BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Brave03-6

 地下の演習場から地上の本部へ移動し、ミーティングルームの一室を借りた。
 照明を落とした、薄暗い室内。大きな会議用テーブルを挟んだ向かいに、レイジが座っていた。両足をテーブルの上に投げ出すという行儀の悪さには、目をつむることにする。
 それより問題なのが、壁のモニターに映し出された赤鬼……もとい、我が上司だ。
『――説明してくれるかしら、セイラ』
 詩桜里のこめかみに青筋が浮かんでいる。解像度の高いモニターだから、しわのひとつひとつまでくっきりと見て取れる。
「まず主語を言ってくれ」
『そこでふんぞり返っている男はなにっ!?』
「やっほー、詩桜里ちゃん。元気?」
 へらへらと笑っているレイジが、詩桜里の神経を逆なでする。
「わたしの記憶がたしかなら、ふたりは面識があるはずだな」
「おう。詩桜里ちゃんが新人だった頃、よぉ~くお世話してやったぜ。……くっく、いろんな意味でな」
「ほう。詳しく聞きたいところだ」
『だぁ~~~もうっ! 黙らっしゃい! なんで雨龍捜査官がそこにいるのよ!?』
「ま、いいじゃないか。俺のことは気にせずに」
『セイラ、その男を太陽系、いえ銀河系から即刻追い出して。手段は問わないから』
「だそうだが、宇宙的規模で嫌われるようなことをしたのか?」
「俺がそんなへまするわけないだろ。しかし詩桜里ちゃん、昔より怒りっぽくなったか? 俺の知っている詩桜里ちゃんは、もうちょっとおとなしかったと思うんだが」
「そうだな、わたしの計算では、詩桜里とはじめて会ったときから現在まで、だいたい三十パーセントほど沸点が下がったかな。やれやれ」
『やれやれじゃないわよ!? だいたい沸点が下がったのは誰のせいよ!』
「…………さあ?」
『むかっ……もういいわよ! とにかく、その男がいると報告もなにもできないでしょ。そいつは部外者なの! しっし!』
 だんだんと、レイジに対する言葉遣いが荒くなってきた。しかしレイジは楽しそうにのほほんとしている。
「詩桜里ちゃん、俺はおまえさんと同じ上級捜査官だ。上級捜査官は権限として、関わってない事件でも概要を知ることは許されている。そうだろ?」
『……っ……そうだけど、あなたは「渡り鳥」……おいそれと話すわけには……あと、軽々しくちゃん付けは――』
「おやおや、詩桜里ちゃんもついに渡り鳥を差別する、つまんねえ制服組になっちまったか。ま、そういう連中に囲まれて仕事してたら仕方ねえが。けど、おじさんは悲しいぜ」
 同じICIS捜査官だが、わたしとレイジでは決定的な違いがある。
 レイジはどこの支部にも所属していない、いわば孤高の存在だ。世界各地を転々とし、その国のICIS、または捜査機関からの依頼を受けて仕事をする。報酬も一般的な捜査官よりも割高。ICIS捜査官という国際的なライセンスを持っている、一種の私立探偵。仕事内容によっては傭兵のようなこともする。
 彼らのことを、業界用語で渡り鳥と呼んでいた。
 そしてレイジは、渡り鳥と呼ばれる捜査官の中でもトップクラスの実力と信頼を勝ち得ている(もちろん、口の悪さと品のなさは考慮しない)。彼の実力は、渡り鳥は出世しないと言われているにも関わらず、ノンキャリアでありながら上級捜査官にまで上り詰めた結果が証明しているだろう。
「詩桜里、この男はきっと意地でも動かないぞ。あきらめて連絡事項を話せ。時間の無駄だ」
「そうだそうだ。重要なんだろ?」
『………………。リスティ、お願い』
 腕を組んで、眉根を寄せながら詩桜里は横を向いた。それからやけのように紅茶を飲んだ。
『は、はい』
 モニター上の、詩桜里の横に小さく表示されていたリスティ。表示の大きさが詩桜里と入れ替わる。
「最初から気になっていたが、その可愛い子ちゃんは誰だ?」
 リスティが自己紹介すると、レイジがひゅう、と口笛を吹いた。
「おう、めずらしいファミリーネームだな。リスティちゃんでいいか。んでどうよ、今度一緒にホテルでも行かねぇか?」
 小動物のように可愛らしく慌てふためいたリスティとは対照的に、殺意のみなぎった恐ろしい視線を向ける詩桜里。
「レイジ、詩桜里が『初対面でちゃん付けとはどういう了見よ!』と視線で訴えているが」
『違う! そこじゃない! いや、そこもおかしいけど、ふつう初対面でホテルに誘う!?』
「んー? これがけっこう成功するんだよな……性交する場所だけに。くわっかっかっ」
 一同が押し黙った。
「……あ、なんだ? 避妊はするから安心してくれ。そういや、海外の知り合いが日本のコンドームは質がいいって褒めてたな。ところで、リスティちゃんは処女か?」
 詩桜里が頭を抱えた。小声で「もう嫌ぁ」とつぶやいている。リスティは顔を真っ赤にして口をパクパクさせている。 
「リスティ、こいつのセクハラは受け流して、報告を聞こう」
 いったいどれほど話が脱線すれば気が済むのか。リスティもそう考えたのか、ぶんぶんと頭を振り、咳払いをして真剣な表情を作る。
『えっと……例の動物惨殺事件に関連すると思われる案件です』
「新しい被害でも出たのか?」
『はい。ただし、今度の被害者は人間です。今朝方、ふたりの人間が遺体で発見されました』
 モニターにその現場らしき写真が数枚表示される。警察から提出された捜査資料だそうだ。被害者の個人データも表示された。
 四十代の会社員の男性と、水商売をやっている二十代の女性。そのふたりが、東京都多摩市と埼玉県飯能市の路上でそれぞれ見つかった。男性は今日の午前五時頃、女性は午前六時頃に発見された。
 被害者の身元におかしな部分はない。完全な一般人だった。
 案の定というか、遺体は肉食動物に食い散らされたかのように凄惨な様子を醸している。ただし、堀江美代子の遺体よりは多少はマシだろう。ふたりの遺体はバラバラだが、まだ体のどの部位なのか、写真からでも判別できるレベルだ。
『捜査が始まって間もないので暫定的ですが、被害者ふたりのあいだに接点はないようです。犯人の遺留品と考えられるものも見つかっていません。なので、警察もどのような切り口で捜査したらいいのか手をこまねいているようで――』
 そのほか、事件の細かな説明を受ける。
「なるほどな……ところで」
 報告を聞いているあいだ、レイジは自分のタブレット端末をいじってなにやら熱心に調べ物をしていた。そういえば、わたしのタブレットは例の倉庫に置きっ放しだったことを思い出す。
「レイジはなにをしている?」
「ここや警察のデータベースにアクセスして、ちょいと調べ物をな」
「なにか見つけたのか?」
「まあな。とりあえず、同じような地域で最近似たような事件……『堀江美代子の不審死』っつうのが気になるな。データ上におまえの名前があるし」
「わたしが軽く手をつけた事件だ。――リスティ、説明を頼む」
 リスティが事件の概要を明瞭簡潔に説明する。相変わらず素晴らしい要約力だった。
「――おい、いま神の遺伝子って言ったか?」
 レイジがテーブルの上から足を下ろした。
 堀江美代子のことを語るなら、神の遺伝子について話さないわけにもいかない。きっかけは、わたしが彼女の勤務する研究所へ潜入したことから始まるからだ。
「レイジ、もしや神の遺伝子についてなにか知ってるのか?」
 数秒ほど黙ってから、彼は口を開いた。眼光は鋭く、ふだんの人を喰った態度はなりをひそめている。
「こいつは、上から箝口令が出てるんだがな。まあ、おまえたちになら話してもいいだろう」
 レイジにしてはめずらしく真剣な声のトーンに、横を向いていた詩桜里もさすがにこちらを向き直って聞き耳を立てる。
「俺も神の遺伝子回収の潜入捜査に関わったことがある。ありゃ去年か。場所はドイツだったな」
「となると、神の遺伝子とは、ひとつだけではないんだな」
「らしいな。数年前から、ICISは神の遺伝子の行方を追っているらしい。なんでも、世界各地に分散しているんだとか。おまえが回収したのもそのひとつだろう」
「それで、神の遺伝子とはいったい……?」
「詳しくは聞いちゃいねえが、捜査官のあいだでこんな噂が流れてたな――いわく、神の遺伝子とは不老不死を体現するものだと」
 詩桜里もリスティもなにも言えなかった。ただ唖然としてレイジを見つめている。予想どおりの反応だったのか、レイジがにやりと笑う。
「もう一度言うぞ。不老不死だ」
「レイジ、本気か?」
「本気もなにも、噂だからな。俺にはなんとも言えねえよ。だがな、上の連中が躍起になって行方を追っていたところを見ると、全部が真実かどうかはさておき、ろくでもない代物なのは間違いねえだろうな」
「不老不死……それを暗喩するために神の遺伝子という名称が用いれられているとすると……ふむ、詩桜里はどう思う?」
『どうって言われても、さすがに荒唐無稽すぎない?』
「しかし、上の連中の口の堅さも、この荒唐無稽さが裏にあると考えると納得できないか?」
『でも、いくらなんでもねぇ……』
「なあリスティちゃんよ、もしも不老不死が現実にあり得た場合、この社会にどういった影響が考えられる?」
『わたしですか? ……えっと、そうですね……そもそも、この人間社会という枠組みが根底から覆されると思います。老いて死ぬという、生物の根本的な原理がなくなるのですから。仮にすべての人間が不老不死になったとすると――』
 レイジは静かにリスティの話を聞いている。この男、こういう場面で人の頭のよさなり力量なりを見定める癖がある。
『――死人が出ないことに起因する、人口増加による食料や居住地、資源の問題……あと、犯罪や法律も根本から見直さないと……いえ、見直してどうこうなる問題ではありませんね……ほかにも、たとえば死なない兵が現れることによる軍事バランスの変化など、波及する問題を考え出したら切りがありません。……率直に言って、この世界は確実に破綻するかと』
「ん。合格だ」
『はい?』
「いや、なんでもねえ。こっちの話だ……とにかく、いまリスティちゃんが説明したとおりだな。不老不死なんてものが実現して市民権を得たら、この世界は想像もできないような無茶苦茶な最後を迎えるだろう」
『それを阻止するために、ICISが動いているってこと?』
「不老不死が事実ならな。だが詩桜里ちゃん、動いているのはICISだけじゃねえみたいだぞ」
『え?』
「シディアスも水面下で動いているって話だ」
 シディアス――世界統一機関の総称。文字どおり世界各国の情勢、情報、社会などの統一性を強固にするため結成された機関で、かつて存在していた国際連合とは比較にならないほど強力な権力を有している。日本も加盟国に名を連ねているほか、先進国と呼ばれる国はだいたい加盟している。本拠地はフォンエルディアの首都、エルドラード。
『シディアスって……いちばん「上」まで関係してるの?』
 ついでに言うなら、ICISもシディアス直下の組織に当たる。詩桜里の言うとおり、シディアスはこの世界のいちばん上に位置する最高権力だ。
「どうだ、きな臭いだろ?」
『もうなにがなんだか……ねえ、それで話を戻すけど、この話と一連の惨殺事件にはどういうつながりがあるの? 神の遺伝子が関係していることはもういい加減わかるけど、もっとこう具体的に』
「それは、堀江美代子のパソコンからわたしが発見したデータが解析されれば、なにかわかるんじゃないか?」
『あれはまだ解析中じゃなかったかしら。ねえ、リスティ?』
『はい。解析が終了したという報告は入ってきてません』
「ちょっと時間がかかりすぎじゃないか? そろそろ待ちくたびれた」
『データの暗号化が思いのほか強固らしくて。手こずっているようです』
『ねえ、セイラが手を貸したら早く終わるんじゃない? コンピューター関係の仕事、あなたより優秀な人材見たことないわよ』
「そうかもしれないが、ここまでくると解析班のメンツを潰しかねないからな。先方から要請があるまでは控えておこう」
 正直に白状するなら、データ解析という地味な作業が面倒なだけだ。わたしは体を動かしているほうが性に合っている。……が、そうは言っていられない時期に来たのかもしれない。
「リスティ、解析班に進捗状況を確認してくれ。もし七割も完了していないのなら、わたしが直接出る」
『了解しました。――あ、それと、警察からの情報提供がもうひとつあります』
 モニターに男性の写真が表示される。
 一度でも会った人間の顔は絶対に忘れない自信があるが、この男の記憶はなかった。写真のほかに、人物の詳細データや経歴が表示された。
 名前は田中剛。
 顔に特徴はない。美形でもなければ、不細工でもない中庸な顔立ち。身長一七九センチメートルと、やや長身なのを除けば、痩せているわけではないが太りすぎでもない。手足の長さもふつう。体格にも特筆すべき点はなかった。
 レイジは男にはまったく興味がないようで、のんきに鼻をほじっている。
 誰だ? というわたしの視線に、リスティが答える。
『堀江美代子さんの元同僚です。セイラ捜査官が潜入する二ヶ月ほど前に、研究所を辞めています』
『この情報ね、法子……もとい、沢木警部補と立花警部から連名であなた当てにね』
「わたしに?」
『捜査一課が堀江美代子の周辺を洗ったらしいの。で、どうにも怪しい人物がひとり見つかったらしくてね。それがこの男』
「どう怪しいんだ?」
『過去の経歴に不審な点がある、だそうよ』
 高校卒業までは高知県で暮らしていたが、渡米し理系で有名な大学へ進学。卒業したあとは各国各種の研究機関をいくつか渡り歩いたのち、例の研究所に入所。そして今年の三月いっぱいで退所している。経歴をざっくりと見ただけでは不審な点は見られない。
「どこがどう不審なのか、警察では調べられなかったのか」
『ええ。日本での経歴はともかく、海外での活動が長かったから、警察の能力ではそれ以上突っ込んで調べられなかったみたい。さらにとどめなのが、現在行方不明ってこと。研究所を辞めた直後からの足取りがわからなくなっているそうよ。国内にいるのかも不明』
「たしかに怪しいな。――で、ふたりは、わたしにこの人物について調べてくれと頼んできたのか?」
 警察では手に余るレベルの事件や情報を扱うのも、ICISの仕事の一環だ。特に国家間を股にかけた細かい情報収集では、ICISの右に出る組織はない。
『彼女のメールには、そこまでは言及してたわけではなかったようだけど……まあ結局、そういうことになるかしらね』
「わたしのほうは異論はないが、詩桜里としても構わないのだな?」
 いちおう、上司である詩桜里の許可を求める。
 詩桜里はうなずいた。
「よしわかった。さっそく取りかかろう……それで、レイジ」
「あん?」
「おまえはどうするんだ?」
 ここまで詳しく話を聞いた以上、レイジがおとなしく引き下がるとは思えなかった。
『ちょ、ちょっとセイラ、待ちな――』
 慌てた詩桜里の言葉を、レイジが強引にさえぎる。
「――決まっているだろ。俺も喜んで協力するぜ。ちょうど暇してたところだからな」
 こんなおもしろそうなヤマは久しぶりだ、と付け加えた。
「だそうだが」
 詩桜里にボールを投げた。
『……余計なこと言ってもう……そんな男のことなんか放っておけばいいのに……っ』
「くっくっく。照れ隠しか? 可愛いなぁ、詩桜里ちゃんは」
『うるさい! ……ほんとにもう、うちにはただでさえ扱いが面倒なじゃじゃ馬がいるのに、その上、しつけのなってない野良犬まで飼えっていうの……?』
 勘弁してよね、と詩桜里が肩を落とす。いろいろと言いたいことがあるが、黙っておくことにした。
 優先順位は、田中剛に関する情報収集、次点に例のデータの解析か。今朝の惨殺事件は、警察に任せておけば問題ないだろう。おそらく堀江美代子の件との関連性を疑って、立花警部と沢木警部補も関わるはずだから、なおさら安心だ。
『雨龍捜査官、軽はずみな行動は慎んでちょうだいね。絶対の絶対に』
「おう。任せておけ」
 ミーティングを終えた。
「そういや、さっき言いそびれたことがあったな」
 ミーティングルームを出た直後、レイジがおもむろに口を開いた。
「なんだ?」
「神の遺伝子の行方を必死になって探しているのは間違いないんだが、それ以上に、上の連中は出所について知りたがっている節があったな」
「なるほど。出所か」
「俺は門外漢だから詳しくはねえが、不老不死なんてものが自然界に偶然現れる可能性なんて、ほとんどないんだろ?」
「そうだな。生命進化の過程で、不老不死が出現する可能性は、もちろんゼロではない。が、限りなくゼロに近い……ほとんど天文学的数字だろう」
「つーことはだ」
「神の遺伝子は、人工的に創り出された可能性が高いと?」
「上はそう踏んでいるようだぜ」
 現在にいたるまで、不老不死の細胞が生み出されたなんてニュースは見たことない。一般人が知るよしもない、いわゆる裏情報にしてもそうだ。
 そして、不老不死が事実だった場合、次のように考えることになる。
 いったい誰が、いつ、どのような手段で神の遺伝子なるものを生み出したのか、と。
 科学技術の進歩は日進月歩。しかし、現代はまだ不老不死を実現させるほどの技術水準に至ってない、というのが正直なところだろう。
 そうなのにも関わらず、不老不死が生み出されていたとしたら。
 ICISやシディアスが認識してない、未知の技術を有した個人、また組織が存在していることになる。
 世界の情報を統制、管理しているシディアスにとって、そのような未知の存在は容認できない。レイジが言った、行方以上に出所を知りたがっているというのも、そう考えると説得力がある。
「この問題は、根が深そうだな」
「退屈しなくて済みそうだぜ」
 余裕の態度で、レイジは笑った。頼もしいのか、単に頭のネジが緩んで緊張感がないのか、判断に迷うところだ。
 エレベーターホールに差しかかったところで、廊下の前方から、こちらに向かって歩いてくる人物に気づく。
 苦虫を噛みつぶしたような表情の栗田だった。
「どうした、栗田? 機嫌が悪そうだな」
「アルテイシア捜査官にプレゼントです。はい、どうぞ」
 手わたされたのは、先の戦闘で倉庫に置きっ放しだったわたしのタブレット端末だった。幸い、傷ひとつない。
「なんだ、無事だったのか。さすがにあきらめていたんだが」
「ええ。まるでそれを守るように瓦礫の山に埋もれていて。ふんっ」
「そうか。ところでバイザーはどうだった?」
 栗田の口もとが引きつる。
「ふたつともおじゃんですよ! そりゃあ見事に木っ端微塵でした!」
「残念だったな」
「それから雨龍捜査官! あなた、訓練用の電子銃も置きっ放しにしましたね!?」
「ん……そういやそうだったな」
 わたしとレイジが倉庫内で落ち合う直前、シミュレーターの模擬訓練を強引に終わられたのがレイジだった。あれは電子銃を使用しないとできないから、彼がそれを持っていなかったのは気になっていたところだ。きっとバイザーと一緒に倉庫に放り捨てたんだろう。
「その電子銃もこんがり焼けて炭になっていましたよ! ……どうしてアルテイシア捜査官のタブレットだけ無事なんですか!?」
「まあ……日頃の行いだろうな」
 くっくっく、とレイジが嘲笑し、栗田の表情がさらにこの上なく歪んだ。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.