MENU
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

「こだわり酒場のレモンサワーの素」と「The CHOYA SINGLE YEAR」は常備酒としておすすめだよ、という話。

2020 2/14
けんたろーのアイコン画像けんたろー

注意!
この記事はお酒について書いてます。
だから20歳未満の人は、読
むのはいいけど買っちゃダメだぞ☆

買い物が億劫であまり家から出たくない人は、自宅に常備酒を置いておこう。

引きこもり型子供部屋おじさんの典型である僕は、基本的に買い物に出るのが億劫です。徒歩1分のところにあるセブンまで行くのも面倒。
かと言って、日常の飲食物を含むすべての買い物をAmazonで済ますのも味気ないなー、とも思っています。
だから買い物の回数を限りなく少なくさせるために、常備酒というのを用意しています。

十数年の研究(?)の結果、僕が基本的に常備酒として置いているふたつのお酒をご紹介します。

それがこちら↓

こだわり酒場のレモンサワーの素」と「The CHOYA SINGLE YEAR」のふたつ。
長期間にわたっていろいろなお酒を試してみた結果、このふたつが最終的に残りました。残ったというか、このふたつは飽きもせずに何度も買ってるね、というお話。

こだわり酒場のレモンサワーの素(サントリー)

梅沢富美男さんのうざいCMが印象的なお酒。
コンビニに行けばだいたい売ってるから手に入れやすい。

値段(500ml) : 700円前後(税込み)

甘すぎず、酸っぱすぎずという比較的バランスのよい味わい。当たり前だけど、唐揚げや天ぷら、フライドポテトのような油物によく合う。当然食中酒としてもいける。
甘~いレモンサワーが好きな人にはおすすめできないけど、飽きがこない、という意味ではこのあたりがちょうどいいのではないかと。

こだわり酒場のレモンサワーの素には、人口甘味料として「アセスルファムK」と「スクラロース」が使われています。人工甘味料が苦手なんだよ! って人は注意。

The CHOYA SINGLE YEAR(チョーヤ)

「これはもう、梅酒というよりCHOYAです」(テレビCMより)

という、よく考えるといまいち意味のわからないキャッチコピーが売りのお酒。
コンビニによく置いてあるのは小瓶(200ml)のやつかも。

値段(720ml) : 1000円前後(税込み)

SINGLE YEARというわりには、味は深くて濃いめ。けどクセは少ないから飲みやすい。梅の風味もしっかりします。これより安い梅酒よりも甘さは抑えめな気がする(個人の感想です)。
個人的に好きなのは、後味がすっきりしてること。
こちらは人工甘味料は含まれてないから、人工甘味料嫌いの人は安心。

お酒の好みは、年齢によって変わってくる。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

ふーん。
おまえ、昔はとにかく甘~いお酒好きじゃなかった?
カルーアミルクとか、カシスオレンジとか。コーラとかスプライトをウォッカで割ったりとか。
上で紹介したお酒はどちらも甘さ控えめな印象だぞ(それでも甘いほうかもしれないけど)。

自分でお酒を買い始めた頃は、たしかにそんな感じのお酒が好きだったね。
飲みやすいし。
ただね……甘すぎるお酒ってすぐ飽きちゃうんです。
僕の舌がそれに気づいたのかわからないけど、30代になってから好みが変わった。いまはそんなに甘くないほうが好みです。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

ハイボールは?
ちょっと前、いろんなウイスキー買って試してたじゃん。
あれの紹介はないの?

え。
ハイボールなんて、どれも同じじゃね?

けんたろーのアイコン画像けんたろー

おいwwwwww

ジョニーウォーカーとかジャックダニエルとかジムビームとかサントリー角瓶とか、たしかに炭酸水で割って飲み比べはしましたよ。
この銘柄は香りはこうで、甘みはこうで、後味がこんな感じで――って、自分の頭の中で「いちばん美味しいのはこれだ!」ってまとめた気がする。

でも3日で忘れた。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

メモしてないのかよ!
なんのためにロイヒトトゥルム買ったんだおまえwwwww

飲み比べした頃はまだロイヒトトゥルム買ってなかったからなぁ……あったらちゃんとメモしてたと思うよ。
まあ、そもそも語るほどの興味は持てなかったんでしょうね、ハイボール。
居酒屋とかではよく頼むけど、好きだからってよりは飲みやすいから。あとどの店でもそんなに外れがないからという意味合いが強いから。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

そんなこと言ってるからモテないんだよ……

個人的に、晩酌に350ml缶は多い。

家でお酒を嗜むほとんどの人が、晩酌という形で夜に飲んでいると思います。
僕は子供部屋おじさんなんで好きな時間に飲めるっちゃ飲めるんですけど、ほとんどの場合が夜、寝る前です。
個人的には、コップ1杯くらいの晩酌がちょうどいいっす。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

彼女作ればいいんじゃね?
ふたりで飲むんならちょうどいいじゃん。

……………………。

………………………………。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

おれが悪かった。
だからそんなに睨むな。

食事のときだったらいくらでも飲めますが、正直なところ晩酌だと↑の写真のような350ml缶だと1本でも多いです。だから最近、500ml缶はほとんど買わなくなりました。
しかも缶だと開けたら最後まで飲まないといけないじゃないですか。もういらないよなぁと思っても、もったいないから最後まで飲んじゃう。
それが嫌で、僕は「こだわり酒場のレモンサワーの素」と「The CHOYA SINGLE YEAR」みたいな大瓶を買って、好きな量だけ炭酸水や水で割る、っていう習慣に変わっていたのです。

好きなときに好きな量だけ飲めるのが、おすすめのポイントです。

もちろん、この記事で紹介したふたつだけじゃなくていいわけです。
カシスでもカルーアでもウイスキーでも、なんでも好きなお酒を最低でも2種類はそろえておくのがポイント。交互に飲めば、なかなか飽きが来ない。
近所にあんまりお酒売ってないよ! って人は、Amazonでまとめ買いするのも費用が抑えられてよいと思います。どんなに重くても玄関まで運んでくれるのも利点。

ただし!

水で割るならいいけど、炭酸水だと補充が少し面倒かも。
1000mlの炭酸水を買うと、最後のほうは炭酸が抜けていてあまり美味しくない。
500mlだと2~3日で飲みきれるからまだいいけど、そのぶんたくさん買わないといけなくなる。

……ソーダストリーム欲しいなぁ、と思う今日この頃。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

まあともかく、みんなもいろいろ試行錯誤しながら引きこもり生活をエンジョイしようぜ! ってことだな。

というわけで今日はここまでだ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!