BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Catastrophe-2

 麗らかな木漏れ日の中を三人の学生が歩いている。
 セイラ、真奈海、惺。平日の昼にもかかわらず私服で出歩いているのは、学園が休日となっているためだ。「星蹟市民の日」という、星蹟市特有の祝日だった。
「川嶋ってほんっっと馬鹿だよね」
「まあそう言うな、真奈海」
「あたしも人のこと言えないけどさぁ、あそこまで馬鹿じゃないよ」
 セイラと真奈海が並んで話している。惺はふたりの少し後ろを歩きながら苦笑していた。
 二月のはじめに行われた実力テストで、光太の学力は「これはマジでやばい」と判断された。担任である織田が頭を抱え、セイラたちに冗談なのか本気なのか、「俺の手には負えない。なんとかしてくれ」と頼み込んできた。
 今月末には学年末テストが控えており、そこで結果を出せないのなら、光太が後輩になってしまう可能性が高い。演劇祭の前に行われた期末テストで彼が赤点回避したのは、実力や努力ではなく奇跡の結果だった、という噂を裏付けようとしていた。
 三人が向かっているのは光太の家だ。バス停から木立に囲まれた長い坂を下っていくと入り江があり、そこを中心に村落が広がっている。星蹟島の中でも特に古い歴史を有する漁村。光太の家は入り江にほど近いところにある。
「真奈海、凜から返事は?」
「ないねぇ」
 セイラが惺を見ると、彼も首を横に振った。
 光太の家で勉強会を開くことが決まり、セイラは昨日の夜にメールを送った。しかしいつまで経っても返事が来ず、そのままにしてあった。
「凜が返事を寄こさないのはめずらしいな。あとで悠か奈々に訊いてみよう」
 セイラのスマートフォンが着信を知らせる。
『もしもし、セイラ先輩?』
 相手は奈々。声色が不安げに揺れていることに、セイラは気づいた。
『ちょっと訊きたいことがあるんです。お兄ちゃん見てませんか?』
「凜? いいや。昨日、学園で別れたあとは会ってないが」
『そう……ですか』
「凜がどうしたんだ?」
『それが……お兄ちゃん、昨日の夜から姿が見えなくて……』
「なんだと?」
『昨日の夜遅くにお兄ちゃんが出かけたのを、悠ちゃんが見てるんですけど……それから帰ってきてないみたいで……それに……変な手紙が』
 ――そのときだった。
 セイラと惺のふたりが急に顔を見合わせ、訝しげな表情を作った。
「およ。どうしたの?」
 真奈海の問いかけに答える代わりに、ふたりはゆっくりと空を見上げた。
「〈星の枝〉が……?」
「なんだ、この感覚……」
 いままで感じたことがないような感覚に、ふたりは包まれていた。
「え、え? ちょっと、なに?」
 真奈海も空を見上げる。そして言葉を失った。 
『あ、あれ……なにこれ、空が――』
「奈々も見えるか?」
『は、はい! 空が――!』
 誰もが声を失うほどに、不思議で幻想的な光景が繰り広げられていた。
 いつも陽光を浴びて煌びやかに明滅している〈星の枝〉。それがひときわ大きく、強く輝いていた。七色に輝く空は明るく、太陽以外にも光源が表れたような錯覚を覚える。
 いまだかつて、〈星の枝〉がこのような現象を見せたことは記憶にも記録にもない。
「セイラ、あれを――」
 惺が遠くを指さす。水平線の彼方。その方向に存在するのは、かすかに見える星核炉〈アクエリアス〉。
 星核炉からまばゆい光の柱が立ちのぼり、空をキャンバスとして、〈星の枝〉の輝きと混ざっているようにも見える。
 いや、もしくは逆。〈星の枝〉の輝きが収斂し、星核炉に落ちていっているような―― 
「なんだあれは?」
「わからない……わからないけど……嫌な予感が――」
 ――そのとき。
 地面が小さな脈動を始めた。
「わっ、地震?」
 真奈海が叫ぶ。
 揺れは収まらない。
 むしろどんどん大きくなる。
 やがて、立っていられないほどに――
「きゃぁっ!?」
「豊崎っ」
 バランスを崩した真奈海を、惺が受け止める。そのまましゃがみ込んだ。
 セイラも膝を折り、携帯に向かって叫んだ。
「奈々! 聞こえるか? 家にいるのならすぐに高台へ避難しろ!」
 しかし返事はない。通話はいつの間にか切れていた。
 揺れは一向に収まらず、やがて――

 天地をひっくり返したような激烈な揺れが襲ってくる。
「地震」という名称から受けるイメージをはるかに超越する衝撃。
 あらゆる事象が空と地面の境界線を見失い、なすすべなくその場に転がる。
 人も樹木も建物もなにもかも――すべてが、自然の驚異の前にひれ伏した。

 ――揺れが収まった頃。
「……っ……惺……真奈海?」
 泥だらけになったセイラが、ゆっくりと起き上がる。惺も起き上がり、彼に抱えられるようにしていた真奈海も目を開けた。
 惺が愛用していた眼鏡が地面に落ち、衝撃の影響か紅茶色のレンズが割れている。だが、惺もほかのふたりも、それを気にしている余裕などなかった。
「――――ぁ」
 真奈海の瞳が、信じられない光景を目の当たりにする。
 地面が大きく割れていた。周囲の樹木は倒れまくり、付近の家や壁などの人工物も軒並み崩壊。
 そして、眼下に広がっていたはずの村落。
 数分前まで何事もなく平和に存在していたはずの、光太の故郷。
 そんなものはなかった。
 瓦礫の山がそこにあった。
 まるで世界そのものが、崩壊したように感じられる。
「――っ!? ま、まずい! 逃げるぞ!」
 めずらしく取り乱した惺が叫ぶ。
「ま、待て、光太が!」
「だめだ! あれを見ろ!」
 惺が指さす方向。
 海岸線がかつて見たことないほど後退していた。
 その先に――
 巨大な塊が、容赦のない自然の驚異がすぐそこまで迫っていた。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.