MENU
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

第三幕 第一場

2020 3/30

 舞台上前方に照明が照らされる。
 東郷登場。
 東郷は座り込み、拳銃のメンテナンスを始める。
 隼人登場。

隼人「うわ! 東郷さん!」

東郷「隼人か。よお」

隼人「なんでこんなところに……って、こんなところで銃なんかいじってていいんですか」

東郷「ふん。こんな雑居ビルの屋上なんか誰も来やしねえよ」

隼人「隣のビルから見られてるかもしれないですよ」

東郷「そんときはそんときだ。目撃者は消せばいい」

隼人「……本気ですか?」

東郷「はっはっは! そんな怖い顔するな。冗談だ。まったく、そういうところは龍一とそっくりだな」

隼人「あの俺、辰巳のアニキにここまで来るように呼び出されたんですけど」

東郷「辰巳か? さあ、さっきまではそこにいたんだがな。まあ、あいつもおまえと一緒で気まぐれだからな。帰ったのかもしれねえ!」

隼人「なんだよ、もう」

 龍一登場。

龍一「あれ、隼人……に東郷さん?。隼人、おまえ、帰ったんじゃ」

隼人「いや、帰る途中で辰巳のアニキにここに来るよう呼び出されて」

龍一「おまえもか? 俺は東郷さんに呼び出されて」

隼人「龍一も?」

 藤枝登場。

藤枝「よ! みんな集まってるな……史郎はいねえけど」

隼人「辰巳のアニキ、どういうことだよ」

藤枝「まあまあ」

龍一「まあまあって、話ってなんですか。だいたい真城家への潜入はどうなったんですか」

東郷「まあ待て。そうせっかちになるな。どうせ暇なんだろ? 今のおまえらは」

龍一「なにが言いたいんですか」

東郷「真城のお嬢様、奪還されたらしいな」

隼人「……佐倉さんから?」

東郷「そういうことだ。しかし、なにもできないまま連れ去られたらしいな。はっ! 情けねえにもほどがあるぜ」

龍一「……すみません」

隼人「面目ない」

東郷「甘えてんだよ、おまえらは」

 東郷、龍一に銃を向ける。

隼人「わっ!」

龍一「なんの真似ですか?」

東郷「おまえらはみんな銃を使わねえ。ナイフですら滅多に使わない。それはあれか、人を傷つける武器だからか?」

龍一「だったらなんですか」

東郷「いつか言ってたよな。俺たちはむやみに人を傷つけるような真似をしない、と」

龍一「悪いですか」

東郷「別に悪かねえさ。どんな信念を持ってようとおまえらの勝手だ。だがな、偉そうなこと言うのはどいつもこいつも一人前になってからにしろ!」

隼人「俺はもう一人前だ!」

東郷「じゃあ聞く。真城小夜子の誘拐、おまえら誰かひとりで遂行できたか?」

龍一「……それは」

東郷「ひとりじゃ不可能だったはずだ。、龍一、隼人、史郎、この三人が力を合わせてやっと遂行できた。要するにおまえらは三人でやっと一人前なんだよ」

隼人「そんなことない!」

東郷「ターゲットの身柄を確保できたのはいい。だが、あんな短時間で居場所を突き止められて、挙げ句の果てに連れ戻されたなんて、こんな情けねえミスをしでかしたやつに吠える資格はねえ!」

隼人「じゃあどうすればいいんだよ!」

東郷「もう一度おまえらを叩き直してやる」

龍一「え?」

東郷「ごちゃごちゃ言ってねえでふたりとも構えろ」

 東郷、身構える。

東郷「なんだ、怖いのか?」

龍一「え?」

東郷「龍一、おまえが俺の元で訓練してたのは、もう五年も前か……あの頃よりはおまえ、強くなってるだろ」

龍一「当たり前だ! なめるな!」

東郷「ふん。じゃあその強くなったことを証明してみろ」

龍一「あんたな……」

 龍一、身構える。

藤枝「隼人はどうする気だ。逃げるか?」

隼人「お、俺だって」

 隼人も身構える。

東郷「ふん、そうこなくっちゃな。言っておくが手加減はしねえぞ」

 龍一と隼人、東郷に襲いかかる。
 受ける東郷。
 そのまま徒手空拳の戦いが行われる。
 しばらくの応酬。
 やがて龍一と隼人が負ける。

東郷「ふん。まだまだだな」

龍一「くそっ」

隼人「うう……強すぎるよ」

東郷「やはりおまえらは弱い」

隼人「……うるさい」

東郷「ひとつおまえらにアドバイスしてやろう」

隼人「黙れ!」

東郷「負けたからってヒステリーか? もはや情けないのを通り越して救いようがねえな」

龍一「さっきから……なんなんだ!」

東郷「黙って聞け」

隼人「……なんだよ」

東郷「おまえらは自分の強さを過信している」

龍一「どういうことだ」

東郷「だから黙って聞けって――自分の強さを過信している。同時におまえらは、世の中には自分よりも強いやつがいるってことにも気づいている。例えば俺のようにな」

龍一「……それは」

東郷「なあ龍一、俺がおまえの敵になったらどうするつもりだ」

龍一「なんだって?」

東郷「言ったとおりの意味だ。俺とおまえが敵対した場合、どうやって対処する?」

龍一「そんなこと……」

東郷「今のおまえじゃ、逆立ちしても俺には勝てねえ。でも戦わなくちゃいけねえ。さあ龍一、どうする?」

龍一「勝てる方法を……考える。考えて、行動する」

東郷「ひとりでか?」

龍一「あ?」

東郷「まだわからねえのか。なんでそうやってひとりで抱え込もうとするんだ。おまえには仲間がいるだろ」

龍一「仲間……」

東郷「そうだ。ひとりじゃ俺に敵わねえなら、三人で立ち向かってくればいい。三人なら一人前なんだろ――龍一、おまえはまず、自分の強さを過信するよりも自分の弱さを認めろ。ひとりじゃなにもできないっていう事実を受け入れろ。隼人、てめえもだ」

龍一「弱さを……認める……」

東郷「そうだ。それがわかったのなら最後のアドバイスだ」

龍一「なんだ」

東郷「時には非情になれ」

龍一「どういうことだ?」

東郷「仲間は大切だ。しかしな、もし任務遂行に必要になるのなら、その仲間を躊躇することなく見捨てろ」

龍一「東郷さん!」

東郷「龍一、貴様は表面上はいちおう任務第一に考えているはずだ。頭も切れる。だがな、それでも詰めが甘い。最終的には感情に負ける。だからターゲットだった真城小夜子に気を許したんだよ」

龍一「くっ……」

東郷「もちろんおまえだけのせいでもないだろうが、今回の奪還騒ぎはおまえの弱さと甘さが招いた結果だ。もし今後もこの仕事をやっていくのなら、どんな状況下でも、任務に対しては非情な決断をできるようにしておけ」

龍一「……ふん」

東郷「ま、あとはおまえ次第だ」

龍一「礼は言いませんよ」

 東郷、退場。

龍一「非情な……決断」

藤枝「おい隼人、おまえはこれからどうしたいんだ?」

隼人「どうしたいって……えっと……小夜子ちゃんにまた会いたいなって」

藤枝「はっはっは! なんだそりゃ!」

隼人「悪いかよ!」

藤枝「まあいいや。隼人らしいし。おまえはそのまんまでいいや」

隼人「バカにしてるのか!」

藤枝「ちげえって。褒めてるんだよ」

隼人「ふん」

藤枝「俺と東郷さんは真城家に戻る。じゃあな」

隼人「正体バレちゃえんばいいんだ」

藤枝「なんか言ったか?」

隼人「なんも言ってない! ほら、さっさとあっち行け!」

藤枝「なんだその態度は……ふん」

 藤枝退場。

隼人「俺たち、これからどうなるんだろうね」

龍一「さあ……とりあえず、いったん事務所に戻ろう」

 龍一と隼人退場。
 舞台上の前方、暗転。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!