【メガネの曇り】おすすめの「眼鏡の曇り止め」はこれだ!【永遠の悩み】

けんたろー

今日紹介するアイテムは、「眼鏡の曇り止め」。

3種類の曇り止めを買って試してみたぞ!

目次

「眼鏡 + マスク」は眼鏡が曇る!

マスクの隙間から吐息が漏れて眼鏡が曇るという、もはや説明不要なこの現象。
普段から眼鏡をかけて生活している人間からすれば、特に冬場は毎年のように悩ましい季節となります。

けんたろー

インフルエンザや花粉症のせいで、毎年の冬はマスクが手放せない人も多いよな。

しかも今年は、去年から続く新型コロナウイルスのせいで、なおさらマスクが手放せない。

外に出ず引きこもってればいいじゃん、と心の底から全力で思いますけど、そういうわけにもいきませんよね。
というわけで今回は3種類の曇り止めを購入し、それぞれ比較してみました。

曇り止め3種!

概要

左から

【フィッティPLUS+】 メガネのくもり止め 8ml 980円

【MiLLA】 メガネの曇り止めスプレー 30g 1,100円

【イチネンケミカルズ】 メガネクリンビュー Clear 10ml 1,030円

値段は税込み(2021年2月19日現在)。

【フィッティPLUS+】 メガネのくもり止め 8ml は液体を垂らすタイプ。
【MiLLA】 メガネの曇り止めスプレー 30g はスプレータイプ。
【イチネンケミカルズ】 メガネクリンビュー Clear 10ml は先端にスポンジがついていて、それで塗るタイプです。

けんたろー

使い方は3種類ともほぼ一緒だ。
それぞれ中の液体を眼鏡のレンズに塗り、ティッシュで伸ばして拭き上げる。
ちなみに、あらかじめ眼鏡を水洗いして汚れを落としておいたほうがいいぞ!

中身も3種ともほとんど同じで、界面活性剤アルコールが主成分となっています。
界面活性剤とアルコールがレンズの表面に薄い膜を張り、それが曇りを防いでくれるらしいです。

で、結局どれがよかったの?

3種類とも、それぞれ数日間にわたって使用してみました。
使い方はどれも基本的に一緒なので、どの曇り止めが効果が高く、また長続きするかに焦点を当ててます。

第3位・第2位!

第3位が【フィッティPLUS+】 メガネのくもり止め 8ml で、第2位は【MiLLA】 メガネの曇り止めスプレー 30gです。
ぶっちゃけ、第3位と第2位にそんなに差異はありません。
効果も持続時間もほぼ同じ。容量と値段の都合で、2位の【MiLLA】 メガネの曇り止めスプレー 30g のほうが若干有利かな? ってレベル。
はっきり言いますと、この2種類は重ね塗りをしないと効果がありませんでした。

けんたろー

1回塗っただけじゃだめなのか?

はい。
どちらも2回くらい塗らないと、曇りが防げませんでした。しかも重ね塗りしたところで完全に曇らないのではなく、曇りを半減させるくらいの効果。
しかもしかも、2種類とも雨の日は効果がさらに半減してました。

けんたろー

湿気の多い雨の日は特に曇りやすいのに、それがあまり防げないのは致命的だな……

あと、どちらも効果が1日ずっと持続するかというと、そうでもなかったような気がします。朝に塗ったら夕方頃また塗らないとだめだったです。
まあ、どちらも塗らないよりはマシなんですけどね……

第1位!

そして文句なしの第1位。
【イチネンケミカルズ】 メガネクリンビュー Clear 10ml 

これはマジですごい!!!

まず、先端についているスポンジのおかげで、3種類の中でいちばんレンズに塗りやすかったです。
しかも、重ね塗りしなくても1回塗っただけで効果は抜群。

どんな状況でもまったく曇りません!!!!

効果持続時間は長く、朝塗ったら夜まで塗り直さなくても大丈夫でした。
さらに言うなら、雨の日にバイクに乗るとき、ジェットヘルメット+マスク+マフラーという、最強に曇りやすい状態でも全然曇りませんでした。

けんたろー

それはすごいな!

成分はほかの2種とそんなに変わらないと思うんですけど、なにが違うんでしょうかね。
どちらにしても、【イチネンケミカルズ】 メガネクリンビュー Clear 10ml は眼鏡をかけてるすべての人におすすめできます!

まとめ!

眼鏡の曇りで困ってる人は、【イチネンケミカルズ】 メガネクリンビュー Clear 10ml だけ購入すればOKです。
ひとつ難点を挙げるとするなら、この商品は人気すぎて品薄気味なことでしょうか。

けんたろー

あとで知ったけど、YouTubeでも紹介されてたよな。
なので、在庫があるうちに買っておくのが吉だ!

というわけで今日はここまで。
ありがとうございました。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる