4-1

 フォンエルディア大陸の北西部は、広大な大渓谷地帯が広がっている。レザフォリア大渓谷と呼ばれる風光明媚な地域だ。巨大な花崗岩の頂が無数に屹立し、谷底の大部分は深い森林と肥沃な草原で構成されていた。
 ただしいまは7月の半ば。南半球に位置するフォンエルディアにおいては冬のど真ん中に当たる。気温はそれほど低くないが、周囲の森林もほとんどが葉を落としている。枯草色の草原と相まって、視界に入る全景は褐色に染まっていた。
 左右を巨大な岩石の山に囲まれた一本道を、1台のタクシーが走っている。信号はほとんどなく、前後に走る車もない。運転手である初老の男性は、時折鼻歌を交えながら気持ちよさそうに運転していた。

「しかしお客さんもめずらしいね。こんなオフシーズンにひとりで観光かい?」

 バックミラーを見ながら運転手が訊いてくる。
 後部座席に座っていたクリスは、静かに微笑みながら答えた。

「……親友に会いに行くんです」

 運転手は「ほお、そうかい」とだけ言ったあと、再び鼻歌を歌い始めた。意外に美声でうまいかもなどと思いつつ、クリスはなんとなく窓の外を眺める。
 岩石の壁を抜け、ちょうど開けた場所に出る。枯草色に染まった草原が広がり、その背景に山や尾根がきれいな稜線を描いている。
 しばらく走っても、景色はあまり変わらない。まるでこの空間だけ時間がゆっくり流れているようで、祖国にこんな素晴らしい風景があることを知らなかった。

 ――おばあさんになったら、こういうところで暮らしたいかも。

 なんとなく思う。ひとりでは寂しいから、旦那さんや子どもたちと一緒に――と、ここまで思ったところで、いままで彼氏のひとりもできたことがないじゃない、という厳しい現実を思い出してすこぶるへこんだ。

「さて、着いたよ」

 タクシーが止まり、クリスが車から降りる。
 トランクに積んでいた荷物を渡されたとき、運転手に言われた。

「まあ、オフシーズンといえども、高台にのぼれば眺望は素晴らしいのひと言だよ。このあたりは都会と違ってなーんもないが、景色だけは世界一だ。親友と一緒に楽しんできな」
「……はい」
 
 タクシーは軽快に走り去った。
 それを見送るクリスは、白いブラウスに、薄いブルーのロングスカートというシンプルな出で立ち。右手には大きなボストンバッグ。
 振り返って歩き出す。道路の左脇に上り坂になった小道が延びている。アスファルトで舗装されているが、車1台がやっと通れるほどの広さ。
 小道をのぼりきると、開けた高台の中腹に出る。その正面に、見上げるほど高い崖が屹立していた。その麓に巨大な倉庫のような建物があり、隣に事務所とおぼしき3階建てのビルが併設されていた。どちらの建物もモダンかつ落ち着いたデザインで造られており、周囲の景色に妙に溶け込んで違和感がない。
 
 いつでもどこでも
 あなたのもとへお届けします 
 ――アーク・レビンソン

 倉庫正面の壁面に記された文字。倉庫ではなく、飛行空艇のドッグのようだ。 
 クリスが事務所に足を向けたそのとき――
 やわらかく穏やかな空気を震わせる鳴奏。魂を抜かれそうな美しい高音の連なりが、クリスの耳に届いた。

 ――ヴァイオリン?

 クリスの足が無意識に動く。
 心地よい音色。聴いたことがない曲。音の粒ひとつひとつが生きているような情感を有している。あらゆる不安や負の感情を洗い流していくような錯覚を覚え、クリスの心は感動を超越した未知の感情を抱いていた。
 やがて、音色に導かれるようにして向かった先。西の方角へ突き出した崖があった。その向こう側は大渓谷が広がっており、息をのむほどの絶景だ。 
 ひとりの少年がいた。
 ヴァイオリンを巧みに操っている後ろ姿。白いシャツに、カーキ色のハーフズボン。淡い亜麻色の髪はやわらかそうで、少年の動きに合わせるように静かに、ときには激しく踊っている。
 どこにでもいそうなふつうの少年。しかしこの「音」だけは違う。耳を心地よくなでるように通り過ぎ、脳髄に直接働きかけ、最後に魂まで到達し震わせる音色。
 クリスの中でゆっくりと流れていたはずの時間は、ついに停止した。
 あ、あれ? ――と、自分の頬を伝う熱いものが涙だと気づいたのは、しばらく経ってからだった。
 やがて最後の一音が響く。それは跳ねるように空気と混ざり、霧散して消えていった。 一瞬が永遠に思えるような――そんな、いまだかつて感じたことのない未知の感情が奔流となり、クリスを呑み込んでいた。
 少年が振り返る。
 あまりにも透明で無垢な瞳が、まっすぐクリスを見据えた。表情にも瞳にも感情の「色」はなく、クリスを見る視線に温度は感じられない。それでも冷たいという印象がないのは不思議だった。
 少年はクリスを認めて軽く首をかしげた。全体的に小柄で手足も華奢。10歳か11歳くらいに見える。
 その髪や顔立ちや容姿が、よく知っている人物と重なる。
 
「……惺?」
 
 涙を拭いてからクリスが口火を切った。心の躍動は治まらず、いまだ心臓が大きく鼓動している。
 少年はわずかにうなずいたように見えた。

「……そういえば、歩けるようになったんだっけ?」

 日本語で聞いてみた。
 クリスが最後に惺と会ったのは、エクスウォード紛争に従事する直前――1年前に日本に滞在していたときだ。
 蒼一がエクスウォード紛争に従事している期間、惺はクリスの実家におり、彼女の母が面倒を見ていた。しかしその時期クリスは多忙で実家に帰る余裕がなく、紛争が終わった直後に惺は蒼一とともに帰国していたため、結局会っていない。今年の上半期に世界中を旅したときにも日本には行ってなかったため、会う機会がなかった。
 母のもとへ来たときにはすでに歩けるようになったとは聞いていた。しかし、ヴァイオリンを弾けるだなんて話は聞いたことがない。 
 クリスは不思議そうにしながら少年――惺に近づく。手を伸ばせば触れられるくらいに接近しても、少年はほとんど反応することがない。
 
「……あなた、しゃべれないの?」
 
 惺がゆっくりとクリスの顔を見上げる。ただし、見つめる視線の角度が少々おかしい。そして3秒ほどしてから、彼は小さくうなずいた。
 
「まさか……目も?」
 
 こくり。
 はじめて知る事実がクリスを動揺させる。
 惺の足もとにはヴァイオリンケースのほかに、大きなリュックが置かれている。そこから大きなスケッチブックがはみ出ていた。
 よぎってくる様々な疑問は、ひとまず飲み込むことにする。
 
「わたしのこと、覚えてる?」
 
 こくり。
 惺はポケットからメモ帳とボールペンを取り出し、さらさらと文字を書いた。「惺です。よろしくお願いします」――端正な文字で綴られるフォンエルディア語。

「フォンエルディア語、わかるんだ」

 こくり。 
 しかし目が見えないのに、どうやったらこんなきれいな文字が書けるのだろうと不思議だった。
 
「……ヴァイオリン、上手だね」
 
 本当は上手なんてレベルではない。しかしそれ以外の言葉が出てこなかった。プロのヴァイオリニストでも、ここまでの演奏ができる人が世界に何人いるのだろう。悠のピアノと同じように、その楽器の神髄を垣間見た気がしている。
 不意に、惺が手を差し出してきた。白く細い指。あまりにもきれいな指で、天使が実在したらこんな指先をしているんじゃないかと、その手を握り返しながらクリスは思う。
 そのとき、背後から可愛らしい声が聞こえてきた。

「おーい! 惺くーん!」
 
 声に振り返ったクリスは一瞬、幻覚を見ているのかと思った。
 レイリアがこちらに走ってくる。もちろんすぐにレイリアでないことに気づく。しかしその姿は、レイリアをそのまま幼くしたように見えた。
 少女は茜色の髪をボブヘアーにし、明るい緑色のバンダナを巻いている。フリルがふんだんについた緑色のワンピース姿は、まるで童話から飛び出してきたかのようだ。
 その少女はクリスを認めて、「あっ」と声をあげる。クリスはその子の名を呼んだ。

「アルマ!」
「クリスさんっ!」

 名を呼ばれた少女――亡き親友の妹アルマ・レビンソンは、喜びの涙を浮かべながらクリスの胸に飛び込んだ。
  
「会いたかったよっ!」
 
 再会を噛みしめるふたりの姿を、惺の無感情の眼差しが見つめていた。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!