BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Catastrophe-15

 創樹院学園の敷地の地下には、教職員や来客専用の広大な駐車場がある。
 午前一時。照明は完全に消えていて、外の明かりが入り込む隙間はない。内部は暗闇で満たされていた。
 ひと筋の白光が内部を照らした。セイラの持つハンディライトの明かりだ。
 数時間ほど仮眠を取り、ここにやって来た。
 詩桜里から教わった場所へ向かう。天上や壁が至るところで崩れているが、駐車場自体の崩落の危険性はなさそうだった。
 足もとや頭上に気をつけ進んでいくと、目的の場所にたどり着く。
 一台の車が止まっていた。アマミヤ自動車のミドルサイズセダン。色はブラック。ざっと見たところ、傷はついてないようだ。ちなみに右隣に止まっているミニバンは、天上から瓦礫が落ちてフロントガラスが割れている。左隣のSUVは、巨大な瓦礫の下敷きになって半分潰れていた。
「……運がいいな」
 ロックを解除して運転席に乗り込む。
 エンジンをかけると、電気自動車特有の低い駆動音が響いた。エネルギーはほぼ満タンだった。
 ヘッドライトをつける。
 すると――
「――っ!?」
 目の前に人影が立っていた。
「……あ、惺?」
 人影――惺は助手席にまわり込み、ドアを開け乗り込んできた。恬然として、涼しい表情をしている。
「びっくりさせるのはやめてくれ。心臓に悪い」
「この程度でびっくりするほど、可愛い心臓を持っていたとは知らなかった」
「……けんかを売りにきたのか?」
「違う。ドライブするなら一緒に、と思って」
「仕事だ」
「邪魔はしない」
「命の保証はできない」
「知ってるさ。島の北東部に行くんだろ? 怪物騒ぎに政府の動き。たしかに気になるな。俺も同じだ」
「なんでそこまで知ってる?」
「実は、セイラと詩桜里さんの会話を聞いていた」
「なに?」
「あの場に最初からいたんだよ。途中で柊さん……ああ、妹のほうがやってきて、顔を出すタイミングを逃した」
「盗み聞きとは悪いやつめ」
「それについては謝るよ。……悠が気になるんだ」
「わかった。シートベルトを」
 惺がシートベルトを締めたことを確認し、セイラはアクセルを踏む。
 暗闇の中を突き進み、出口から一般道へ出る。
「街灯や家の明かりがついてないと、思ったより暗いんだな」
 変わり果てた街並みを見ながら、惺が感想を口にした。学園周辺の地盤は硬いことで知られているが、それでも被害は甚大だった。
「その代わり、夜空がきれいだ」
「ああ。そうだな」
 車は進んでいく。道路はやはり損傷が激しく、そこまでスピードは出せなかった。
「なあ、悠はまだ生きてるのか?」
「ずいぶん訊きにくいことをさらっと……」
「光太や真奈海の家族。楽観視できる状況ではないと、もう嫌ってほど思い知ったからな。で、どうなんだ?」
「生きてるよ。もしそうじゃなかったら、いくら俺でも取り乱している」
「そうか。居場所までわかれば言うことなしだが」
「この距離じゃまだ無理だな」
 それからしばらく、無言が続いた。
 車は相変わらず、ゆっくりとしたスピードで走っている。
「惺、ひとつ確認したい」
 惺がセイラを見た。言葉の響きから、真面目な話だと直感する。
「真奈海が飛び降りようとしたとき、おまえも一緒に飛び降りようとしたな」
「……ああ」
「あのとき、おまえは本気で死ぬつもりだった。違うか?」
「…………」
「わたしの目は誤魔化せないぞ!」
 急ブレーキ。
「おい、セイラ……!」
「わたしは怒ってるんだ! あのとき真奈海が止めなかったら、おまえは間違いなく死んでいた!」
「あのときの豊崎は本気だった。意識のすべてが『死』に向かっていた……あそこまでしないと、説得なんかできなかったさ。死ぬふりなんかで無理やり説得してみろ。きっと豊崎の死期が伸びただけだ」
「しかしっ!」
「あのとき俺が死んでいたら、たぶん豊崎も死んでいた。俺が生きているなら、豊崎も生きる。根拠なんかない。けど、俺も豊崎も絶対に生きるだろうと、なぜか確信していたんだ」
「本気で死のうとしたのに生きることがわかっていた? はんっ、そんなのは矛盾だ。論理でもなんでもない!」
「そうだな。でも、あのとき俺にはほかの方法は思い浮かばなかった。最初からそれが正解であるかのように、あの行動をとった。セイラだったらどうしていた?」
 まるで出口の見えない禅問答だった。ハンドルの上で握り拳を作るセイラ。それを惺の横顔に叩き込んでやろうと思ったが、寸前でやめた。
 握り拳を解消するのと同時に、憤りを大きな吐息とともに吐き出す。
「頼む。二度とあんな真似はしないでくれ。今度やらかしたら、わたしがおまえを殺す」
「ああ……わかってる。すまなかった」
 セイラが再びアクセルを踏む。
 五分ほど走った頃。
「しかし、セイラに説教されるとは思わなかったな」
「わたしだって、したくてしたわけじゃない。そういえば、最近詩桜里から説教くさいと文句を言われた」
「それはセイラがどんどん人間くさくなってきている証拠だよ。いい意味で。詩桜里さんのそれは褒め言葉だ。最初に会った頃を考えると、変わったんだよ」
「最初のわたしはどんなだった?」
 しばらく考える惺。
「容姿だけは整った、愛想のないロボット」
「ちょっと待て。それはおまえも同じだっただろ。むしろ、わたしよりロボットに近かったはずだ」
「……懐かしい話だな」

 途中、何度か迂回して遠まわりしないといけなかった。
 家屋の倒壊や、水道管の破裂による完全な通行止め。星術でもどうにもできないようなレベルの崩壊。通常なら二時間程度の距離を倍は走り、やっと目的地周辺にたどり着いた。空は徐々に白み始めている。
 不意に、惺がなにかに気づいた。
「車を止めて。人の気配がする」
 エンジンを停止させ、セイラは耳を澄ませた。人より聴力の優れた彼女でも、特別な音は聞こえなかった。
「被災者か?」
「いや。雰囲気が違う。外に出よう」
 車外に出ると、あまりの寒さに震える。一年でもっとも寒い時期は脱したが、それでもまだ二月だ。
「あっちだ」
 道路から外れた路地に入っていく惺。セイラはその背中を追う。人の気配がまったくない住宅地の合間を進んでいくと、やがて壁に隠れるようにして止まった。
 視線でうながされ、セイラは壁の向こう側を見る。
「あれは……」
 どこかで見た光景だな、と思った。
 数人の人影が、車両を並べて作られたバリケードの前を守るように立っていた。真っ白な防護服の上に、防弾チョッキやガスマスク。そしてサブマシンガンを構えた姿。
 どうしてセレスティアル号の犯人グループがここに? と考えるセイラだったが、瞬時にそれは誤解だと気づく。
「あの装備と車両は自衛隊か」
 道路を封鎖するように立っていることから、その奥になにかがあることは明白だ。
「どうする?」
「わたしと惺なら簡単に突破できるだろうが、いまはまだ騒ぎはさけたい」
「同感だ」
「おまえは〈プロテクト〉を使えるか?」
 防護星術〈プロテクト〉。細菌兵器などの攻撃から身を守る高度な星術の一種。「人体に悪影響のある物質」だけに反応し、体内侵入を防ぐ効果がある。
「……いや」
「彼らが防護服を着ているのが気にかかる。いま星術構文を送る。おまえなら理解できるだろう」
 セイラが惺の額に手をかざす。膨大な情報量を有する構文を、惺の脳に直接送った。ソフトウェアのプログラム情報を、別の端末にコピーするイメージ。
 星術構文とは、星術の総体を理論的に分解し、特殊言語に変換して構築された構文のことだ。セイラや惺のような高度な術者同士が、星術の伝達や共有のために用いる。
「これは……思ったより複雑だな」
 額をもみながら惺が言う。星術構文は術が高度になるにつれて、内容が複雑になっていく。
「扱えそうか?」
「問題ない」
 セイラと惺は〈プロテクト〉を行使した。
「体が光ったりしないのか?」
「そんなわかりやすいのはゲームの中だけだ。――行くぞ」
 来た道を少し戻り、別の曲がり角を進む。
 歴史を感じさせる商店街に出た。だが、そこに郷愁を感じさせる情緒はない。あるのは完全に倒壊した家屋の連なり。いまの星蹟島ではどこに行っても見られるであろう、無慈悲な瓦礫の山。
 感慨にふける時間はない。惺とセイラは迷わず瓦礫の上を進んだ。ふたりとも忍者のように軽い身のこなし。
 こんなところを人が通るなど考えてもないのだろう。周囲に自衛隊の見張りはいなかった。
 東の空が、熱と光を帯びてきた。〈星の枝〉の背景にあるキャンバスが、夜空の深い蒼から清々しい碧に移り変わっていく瞬間。
 やがて、視界が開ける。
 廃墟の街がセイラたちの眼下にあった。盆地になっていて、セイラたちが立っている場所よりも低い。
 汐見沢という地域だ。
 もっとも、廃墟の街だけならまだ納得はできただろう。
 廃墟に醜悪な彩りを添える、無数の怪物たちの死骸がなければ。
 


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.