5-6

 夜。自動操縦へと切り替わっていたアーク・レビンソンは、順調にレザフォリアへ向かって飛んでいた。
 機内にあるリビングルームに一同が介している。テーブルについているのは3人。アマンダ、ギリアム、レオナルドのレビンソン一家だ。
 テーブルから離れたところで、ふたつのソファが向かい合って置かれている。そこに座っているのは4人。クリス、蒼一、惺。そして、昨日までシルバーワンと呼ばれていた暗殺者の少女セイラ。彼女は無言でソファに座り、目の前のガラステーブルを見つめていた。

「ごはんできたよー」

 いろいろな料理が載ったトレイを両手で持ちながら、アルマがやってくる。彼女は鼻歌を歌いながら、ガラステーブルの上に料理を移した。
 様々なハーブで風味づけされたチキンステーキをメインディッシュに、彩り豊かなサラダや、オニオンスープの香ばしい香りが立ちこめる。アルマの手料理だ。11歳とは思えない技術に、料理が得意でないクリスは何度目かの驚愕を覚えていた。

「セイラちゃん、どうぞ召し上がれ!」

 屈託のない笑顔を浮かべながら、アルマが言う。あらためてセイラのことを紹介したとたん、アルマは「セイラちゃん」と呼びすぐに懐いていた。
 セイラはにこりともしない。わずかな戸惑いが浮かんでいるのみ。
 つい先ほど長い眠りから目覚めた彼女は、昨日とは打って変わっておとなしかった。「物静かな狂犬」のようだったのに、いまでは狂犬の部分が鳴りをひそめている。むしろ、捨て犬のようだとクリスは思う。
 蒼一の話では、マインドコントロールを解除しようとした副作用で、心も体もびっくりしているのだという。マインドコントロールはまだ完全には解けてなく、精神が不安定であるともつけ加えていた。

「セイラがあなたの新しい名前だって、さっき説明したでしょ? 嫌だったら、別の名前に変えるけど……」

 セイラは無言のまま、ゆっくりと首を横に振った。その直後、なにか言いたげな、しかしなにを口にすればいいのかわからないような仕草を見せる。

「……セイラ?」

 無言。

「あなたのこれからのことは、もうちょっと落ち着いてから話し合いましょう。とりあえずいまはご相伴にあずかりましょう。料理、冷めちゃうからね」

 そのとき。
 セイラの腹が「ぐぅ」と鳴る。
 彼女の隣に座っていた惺がおもむろに動き、ナイフとフォークをセイラに持たせた。すると惺もナイフとフォークを持ち、自分のチキンステーキを器用に切る。まるで「こうするんだよ」とでも言いたげに。
 クリスと蒼一は顔を見合わせて微笑んだ。

「そうね。セイラも惺の真似してみて」

 セイラはおぼつかない動きで、ナイフとフォークを扱う。銃やコンバットナイフの扱いとは違い、その動きは緩慢でたどたどしい。
 やがて、フォークに刺したチキンをセイラはじっと見つめる。

「……これは……なんだ?」

 本日初めて発するセイラの声は、どこか弱々しかった。

「チキン、食べたことない?」

 クリスの問いに、セイラは力なく首肯する。

「え、じゃああなた、いままでなにを食べてきたの?」
「……水とレーション」
「そ、それって美味しいの?」

 セイラは柳眉を寄せ、クリスを見つめてきた。まるで、質問の意味がわからないとでも言いたげに。

「ご、ごめん。ほら、とにかく食べてみて。美味しいから」

 セイラはゆっくりとチキンを口に運んだ。

「――――っっっ!?」

 チキンを口にしたとたん、驚愕したのか大きく目を見開くセイラ。その深紅の瞳にはじめて光が宿る。

「セイラちゃん、美味しい?」
「――――」
「セイラちゃん……? わわっ、どうしたのっ!?」

 セイラの頬を、ひと筋の涙が伝っていた。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!