BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Brave05-2

 星蹟島のシンボルとなっているのは、見上げるほど大きな巨樹だった。
 その名も大星樹。
 日本でもっとも巨大な樹とされているそれは、星蹟島からすぐ近くにある小島に、悠然と屹立していた。この小島は真城家が所有していて、惺の住む豪邸もその中にある。星蹟島とは石造りの頑丈な橋でつながれ、それを渡ると真城邸のほかに丘やちょっとした森林、そして頭ひとつ抜き出た大星樹が見えてくる。
 わたしがここにわたしがここに訪れるのは、実は今日がはじめてだった。
 この場にはじめて来た面々が、豪邸を前にあっけにとられている。豪邸という領域を抜け出して、もはや城のような存在感があるから、それも仕方ないことだ。ちなみにそのメンバーとは、真奈海、椿姫、美緒、光太の四人だ。ほかに凜と奈々もいるが、このふたりははじめて来たわけではないようで、驚いてはいない。
「真城っち、ここにひとりで住んでるの?」
「ああ」
「うちと交換しない?」
 はは、と笑う惺。
「実家が超豪邸とか、いまどきこんな主人公がいたらネットで大炎上するぞ!」
 と、光太は謎の文句を言っている。
「凜と奈々は、はじめてではないんだな」
「うん。何度か遊びに来たよ」
「わたしもです。子どもの頃、悠ちゃんと家の中で遊んでたら、迷ったことあるんですよ」
 と、苦笑気味の奈々。
「真城っち! 今度弟妹たち連れてきていい!? かくれんぼしたら絶対盛り上がる!」
「ああ、もちろん……さ、みんな上がって」
 両開きの巨大な玄関を抜けると、ホテルのロビーのような瀟洒な空間が広がっていた。
「ほえぇ……柊さんちも広かったけど、上には上があるんだねぇ」
 と、感心しきりの真奈海。
 明らかに洋式の邸宅だが、さすがに日本の住宅。靴を脱いで上がった。
 惺に案内されて、邸宅の中を進んでいく。
 やがて、地下に降りる階段にたどり着く。「地下室がある家なんてはじめてだ!」と、真奈海と光太が興奮している。
「ここが稽古場だ」
 降りた先にあるドアを開けると、だだっ広い部屋が広がっていた。
「うわぁ……」
 感嘆の声を上げたのは椿姫だった。
 学園の教室の倍くらいの広さで、壁の三面が鏡張り。鏡のない一面にはスピーカーなどの音響設備が置いてあった。
「そのドアの向こうは物置だけど、片づけてあるから、女子は更衣室として使って」
 惺がスピーカー横のドアを指さしながら言った。
「悪いけど、川嶋はここで俺と一緒に着替えるしかないな」
「うん。別にいいよ」
「あ……俺ちょっとトイレ」
 スポーツバッグを持って、凜は稽古場を出て行った。
 女子もみんな物置に入っていった。
「惺。わかってると思うがのぞくなよ」
 一度言ってみたかった台詞を言い残し、わたしも物置に入った。
「なあ真城。あれってのぞいてくれっていう振りなんじゃ」
「じゃあのぞいてみれば? 安心していいぞ。丁寧に葬ってやるから」
 ドアを閉める間際、そんな会話が聞こえてきた。

 リズム感のある音楽に合わせて、惺が踊っている。
 バレエではなく、その要素を取り入れたジャズダンスと呼ばれるものだった。
 体重を感じさせない跳躍。
 躍動感あふれるステップ。
 全身を隅々まで駆使した圧巻の表現。
 おそらく想像以上だったのだろう。惺のダンスをはじめて見る面々は、感動を通り越して絶句していた。
 やがて音楽が終わる。 
 みんなの視線に気づいたのか、惺はやや照れた様子で言った。
「とりあえず、本番までにここまで踊れるようになるのがみんなの目標」
「いや、絶対無理だからっ!?」
 と、光太。
「がんばればできる。なにごとも積み重ねが大事」
「ま……真城くんは、プロのダンサーになるつもりなの?」
 と、椿姫。
「いや。いまのところその予定は。趣味だ」
「趣味でそこまで踊れたら、プロの人たち、立つ瀬ないよなぁ……」
 と、苦笑気味の凜。
「真城っち! どうしよう、あたし惚れちゃいそうです!」
 真奈海の言葉に、ぎょっとする奈々。なぜか美緒も同じような顔して驚いていた。
「じゃあみんな、床に座って。重ならないように距離を取って……そう。正面の鏡を向いて。音楽を流すから、とりあえず俺の真似して動いてみて」
 そして、ダンスレッスンという名の拷問が始まった。 

「ああああっ~~~! いだいいだいっ!?」
 光太が涙目で訴えている。
 一時間ほどのレッスンが終わり、クールダウンの柔軟中だった。
 足を広げて床に座り、前にかがんでいる光太。背中を惺が押している。
「川嶋は体が硬いな……」
「ふん! 生粋のオタクをなめるな! ――ああううおうっ!? だめぇっ! おまた裂けちゃうっ!? いだいいだいいだいっ!?」
「痛いのは生きてる証拠」
 存外に深いことを言っている。
 ほかの面々も汗だくになってストレッチしていた。
「……よし。こんなものか。それじゃあしばらく休憩。みんな、ちゃんと水分補給するように」
 この言葉に、みんながいっせいに床に転がった。ぜいぜい息を切らしているが、心地よい汗をかいた実感はみんなにあるようだ。
 ふと、凜が部屋から退出するのを見る。
 なんとなくあとを追った。
 階段を上がり、廊下を抜けて玄関に。
 出てすぐのところに座り、スポーツドリンクを飲んでいた。凜の視線の先は砂浜と海が広がっている。やがてわたしに気づき、振り返った。
「どうしたの?」
「いや、特に用はないんだが……なんとなく」
「ふーん。セイラにしては歯切れが悪い」
「そうかもしれないな。隣、いいか?」
「うん」
 凜の隣に座る。
「……惺ってすごいよな。ああいうレッスン、ほぼ毎日ひとりでやってたって?」
「そうらしいな」
 今日みんなでやったレッスンは、惺が知識と経験をもとに一から構築したプログラムだった。バレエのメソッドを取り入れた本格的なもの。
「よっぽど踊るのが好きらしいね。ふつう、そこまで努力できないよ」
「いや――」
 惺が踊るのは単に「好き」っていうだけではない。彼の場合、踊ること――というより「表現」することが自体が、生きることにつながっている。しかしそこまで考えてから、果たしてわたしがそれ語っていいものかと疑問に思った。
「ん、どうしたの? やっぱり今日のセイラは歯切れが悪いような」
「ああ、すまないな。気にしないでくれ」
「……なんかさ、俺に話がある?」
 漆黒の瞳で見つめられる。こういうときの凜は、下手に誤魔化さないほうがいいと直感した。
「前から気になっていたことがある。気を悪くしないでくれると助かるんだが」
「別にいいよ。言ってみて」
「凜はこういう……『みんなで一緒になってなにかを作り上げる青春』のようなこと、実は嫌いではないのか?」
 すう、と息を吸ったまま、凜は黙った。
 やがて笑い出した。
「はは……ばれてる」
「怒らないか?」
「なんで? 事実だし。よく気づいたね……いや、セイラなら仕方ないか。たぶん、惺にもばれてるだろうし」
「実に不思議なんだ。心の底で嫌っているはずなのに、本心から楽しんでいるようにも見える」
「どっちも正解じゃないかな。参考までに、俺のこと、いままでどう見えてたの?」
「……みんなと同じ日だまりの中にいて、一緒に温かさや優しさや充足を感じているはずなのに、心はどこか別の遠く冷たいところにいて、そこから日だまりを冷めた視線で眺めているような……きっと、凜の本質は後者なのではないかと」
 かなり失礼なことを言っているにも関わらず、朗らかな笑顔が張り付いている。
「的確すぎてぐうの音も出ないんだけど、おおむね正解だと思う。……青春っていうのに直接触れて、楽しい、充実しているって気持ちはある。けど同時に、『なんで俺、こんなことやってるんだろ』って疑問に思う自分がいてさ。厄介だよねぇ」
「それはストレスではないか?」
「……一生続くなら、それは拷問だと思うよ。でも、そうじゃない。青春はいつか終わる」
「それがわかっているから、いまをがんばれる」
 大きくうなずく凜。迷いのない表情をしている。
「ははは。前向きに見えて、実はそうとう後ろ向きなんだよね。ひねくれていてごめん」
「謝る必要はない。それも生き方のひとつだ」
 沈黙が降りた。
 波が正面の砂浜に打ち寄せる音だけが、定期的に響いている。
 一分以上経過した頃――
「――みんな輝きたいのかな?」
「ん?」
「いや、みんなやけに素直にセイラの提案受け入れたじゃん。ミュージカルやろうって突拍子もない話。たとえば、柊さんって人前に出て目立つの、そんなに好きじゃないタイプでしょ? なのに、脚本執筆だけじゃなくて、自ら演者として出るのにも承諾した。綾瀬さんもそうかな。音楽以外は興味ありませんって感じだったのに」
「美緒は夏前と比べて変わったよ。それは凜もよくわかるだろう?」
 紗夜華の場合もなにか新しい刺激が必要だと、いままでやったことのない経験が必要だと、本能で悟っていた節がある。悠にしても、惺がいるのに最後は了承していた。
「実はさ、ちょっと期待してたことがあるんだよ。変わりゆく人のそばにいれば、自分も変われるんじゃないかって」
「だから一時期、美緒を自分の家に招き入れたのか?」
 あれを言い出したのは凜だったと、後日聞かされて少々驚いた記憶がある。
「まあ、それが理由のすべてではないんだけどね。綾瀬さんって、いろんなことにがんじがらめだったけど、変われる素養は充分にあると思ったから」
 そこまで深い付き合いではなかったはずなのに、凜はそこまで見抜いていた。やはり、頭の回転は速く、洞察力も優れている。ICISにスカウトしてもいいレベルだ。
「それで、凜は変われたのか?」
「ぜんぜん。笑えるほどに変わってない」
「――――」
「やっぱり、人間に根付いた本質ってそうそう変わらないみたいだね。けっこう暗い幼少時代を過ごしたせいで……あ、セイラのことだから、俺が星峰家の養子だって、もう気づいてるよね?」
「……まあな」
「恥の多い生涯を送って来ました」
「……太宰治」
 太宰治の『人間失格』。有名な一文だ。
「よく知ってたね。ほんと、セイラが海外からの留学生だったなんて、信じがたいよ」
 留学生という身分。それはまあ、嘘の部類に入るのだが。……しかし、そういう意味ではわたしも実に恥の多い人生を送っている。
「で、『人間失格』がどうした?」
「これ、うちの姉さんから聞いた話なんだ。『人間失格』の主人公を、まるで自分のようだと共感していた人でも、いつからかあまり共感できなくなるんだって。大人になって本当の意味で成長してから読むと、『なんだこいつ』ってなるらしいよ」
 著名人にもそう語っている人が少なくない、とのこと。
「それは興味深いな」
 わたしも以前に『人間失格』は読んだ。まるで自分のようだとは思わないまでも、かなり共感できる部分があったのは覚えている。読んだのは去年、日本に来てすぐの頃だった。いま読めば、感じ方に変化はあるのだろうか?
「小学生時代から何度か読んでるけど、俺の場合は逆なの。どんどん共感できる部分が増えてきて、実はこれは自分で書いたんじゃないかって錯覚しそうなレベル……ええと、なにが言いたいかって、俺は本質から人間失格だったってことじゃないかと」
「それは飛躍のしすぎでは……?」
「ふふ。そうであってほしいな」
 乾いた笑みを浮かべる凜。
 ICISの資料には、凜の実家、煌武家の情報が少なからず記載されていた。
 閉鎖的で退廃的。江戸時代には藩主という伝統ある家柄でも、近代以降は正直、褒められた環境ではなかったようだ。家人の誰かが法を犯しても、どういう手を使ったのかは不明だが、徹底して闇の中に葬っていたらしい。  
 凜がその中でどういう生活をしていたのか、具体的な情報はわからない。さすがにそこまでに記載はなかった。煌武家壊滅後、一時行方不明になっていた凜が保護されてからも、詳細は語らなかったらしい。
 もしかしたら、わたしの想像を絶する過去が、凜にはあるのかもしれない。
「お兄ちゃーん! セイラせんぱーい! もうすぐ次のレッスン始めるって」
 奈々がやってきて告げる。次のレッスンとは、椿姫を先生にした発声レッスンだ。
「ふたりでなに話してたの?」
「ん……綾瀬さんの話」
 まあ、間違いではないが。
「美緒ちゃん?」
「綾瀬さんさ、なんか惺のこと見つめてなかった?」
「ああ、それはわたしも気になったな」
 ダンスレッスンは惺の真似をしながらやっていたが、美緒の視線は、それ以外のなにかが含まれていた。
 きょとんとする奈々。
「そういえば、みんなでうちの店に集まったときも、綾瀬さんは惺のこと見てたんだよなぁ」
「え……ど、どういうこと?」
「たしか惺は、先の地震のとき、美緒をかばって負傷したんだったな」
「ああ、それで。一種の吊り橋効果かな」
「そう考えるとつじつまは合う」
「ちょ、ちょっと! ふたりともなんの話を――」
「いや、たいした話じゃないと思うよ。奈々に恋のライバル出現? ってだけで」
「たいした話だよぉっ!?」 


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.