BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Extrication-24

 死を覚悟した凜が、目を閉じた。
 しかし走馬燈は脳裏に現れなかった。
 きっと、いまわの際であっても思い出したくないほど、自分の記憶にある情景は残酷なんだろう、と。
 そして、こんな結果になったのは自分のせいだと、強く思い知る。助けを呼ぶ叫びなど出てこない。悠に死を命じた自分に、そんな権利はない。
 だが――
 どれだけ待っても、その時は訪れなかった。
 ゆっくりと目を開けた凜にしたたり落ちてきたのは、生温かい鮮血だった。
 凜にとどめを刺そうとしていたSFGの隊員。その胸から、鋭い日本刀の切っ先が飛び出していた。
 絶句する凜を見下ろしていたのは霞だった。突き刺した刀を引き抜くと、すでに絶命していたSFGが倒れる。
「生きているようだな。しばらくそこで寝ていろ」
 敵を認識したSFGの四人が、臨戦態勢をとる。
 霞が先に動いた。
 目にもとまらぬ速さでひとりのSFG隊員に接近。移動の勢いを乗せた刀を奔らせる。
 一合目、相手によけられる。しかしそんなことは予想の範囲内。すぐに切っ先を切り返し、二合目を放つ。
 通常の戦闘だったら、この段階でけりがつく。霞の抜刀術についていける人間など、ほとんど存在しない。
 だが相手は、ついていけるほうの人間だった。
 常人離れした柔軟さで、大きく仰け反りながらも刃を回避。霞の追撃を許す暇を与えず、SFG隊員はすぐに体勢を整え直して背後に跳躍。さらに空中で一回転。 
 その間隙を縫って、別の隊員ふたりが左右から霞に迫ってくる。ひとりは短剣二刀流を、もうひとりはひと組のトンファーを扱っている。さらに遠距離では、残ったひとりがシュテル・ブラスターを構えていた。
 短剣とトンファーの合わせて四重にもなる攻撃を刀で器用にいなしつつ、シュテル・ブラスターの連続攻撃もよけた。すかさずバックステップの繰り返しで距離を取り、霞は隙のない構えを見せた。
 小さく舌打ちする霞。ひとりふたりならまだしも、この人数を霞ひとりで相手するにはさすがに荷が重い。
 凜を守りつつ、自分も死ぬことなくこの場を切り抜ける。
 これがゲームだったら最高難易度だろう。
「ふふ……あはははは……っ」
 不敵に笑う霞を警戒するSFGの隊員たち。彼らもまた、霞を強敵と認識していた。
「おもしろいぞSFG! これだよ。わたしはこれを求めていた!」
 戦闘への興奮。
 勝利への渇望。
 そして、殺しの狂喜。
 霞の全身をめぐる血液が、一気に沸騰した。
 ――だがそのとき、霞の背後から銃声。自分を狙ったものではないと、霞は瞬時に気づいた。
 星装銃のエネルギー弾と、デザートイーグルの実弾が、短剣とトンファーの隊員にヒット。急所を外しながらも、完全に無力化させた。
 霞が背後の存在――セイラとレイジに気づいた。
 さらに、空に浮かぶ月を覆う影。
 クォータースタッフを構えた惺が、シュテル・ブラスターの隊員と、徒手空拳だった隊員のあいだに降り立つ。
〈マーシャル・フォース〉を維持したまま、惺はクォータースタッフを振るう。棒でありながら神速に達する苛烈な連続攻撃に、ふたりは瞬く間にのされた。
 一瞬の静寂。
「悠っ!」
 静寂を破ったのは惺の声。彼の視線は、遠くにある漆黒のアルゲンタヴィスに吸い込まれていた。
 アルゲンタヴィスが飛び立っていく。
 惺がそれを追いながら手を伸ばした。アルゲンタヴィスの機影が、上空の月と重なる。
 月に連れて行かれるかぐや姫のように。
 惺の手は届かなかった。
「くそっ! ここまで来たのに、こんな近くまで来たのに……届かなかった」
 クォータースタッフを地面に打ちつける惺。
 そのとき、霞の笑い声が響いた。
「まさかおまえたちに援護されるとはな」
「海堂霞。別にあんたを助けたわけじゃねえぜ」
 レイジは銃を霞に向けている。
「雨龍・バルフォア・レイジ。貴様はICISの犬だったか。こうやって会うのは二度目だったな」
「聞かないと思うが、念のために言っておくぞ。武器を捨てて投降しろ」
 霞は態度でそれを拒否した。
「凜! 凜、しっかりしろ!」
 セイラがいつの間にか、倒れている凜に駆け寄っていた。惺は横目に霞の「気配」に意識を向けつつ、凜のもとへ向かった。
「気を失っているだけ?」
「ああ。外傷はないようだが……」
「――凜は渡してもらう」
 霞が一歩踏み出し、その足もとめがけてレイジが発砲した。
「動くなって言ってるだろう!」
「そんなことはじめて聞いたが」
 セイラが霞に向く。
「凜をどうするつもりだ。おまえたち黒月夜がなぜ凜を? 目的はなんだ!」
「質問はひとつに絞れ。だいたい、そんな険しい目で『先生』を見るな」
 にやけながら、霞が言った。
 惺が前に出た。
「あ、あなたはやっぱり……東雲先生? 東雲友梨子先生!?」
「な、なに?」
 セイラが目を見開いた。
「真城惺……そうか、おまえは理屈は知らんがなぜか『わかる』のだったな。――久しぶりだな、可愛い教え子たち」
「馬鹿な! 海堂霞が東雲友梨子だと!?」  
「間違いない。彼女の気配は東雲先生と同一のものだ!」
「くそっ、なぜ気づかなかった……っ!」
 霞の手配写真はどこにも出まわってない。つまり海堂霞としての顔をセイラは知らなかったため、気づかないのも無理はない話だ。しかし霞と交戦したレイジから、顔や容姿の特徴は聞いていた。
 忌々しげに星装銃を向けるセイラ。
「アルテイシアさん。その物騒な銃をしまいなさい」
 霞の声と雰囲気が、東雲友梨子だったときのものに激変する。やわらかな物腰と、返り血のこびりついた霞の姿のギャップが凄まじい。
「おい! なんの話かいまいちわからねえが、さっさと逃げるぞ」
 レイジがめずらしく、冷や汗を流していた。
 惺もはっと息をのんだ。
「まずい。囲まれようとしている!」
「SFGか。撤退したわけではないのか」
 セイラが叫ぶ。
 惺はクォータースタッフを霊化させ、倒れたままの凜を背負った。それから霞に向く。
「東雲……いや、海堂霞さん。いまは休戦を。お互い、こんな寂しいところで死にたくはないでしょう」
 霞は三たび笑った。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.