BACKTOPNEXT

いま、その翼を広げて


Interlude03-4

 潜水艦の内部は存外に広々としていた。
 空気も清浄で、温度も湿度もしっかりと管理されており、快適な空間となっている。
 艦の中腹にある食堂。長机がいくつか並んでいる。霞と斑鳩、それに霞の腕の傷を手当てしている男性乗組員以外は誰もいない。
「そういえば、姐さんが怪我するの見たのはじめてだよ。油断したのかな?」
 机を挟んだ向かいに座り、鼻歌交じりでタブレットを操作していた斑鳩が、人好きしやすい笑みを浮かべながら言った。世間話でもするかのような気軽さ。
 男性乗組員は凍りつき、包帯を巻く手を思わず止めた。たしかに彼も霞が負傷するのははじめて見たが、乗組員でわざわざそれを口にする馬鹿はいなかった。誰も命は惜しいから、むしろ触れないようにしていた。
 霞は気配だけで人を殺せそうな殺気を放っている。
 それを間近で感じている男性乗組員は、体が震えていることを自覚した。が、止められない。彼はまだ若すぎた。
 間近で感じる霞の迫力は、まさに鬼そのもの。
 しかし、呼吸ひとつ分ほどの時間で、霞の殺気はしゅんと消え去る。
「……貴様に八つ当たりしても仕方ないか……ふん」
「あー、びっくらこいた。死ぬかと思ったよ」
 そんなこと微塵も考えてないくせに、と男性乗組員は内心思っている。
 やがて簡単な治療をすべて終えた男性乗組員は、救急箱を持って早々に立ち去っていった。
「かわいそうだなぁ。彼、怯えていたじゃないか。まだ若いね」
 男性乗組員はまだ二十代半ば。黒月夜という組織の中では、まだ赤子も同然の年齢だった。
「あいつは新入り。医療の心得がある数少ないメンバーのひとりだ。……そんなことより、おまえはさっきからなにを熱心にやっている?」
 ここに来るなりタブレットを持ち出して、「検索開始ー」「ありゃ、見失った?」などと始まり、「ここはこうだ!」「ふっふっふ、さすが僕」などと最後までひとりで楽しんでいる姿に、黙って治療を受けるしかなかった霞はだいぶいらついていた。
「まず、異種生命体の行方」
「わかるのか?」
「まあね。幸い、首輪は無事だったみたいだから。ちゃんと生きてるよ」
 首から下が一瞬で消滅したのを見たとき、霞も諦観を抱いていた。仲間の遺体を犠牲し、復活を遂げたときはさすがに瞠目した。希望はまだ死んでいない。
「いまは近くの海底に潜んでいるようだね。動きはない」
 いわく、生まれ変わってからは泳げなくなったのか、どんどん深海に沈んでいったらしい。それも途中で止まり、海底付近でじっとしているとのこと。
「これで接近できないのか?」
 霞はこんこん、と机を叩く。潜水艦を指している。
「んー……深度的には不可能じゃないんだけど、やめたほうがいいんじゃないかなぁ。だってほら、近づけたとしてもなにもできない。さすがに深海で使えるような捕獲システムは積んでないし、仮にできたとしても危険すぎる。……あー、ムラオカくんだっけ?」
 村中だと訂正しようとしたが、あまり意味はないので霞は黙っていた。
「彼の体を犠牲にして復活したとき、生物学的にはもう完全に別物になったみたいなんだよ。首輪がさすがに本調子じゃないから、送られてくるデータが断片的だし。いまは放っておくしかないかな」
「斑鳩。そろそろ話せ。異種生命体はなにを目指していた?」
 ふむ、と考えるように押し黙る斑鳩。やがて口を開く。
「異種生命体はこれまで、ほかの生物を喰らってエネルギーを補給していた。これは人間と同じ」
 霞は黙ってうながす。関係ない話をしているように聞こえるが、すべては伏線だと理解している。
「でもこれは、実は効率が悪いんだ。喰らった血肉すべてをエネルギーに変換できればいいんだろうけど、それは無理。――でも、もしそれが可能だったら? 正確には、可能だと途中で気づくことができたら?」
「気づいた……?」
「そう。僕の予想だと、六月に入った頃には気づいたと見てる。その頃だよ。異種生命体が本土でふらふらしていたのに、急に動線がまっすぐになったのは」
「なにに気づいた?」
「ヒント。それはこの近くにある。それは膨大な『エネルギー』を生み出している」
 霞たちを乗せた潜水艦は現在、星跡島付近を航行している。近くにあって、膨大な「エネルギー」を生み出しているものといえば――
「……まさか」
「ふふ。さすが姐さん。たぶん正解」
「しかし、そこにたどり着けたとして、いったいどうするつもりだ? ストローを差してちゅーちゅー吸うわけにはいかないだろう」
 姐さんにしては可愛いたとえだね、と思った斑鳩だが、さすがに言えなかった。
「それはわからないけどね。ただ、もうなんでもありなんて気がしてるよ。異種生命体とそれが接触するの、とても楽しみだ。ふふっ……なにが起こるんだろうね」
「その接触は、わたしたちに利益をもたらすのか?」
「きっと」
「なら静観していよう。しかし、なにも結果が出なかったら、おまえは本当にサメのエサだからな」
「わかってるよ」
「で、さっきの口ぶりだと、ほかにも調べたことがあるんだろ?」
「うん。棒……クォータースタッフっていうのかな? そんな変わった武器を持った少年がいたじゃない。セイラ捜査官と一緒に、異種生命体と戦っていた。彼について調べてた」
「……年齢にそぐわない老練された戦い方だったな。たしか、アキラ、と呼ばれていた」
「彼の顔、どっかで見た気がしてね」
「で?」
「真城惺、って名前らしい」
「……真城、だと――?」
「もう気づいてると思うけど、真城蒼一の息子だよ。姐さんも名前くらいは聞いたことがあるでしょ?」
 すぅ――と、霞の視線の温度が氷点下に下がった。 
「貴様は真城蒼一と面識が?」
「いや、直接会ったことはないかな。けど一度ニアミスしたことがあってね。遠目から見たことはある」
 霞は無言で続きをうながす。
「あ、これは絶対に敵にしちゃだめな人だ、って直感した。噂どおりだったね」
「……ほう」
「裏の世界で語られていることがあってね。世界広しと言えども、僕たちのようなならず者が絶対に敵にしちゃいけない三人ほど存在している、って話。姐さんは聞いたことない?」
「いや……」
「まあ、アジア圏ではそこまで知られてないかな。……ひとりはシディアスが擁する<騎士団>の総長、ユーベル・レオンハルト。もうひとりは伝説的暗殺者アヌビス。そして真城蒼一」
 そうそうたる名前だ。ユーベル・レオンハルトはシディアス最強の騎士にして、「二十世紀最後の英雄」、同時に「剣聖」と称されているし、アヌビスは正体不明の凄腕暗殺者として名を馳せている。そのふたりと肩を並べる存在。
「まあ、不思議な人間なんだよね、真城蒼一ってやつは。ほかのふたりより知名度は低いんだけど、経歴がまるでわからない。にも関わらず影響力は抜群。彼についていろいろ調べたんだけど、お手上げだった。びっくりするほど隙がない。さすがの僕も、面として敵対するような行動は控えたんだよ」
 飄々としていまいちつかみにくいが、この期に及んでは霞も斑鳩の実力は認めている。そんな彼が敵対するのをあきらめるほどの存在に、霞は興味を抱いた。名前は知っているが、霞も蒼一本人と会ったことはない。
「……その息子があの少年か。末恐ろしいな」
「セイラ捜査官と知り合いだったよね、明らかに。それで接点を調べてみたんだけど、ちょっとおもしろいことがわかった」
「……?」
「彼女ね、いま創樹院学園っていう学校の生徒として登録されている。今年の五月から編入しているらしい」
「あの女が学生?」
 セイラの学生服を想像してみるが、どうもうまくはまらなかった。
「元暗殺者で現ICIS捜査官の彼女が正規のルートで入学できるわけないから、たぶん裏ルート。でも理由まではわからなかった。これも気になるよねぇ……」
 言いながらタブレットを操作する斑鳩。
「へえ。セイラ捜査官と真城惺くんは同じクラスだね。うわ……担任のやつ、イケメンだ。忌々しい」
 画面には創樹院学園二年G組の生徒全員の顔写真と名前が表示されている。もちろんこれは外部閲覧不可の内部情報だが、斑鳩にしてみれば、こんな情報を取得するのはワイシャツにこびりついたコーヒーの染みを落とすことよりも簡単なことだ。
 ふと、なにかを目にした斑鳩の手が急に止まる。
 十秒近く動かなかった。
「……斑鳩?」
 さすがに疑問を抱いた霞が訊いても答えない。
 やがて、斑鳩は頭を押さえながら大声で笑い出した。
 その様子に目を細める霞。
「運命っていうのは実在するのかもね! 姐さん、これ見てよ」
 タブレットをわたされる。
 それを見て、今度は霞がいまだかつて見たこともないほど興奮し、高笑いが潜水艦の内部に木霊した。


BACKTOPNEXT

総合TOP  /  WORKS TOP

Copyright © 2018 One Night Works/悠城健太朗, All Rights Reserved.