MENU

【サプリ】眠れない人にはメラトニンがおすすめ。【タイムリリース】

2020 2/11

メラトニンとは?

松果体によって生成されるホルモンの一種です。
日中、強い光を浴びるとその分泌量は減少し、夜暗くなってくると分泌量が増えます。そうすると脈拍や体温、血圧などを低下させ、体は睡眠の準備ができたと認識します。
つまり、人の睡眠のメカニズムに深く関わった重要なホルモンなのです。

昨今の研究では、スマホやパソコンのブルーライトを長時間浴びることによってもメラトニンの分泌量が減るという研究結果が出ているようです。

不規則な生活を続けて、メラトニンがうまく分泌されなくなったらどうなるの?

もちろん人にもよりますが、不眠症睡眠障害などを引き起こします。

たとえば筆者は、2019年12月までコンビニの夜勤を11年間努めて参りました。
当然ながら朝、太陽が昇ってから寝て、夕方頃起きるという大変不規則な生活サイクルです。実は慣れるとどうってことないのですが、それでもしんどいと感じることは多々ありました。メラトニンの分泌がうまくなされてないことは明らかでしょう。

もちろん、辞めてから「よーし、すぐに昼型の生活に戻すぞ!」と、決意いたしました。
ところが長年体に染みついた習慣は、なかなか変えることができません。辞めてから1ヶ月くらい経過しても、夜型の生活を変えられませんでした。

以下にどんな症状が起こったのか記しておきます。

  • 寝付きが悪くなる。布団に入っても数時間は目が冴えたまま。
  • たとえ眠れても、夜中に目が覚めて、そのまま朝まで起きている。
  • まとまった睡眠がとれない。3時間寝て4時間活動して、また2時間寝る、といった謎の生活サイクルに陥る。
  • 昼間に猛烈に眠くなり、ちょっと昼寝しようと寝て、起きたら8時間経ってた。

睡眠の質が下がることによって、さらに以下のような影響がありました。

  • 集中力がなくなる。趣味の読書や、映画やアニメの視聴も楽しめなくなった。
  • 気力が湧かない。今日やろうと思ってたことができず、明日に先送り。結局、最後までやらなかった。
  • 起きてるときは頭が常にぼーっとしていて、ただでさえキレのない頭がさらに使い物にならなくなる。

おすすめのメラトニンサプリはこちら。

上記のような状況がいつまでも続くのはよくありません。
そんなときに出会ったのが、これからご紹介するメラトニンのサプリです。

こちらは、「メラトニンタイムリリース5mg[Natrol社製]」というサプリです。

メラトニンタイムリリースは、タイムリリース(時間差作用)タイプで、有用成分が体内でゆっくりと時間をかけて吸収されるように設計されています。そのため、真夜中に目が覚めてしまう方や、睡眠サイクルを改善したい方などにも適したサプリメントです。

商品ページより抜粋

メラトニンを含有するサプリはほかにもいろいろとあるのですが、商品ページの上記の文言を読み、筆者は購入を決意しました。

結論から言うと、筆者はこのサプリを導入することによって睡眠の質が大幅に改善されました。

この記事執筆時点で導入から2週間ほど経過しておりますが、サプリを飲んだ日は深夜に目覚めることなく、朝までぐっすりと眠れるようになりました。睡眠時間も確実に7~8時間は確保できています。

このサプリのおかげで、やっと夜型の生活から昼型へと復帰できました!

結論。

冒頭にも記述したとおり、スマホやパソコンの強い光でもメラトニンの分泌量は減ってしまいます。
そのため、仕事でパソコン画面を長時間見つめる人や、スマホで長時間ゲームする人などにも、このサプリはおすすめです!

副作用はいまのところないと思います。
ただし、ご利用の際には用法用量を守って正しくお使いください。
このサプリを飲んでも寝ずに起きていた場合、効き目がなくなったように感じられることがありました。なのでサプリを飲んだらすぐにお布団に入りましょう。