――ずばり言おう。わたしが目標としているのは、十二月の演劇祭だ」
 みんなが顔を見合わせるのは、今日何度目だろう。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.