BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Brave03-2

 六月は一年でもっとも昼が長い時期。だから午後七時近くになっても、まだ空は明るかった。午前中はどしゃ降りの雨だったが、午後――わたしが例の現場から帰る頃には晴れていた。雨はバイク乗りには厳しい天気だから、正直助かる。
 愛車にまたがり、星蹟市内を東方面へ颯爽と走っている。この時間帯だからか、交通量はそれなりに多かった。
 空腹を覚えていた。朝食を食べたっきり、先ほど詩桜里の根城で紅茶を飲むまで、なにも口にしていない。
 詩桜里はおそらく、今日も帰りは遅くなるだろう。そうなると夕飯はいつもどおり、コンビニかスーパーあたりで出来合いのものを買うことになるが――
「――む」
 思いついたことがあって、海岸通りと接続する交差点を右折した。ちなみに自宅マンションへは左折だ。
 幸い今日は水曜日。定休日ではない。まだそこに行ったことはないが、場所は把握している。しばらく道なりに進んだ。
 進行方向の左側に広がるのは太平洋。風に揺れる海面が、陽光を反射させて煌めいている。
 ――きれいだ。
 その光景に、感情の波が心の底から熱をともなってこみ上げてくる。わたしのような人間がこんな感傷に浸っていられるのも、ほとんど奇跡と言っていい。……つい最近、似たような感情を抱いたことを思い出した。
 十五分ほど走ると、目的地が見えてきた。
 トラットリアHOSHIMINE。
 凜の実家が営んでいるイタリア料理店だ。隣接されている駐車場に愛車を停める。駐車場は三分の二以上が埋まっていた。繁盛しているようだ。
 店の自動ドアをくぐった。木製の床に、白を基調とした壁や柱。清々しい内装の店内だった。
 そして、さまざまな料理の香りが漂っている。美味しそうなにおいに、つい唾液がこみ上げてきた。
「いらっしゃいませ――あれ、セイラ?」
 真っ先に出迎えてくれたウエイトレス。
 見知った顔で、相手のほうはかなり驚いた様子だ。
「悠か。いらっしゃったぞ」
 彼女は白のシャツと膝丈の黒いスカート、その上に薄いグリーンの布地に、スカイブルーの布で縁取りされたエプロンを着ている。その爽やかな色合いは、悠の金髪と相性は抜群だった。
「ど、どうしたの?」
「以前、凜から誘われてな。予約はしてないが、席は空いてるか?」
「うん……大丈夫」
 期待と不安が混ざったような瞳を向けてきた。
「えっと、ひとり……だよね?」
 悠の注意は、わたしの後方に向いているようだった。
「そうだ。残念ながら、あいつはいないぞ」
「べ、別に惺なんてどうでもいいからっ」
「惺とはひと言も言ってないが」
 にやりと笑う。悠はおもしろいくらいに慌てた。
「と、と、とりあえずっ! ……こちらへどうぞ」
「ふふ、いまのは聞かなかったことにするから、安心してくれ」
「ぐ……わたしの馬鹿……っ」
 振り返り歩き出す悠。一瞬だけおぼつかない足取りを見せたが、ここが店内で自分が働いていると認したからか、すぐに立ち直った。
 窓際の席へ案内される。ふたり用の席だった。
「いまメニューを持ってくるね――あら?」
 そのとき、悠と同じウエイトレス姿の女性が、メニューを持って近づいてきた。腰まではある豊かな黒髪をウェーブにして流している。鼻が高く、整った顔立ち。優しげな表情と眼差しには、見つめる相手に安心感を与えている。
「智美さん?」
「いらっしゃいませ――悠ちゃんのお知り合い?」
「はい。凜くんのクラスメイトのアルテイシアさん」
「……あら。もしかして転校早々、惺くんにキスしたっていう?」
 悠の眉がぴくっと反応する。
「そ、そうです……けど」
「やっぱりそうなのね。外国人の美女が来店されたから、少しびっくりしちゃって……あらやだ、自己紹介がまだだったわね。はじめまして。星峰智美と言います。凜の母親やってます」
「ご丁寧にどうも。はじめまして。セイラ・ファム・アルテイシアです……ところで、どうしてお母さまがキスのことをご存じで?」
「凜くんから聞いたの。それに悠ちゃんと奈々も騒いでいたしね」
 ウインクをしつつ、うふふ、とからかうように悠を見る。
「と、智美さん!」
「悠ちゃん、今日はもう上がっていいわよ」
「え? でも、これからピークの時間じゃ……」
「大丈夫よ。今日は予約も少ないし、たぶん残っている人数でもまわせそうだから、心配しないで。それで、よければアルテイシアさんと夕食ご一緒したら? 帰宅してからずっと働いていたから、おなか空いたでしょ」
「……でも」
「わたしは構わないぞ」
「ほら、アルテイシアさんもこうおっしゃっていることだし……それにしても、日本語お上手ね」
「どうも。それと、わたしのことはセイラと呼んでください」
 笑顔でうなずく智美さん。
「……セイラ、いいの?」
「せっかくの機会だ。落ち着いて話をしようじゃないか。もちろん、無理にとは言わないが」
「わかった。……じゃあ智美さん、お先に上がらせてもらいます」
「お疲れさま。悠ちゃんはなに食べたい? 先に注文聞いておくね」
 数秒ほど考える悠。
「えっと……リングィーネのペスカトーレと九品目のミネストローネで」
 さすが店員。メニューを見なくても、だいたいは把握しいるらしい。
「それじゃあセイラ、着替えてくるから、ちょっと待ってて」
 悠はバックヤードへ消えた。
「こちらがメニューです」
 智美さんからわたされたメニューを見る。彩り豊かなパスタやピザをはじめ、魚料理や野菜料理などが、すべて写真付きで紹介されていた。パスタは麺から、ピザは生地からほとんどを店で手作りしていると記載されている。どれも美味しそうだ。
「では、クアットロ・スタジョーニとアクアパッツアを」
「かしこまりました――そうだ」
 智美さんが顔を近づけて、小声でささやいた。
「せっかく来てくれたから、ドリンクはサービスしちゃわ。好きなのどうぞ」
「ありがとうございます」
「あ、でもお酒はだめよ」
 今度はわたしにウインクを送ってきた。凜には歳の離れた姉がいると以前聞いたから、それを踏まえて計算すると、智美さんは四十代のはず。しかし、そのたたずまいと雰囲気は、まるで少女のように爛漫だった。
「ではキノットジュースを」
「はい……あ、悠ちゃんに飲み物聞くの忘れちゃった……あの子もキノットジュースでいいかしら。――ピザは焼き上がるまで少々お時間をいただいております。それでは、いましばらくお待ちください」
 洗練されたお辞儀をして、智美さんが去っていった。
 それから十分ほどして、私服に着替えた悠が戻ってくる。清楚なホワイトのブラウスに可愛らしいピンクのキュロットスカート。
「悠の私服姿は、はじめて見るな」
「……それもそうね」
「よく似合っている」
 わたしがどうやっても似合わない服装だ。
「あ、ありがとう」
 悠が席に着くのを見計らったかのように、智美さんが飲み物を持ってきた。
「お待たせしました。キノットジュースになります。悠ちゃんも同じのにしちゃったけど、よかったかしら?」
「はい。ありがとうございます」
「料理のほうはもう少し待っててね」
 智美さんが去っていく後ろ姿を眺めて、思い当たったことがあった。
「なるほど。智美さんは誰かと似ていると思ったが、奈々と似ているんだな」
「どのあたりが?」
 微笑みながらわたしの話に耳を傾ける悠。
「やわらかい雰囲気がそっくりだ。容姿だって、目もとが特に似ているな」
「ふふ。よく気づいたね。さすがセイラ」
「そうだ、凜も奈々も家にいるんだろう? 特に問題なければ、ここに呼んだらどうだ」
 悠が申しわけなさそうな顔をした。
「ごめん……ふたりはちょっと……無理かも」
「む?」
「凜くん、今朝から具合悪かったみたいで、帰ってきたら熱出して寝込んじゃったの。今日、本当は凜くんが店の手伝いする予定だったんだけど――」
「それは災難だったな」
「……あれ? セイラは今日、風邪を引いて休んだって、凜くんが言ってたけど」
 目を細めてわたしを見てきた。
「見てのとおり、わたしは元気だぞ?」
「…………ずる休み?」
「いや、ちょっと事情があってな」
「事情……ねえ」
 学園を休むまでの事態が腑に落ちないのか、悠は首をかしげている。やや思わしくない状況なので、話をそらすことにした。
「ふむ。となると、わたしの代わりに凜が本当に風邪を引いたようだ。なにやら悪いことをしたな」
「あはは。そうだね」
 悠はちゃんとわきまえているようで、それ以上は聞いてこなかった。
「凜のほうはわかった。快復を祈ろう。で、奈々のほうはどういった事情だ? 宿題がたくさん出たとか?」
「そうだったら、どれだけよかったかな……」
 やわらかに微笑んでいた表情が、一転して思い詰めたような切なさで塗られる。
「なにかあったな?」
 重々しくうなずいたあと、悠は言葉を続けた。 
「セイラになら話してもいいかな。凜くんもそうするつもりだったみたいだし。奈々ちゃん、バンドでもめ事があって……いまふさぎ込んでいるの」
「ほう。詳しく聞かせてもらえるか」
 明瞭かつ的確な言葉で、悠が事情を説明してくれた。いちおう中立的な観点で、要点だけをうまくまとめて伝えてくれる。彼女の頭のよさをあらためて実感した。
 大げんかを経て決定的となった、美緒とバンドメンバーたちの軋轢。美緒の家庭の事情。そして、それらのあいだで板挟みになり、葛藤する奈々。
 話が終わりかかった頃、アンティーク調の瀟洒なサービスワゴンに乗せられて、料理が運ばれてきた。漂ってくる香りに、空腹を思い出した。
「ねえ、いまちょっと聞こえてきちゃったんだけど、奈々の話してた?」
 智美さんが神妙な表情で話しかけてきた。同時に、色彩豊かな料理たちをテーブルに移す。
「あ、はい。セイラと奈々ちゃん、もう顔見知りで……バンドの件のこともセイラは知っています」
「あら、そうだったの」
「悠、ひとつ訂正させてくれ。奈々とはもう顔見知りを通り越して、大切な友人だ」
 わたしの言葉に、智美さんが頬をほころばせる。
「悠ちゃん、それとセイラさん……奈々のことよろしくお願いします。本当は母親として、わたしもなんとかしてあげたいのだけど……仕事が忙しくて」
 再びきれいなお辞儀をする智美さんは、店員がお客に対してというより、母親が娘の友達に対してお願いをするように見えた。
「奈々のまわりには、悠や凜、それに惺……頼りになる人間がいます。もちろん、わたしもできる限り手助けするつもりです。だからお母さま……智美さんは心配しないで」
「ありがとう……それでは、ごゆっくり」
 最後に深々と頭を下げ、智美さんは去っていった。振り返り際、希望の光が彼女の瞳に宿っているように見えた。
「さて、冷めないうちに食べようか。……悠? どうした、わたしの顔になにかついてるか?」
「……セイラってさ……ちゃんと敬語使えるんだね」
「なんだと?」
「だって、いつもそういう言葉遣いだから。びっくりしちゃった」
「目上の人に対しては、さすがに敬語だぞ」
 たとえばクラス担任の織田先生と話すとき。ほかにも教職員の方々に対しては基本的に敬語だ。もっとも、クラスが違う悠は、わたしが敬語を使うさまをはじめて見たのかもしれない。
 ……いちおう目上の人に当たる、緋色の髪と瞳の上司が脳裏に浮かんできたが、片隅に追いやった。あの女は別だ。いい意味でも悪い意味でも。
 出来たての料理を口に運ぶ。ちなみにクアットロ・スタジョーニは全体を四区画に分けて、それぞれ違った種類の具材が味わえるピザ。アクアパッツアは魚介類を中心にした煮込み料理だ。
 ――その味に、言葉を失った。
「……どうしたの、急に黙り込んで? 口に合わなかった?」
「いや……その逆だ……まさかとは思うが、ここは三つ星レストランか?」
「え? 違うけど」
「わたしはイタリアにも滞在したことがある。本場のどの店よりも美味しいイタリア料理を出す料理店が、なぜ日本にある?」
 味の深み、バランス、素材の吟味に生かし方、それらを最大限に引き出す調理方法――すべてが最高レベルでまとめ上げられている。
「要するに、美味しいってこと?」
「むろんだ。食事をしてここまで感動したのは、はじめてかもしれない」
「なんだ、よかった。この店のオーナーシェフ、凜くんと奈々ちゃんのお父さんが務めているんだけど、若い頃イタリアで本格的に修行したんだって」
 父親の名前は星峰遼太郎というらしい。この店でシェフとして働いている人たちはすべて、彼から料理の技術を徹底的に仕込まれているそうだ。そして、ホールスタッフのリーダーが智美さんで、彼女も若い頃イタリアに留学して、著名なホテルなどで接客業の専門的な勉強をしたとのこと。ふたりが出会ったのもイタリアだったという話も、このとき聞いた。
「異国で同郷の人間と出会い、恋に落ちるか……素敵な話だ」
 それからふたり一緒に帰国して結婚し、ほどなくしてこの店を開いたそうだ。
「そうだね……あ」
「ん?」
「ごめん、なんでもない。気にしないで」
「その表情は、なにか聞きたくて仕方がないといった感じだな」
「う……でも」
「いまさら気を遣うことがあるか。なんでも聞いてくれ」
「……じゃあ聞くけど……その、惺のこと」
「惺? ……驚いたな。まさか悠から惺の話題を振ってくるとは――いや、そういえばさっきもうっかり口にしてたか」
「だから聞きにくかったのっ。にやにやしないで!」
「悪かった。で、なにを聞きたいんだ? ちなみに惺とはまだ性交渉はしてない。だからやつの性的なテクニックについては知らないぞ――しかしまあ、これは予想だが、あいつは澄ました顔で、簡単に女性を絶頂に導くことができるだろうな」
「セイラぁっ!?」
「な、なんだ急に大声をあげて」
 周囲の客やホールスタッフたちが、何事かとこちらを見つめてきた。居心地が悪くなったらしい悠はしゅんと縮こまり、わたしを睨みつけてきた。
「に、日本ではそういうこと、少なくとも夕食のときには絶対に言わない!」
「そういうこと、とは?」
「だ、だからその……せ、せ、性交渉……とか……ぜ、絶頂とか……ぁう」
「それにしても日本語は語彙が豊かだな。ほかにも抱くとか抱かれるとか、肌を重ね合わせるとか、いろいろと表現できる。英語ではほぼセックスのひと言だ。ああ、ちょっと汚い言葉だとファッ――」
「だ、だからぁっ!?」
「悪かった。謝るから落ち着いてくれ。……ところで、なんの話だったか?」
「惺の話! なんでこういう話になっちゃったの!?」
「わたしのウィットに富んだ冗談からだ」
「ウィットの意味わかって使ってる!?」
「重ね重ね悪かった。本題に戻ろう……惺についてなんの話だ?」
 しばらくわたしを睨んでいた悠は、深呼吸をして気を落ち着かせたあと、キノットジュースを一気に飲み干した。
「セイラと惺の関係――あ、肉体関係がどうとかの話じゃないからね!?」
「もう話をそらすつもりはないさ。それで?」
「ふたりは海外で出会ったんだよね。フォンエルディアで」
「ちょっと待て。なぜその話を知っている?」
「前に凜くんから聞いたの。柊紗夜華さんとのお茶会のこと」
「そういうことか。しかし、凜からそのときの話を聞いているなら、わたしと惺の関係はわかっただろう?」
「表面上の事実は知った……けど、深層にある真実を、わたしはまだ知らない」
 悠の声に、どんどん真剣さが増していく。
「真実……か」
「惺とセイラ、父さん……それからクリスのことも……いったい、過去になにがあったの?」
 悠の瞳が潤んできた。わたしはそれから、目をそらすことができない。
「それは……簡単に説明できることではないな」
「さっき、なんでも聞いてくれって言ったよね」
「すまない。まさかここまで踏み込んだ話とは思わなかったから。わたしの浅慮だった。謝罪する」
「話す気はないってこと?」
「そうじゃない……そうじゃないが」
「惺もそうだった。お父さんが死んだって教えてくれたのは、惺。でも、なにも説明してくれなかった。どんな状況で、なにがあったのか、なにも話してくれなかった……クリスもどうなったのか教えてくれない――ねえ、本当にお父さんは死んじゃったの? クリスはいま、どうしてるの!?」
 悠の叫びは、わたしの心を鋭く、容赦なく引っかいてきた。もちろん、彼女に悪気があるわけではない。
 切迫した眼差し、悲痛な表情、ふだんの悠が絶対に見せないであろう、心の深層からの叫び声。ふと、それらを向けられる惺の心情を想像した。
 ――めげそうになった。
「…………悠」
「セイラは知ってるんでしょ――っ!」
 やはり、彼女から目を逸らすことはできない。
 悠の瞳を見つめながら、わたしは言った。
「わたしはすべてをこの目で見てきた。蒼一が死んでいくさまも、クリスの消息も――全部……そう、すべて知っている」
「――っ!?」
「だが悠。きみに真実を語るのは、わたしの役目ではない。惺の役目だ。血のつながった兄妹として……。ただ、惺が語ろうとしないのも、それなりの理由があるんだ。こういう言い方はあまり好きではないが、察してやってくれ」
 もしもわたしが悠の立場で、真実を聞かされたら。ありのままをすべて受け入れて、信じることができるだろうか――?
 悠は聡明で、思考に柔軟性もある。それでも、あの「真実」を簡単に信じることができるとは思えない。
 あれは、それほどまでに常軌を逸した出来事だった。常識なんてものは通用せず、非常識という範疇からも逸脱している。 
「……わかった。もうこの話題はおしまい……取り乱してごめんね?」
 大嵐で荒くれていた海洋が、急激におとなしくなったかのような。凪の海を連想させるほど、悠は落ち着きを取り戻していた。 
「ねえ、これだけは教えて。わたしは、いつか真実を知る日がくると思う?」
「そうだな……ある……もちろん。けど、いまはまだそのときじゃないってことだけ、胸の奥にしまっておいてくれ」
「……うん」


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.