【睡眠不足解消】ウェイトブランケットって効果があるのだろうか?【睡眠の質向上】

けんたろーのアイコン画像けんたろー

今日紹介する商品は「ウェイトブランケット」だ!

最近、地味に流行ってるらしいな。

目次

ウェイトブランケットとは?

ウェイトブランケットの概要教えて!

ウェイト(weight) = 重量
ブランケット(blanket) = 毛布

通常のものよりも重い掛け布団のこと。
中に満遍なく細かいビーズが詰まっていて、加重ブランケットとも呼ばれる。
ウェイトブランケットに関する論文や研究データがいくつも発表されており、海外では比較的メジャーだとか。

ここ最近、なかなか眠れない日々が続いてました。
0時くらいに布団に入っても、眠りにつくのが3時とか4時とかザラ。そうなると必然的に起きるのが昼頃になって、結局その後の寝る時間がまた遅くなっていくという悪循環。

しかも、以前の記事で紹介したメラトニンを切らしてしまいまして、追加で購入したんだけど新型コロナの影響でなかなか届かない! (もう届いたけど、購入してから家に届くのに1ヶ月くらいかかった……)

んで、メラトニンのほかにすぐ手に入る快眠グッズないかなぁと調べていたら、このウェイトブランケットにたどり着きました。Amazonの国内在庫ならすぐ発送してくれるだろうと思ったのも決め手です。

どんな効果があるの?

使用による睡眠の改善。眠りの質の向上。

  • 寝ているときに包み込まれるような安心感が生まれ、深い眠りにつくことができる。
  • 夜中に目が覚めることが減る。
  • 不安やストレスで眠れない人ほど効果が高い。

【仕組みと効果】
不安感を解決するのに効果的な重いブランケットです。アメリカでWeighted Blanket(ウェイトブランケット)として長年使われ、近年非常に人気があります。ビーズを均等に詰めて縫い込んであり、身体に均等に圧力をかけることができます。

圧迫刺激の力を利用して体全体に優しく深い圧力をかけることで、体のセロトニンとメラトニンを高め、心拍数と血圧を下げて神経系をリラックスさせ気分を楽にします。ぎゅっとハグされたときのような安心感が得られる仕組みになっています。

安心感や幸福感を生み出す「セロトニン」、「オキシトシン」や良質の睡眠に不可欠な「メラトニン」が増加すると同時に、ストレスホルモン「コルチゾール」が減少し、落ち着きながら眠れるといわれています。

「YnM ウェイトブランケット」の商品紹介ページより抜粋。(なんか変な文章だったからところどころ改稿しています笑)

種類が多くてどれを買えばいいのかわからん!

ウェイトブランケットの適切な重量は、体重の7%~12%程度。
実際のところ、45kg~75kgの人は7kgのウェイトブランケットが推奨されているとか。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

だいたいの人は45kg~75kgの中に体重が収まるだろうから、とりあえず7kgを買っておけばいいんじゃね?
ちなみに、悠城は体重が75kg以上あるけど(デブ)、7kgを買ってた。

ただし。
例外があるので、この記事は最後まで読んでほしいな!

悠城が購入したウェイトブランケットはこちら。

ま、見た目はふつうの毛布ですな。そんなに分厚いってこともありません。
でも、いちばん最初にこれを広げたとき「うわっ、重っ!」って感じました。

サイズは横122cm×縦183cm。シングルのベッドにはジャストサイズ。
本体の正確な重量は6.8kgだけど、カバーを合わせればちょうど7kgくらい。

本体 6,299円
カバー 4,399円
合計 10,698円(※2020年6月17日現在)

真ん中のダークグレーの部分が本体。
本体には紐を通す穴があって、カバー内部にある紐を通して結んで、写真のように固定できる。それが全部で8カ所あるから、使ってるときにカバーと本体がずれることはないです。

カバーの肌触りはなめらかでとてもよい。
本体内部のビーズは本当に細かいようで、使っていてその感触が気になるということもありません。また、本体の肌触りもいいから、カバーなしでもいけるかと。

結局、本当に効果があるの?

けんたろーのアイコン画像けんたろー

んで、1週間ほど使ってみた感想は?
効果あるの?

んーとね。

ある気がするけど、よくわかりません!

けんたろーのアイコン画像けんたろー

おいwww

これから説明します。
まず、ファーストインプレッションでは「重っ!」と感じたけど、使っていればだんだん慣れていきます。重量7kgと言っても、ふつうにかけるだけなら、その重量すべてが体にのしかかってくるわけではないのです。
先に書いたように、肌触りはいいのでそこは問題なし。
そして実際、ウェイトブランケットを使うようになってから寝付きはよくなった気はします。

じゃあなにが問題かというとね、

夏に使うには暑すぎる!

ってことです。
密閉性が高いからか熱が逃げない。いつも足の先っぽを出して寝てるけど、それでも暑い。だから寝てるとき無意識にどけてしまうようで、起きたらなにもかけてないことがほとんど。
こんな状態で、上に書かれたような効果がはっきりあるとは言えませんよね。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

冬ならいいの?

どうだろねえ……冬に使ってみないとわからないけど。まあ冬なら温かいだろうから、それはそれでいいかもしれませんが。
それから、以下に該当する人は合わないと思います。

・体に圧迫感があると眠れない人。特に胸のあたり。
・値段が高すぎる! カバーも合わせて1万円も払えん! って人。

僕が買ったのは7kgですが、探せばもうちょっと軽いウェイトブランケットもあるみたいです。子供用みたいですが、ウェイトブランケットは気になるけど7kgはちょっと……って人は、まずはこちらを検討してみては?

もうちょっと使ってから、効果があるのか最終判断をしたいと思います。

2020年9月3日追記。効果あるんじゃね? というお話。

暑かったのでしばらく使ってなかったんですけど、最近また使うようになったので追記します。
上のほうでは「効果がある気がするけど、よくわからない」と書いてました。
でもあらためて使ってみて、ウェイトブランケットの効果がやっと体験できました!

ウェイトブランケットをかけて寝ようとすると、思考が分散しなくなります。
結果的に、寝付きがよくなりました。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

どういうこっちゃ?

最近また、メラトニンのサプリ飲んでもなかなか眠れなくなっていました。
うだうだだらだらどうでもいいこと考え続けちゃって、寝ようとすればするほど覚醒していくという悪循環。寝返りを何度も打って、なかなか眠れないのです。
漠然とした不安感とストレスに包まれて、いよいよ精神がダークサイドに堕ちるかと思いました。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

おまえほんと寝るの下手だよな……


でもウェイトブランケットをかけて寝ると、余計なことをあまり考えることなくすぅーっと眠れるようになりました。最初に使ったときはあまり感じなかったんですけどね。
体にかかる圧力の効果で、寝ることに集中できるというか。

圧迫刺激の力を利用して体全体に優しく深い圧力をかけることで、体のセロトニンとメラトニンを高め、心拍数と血圧を下げて神経系をリラックスさせ気分を楽にします。ぎゅっとハグされたときのような安心感が得られる仕組みになっています。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

↑これの効果か?

たぶん。
リラックスさせる効果はあると思います。
というわけであらためて、僕のように寝付きが悪い人にはウェイトブランケットをおすすめします。

ただし。
上にも書きましたが、体に圧迫感があると眠れない人にはおすすめできません。
そこだけ注意!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる