【有能】「SMALLRIG スマートフォン用三脚アダプター」の紹介【ちょっと重い】

けんたろーのアイコン画像けんたろー

今日の記事は、「SMALLRIG スマートフォン用三脚アダプター」の紹介だ。
テレワークや動画撮影なんかに便利なアイテムだぜ☆

目次

概要

Amazonの商品紹介ページより抜粋
  • 【スマホに対応可能】迅速な取り付け/取り外しのバネ仕掛け構造のスマホクリップは幅65mm~90mmのスマートフォンに対応可能。写真撮影、ビデオ録画、ライブ放送、インタビューなどを実現できます。
  • 【2つの撮影方法】携帯電話ホルダーの底部には、Arca-Swiss規格のクイックリリースプレートが装備されて、三脚にすばやく取り付けて撮影できます。クリップのベースは180°回転し、ハンドルとして使用でき、ユーザーが手持ち撮影に便利です。
  • 【各種装備に接続可能】携帯用三脚マウントにはコールドシューと1/4ネジ穴を備えている為、ライト、マイクや三脚などを装着できます。ゴムクッションがあり、スマホを安定させながら、スマホをすり傷から守ります。
  • 【横も縦もスマホクリップ】スマートフォンは、撮影時に360度の水平回転を実現できるため、水平撮影と垂直撮影を切り替え可能。また、ベースは270度回転させることができ、上下の角度から撮影に便利です。
  • 【折り畳み式の卓上スマホホルダー】卓上のスマホホルダーとしてします。スマートフォンホルダーのベースを両側に開いて安定性を高め、不安定な重心のためにスマホが傾かないようにすることができます。電話ホルダーを折りたたんで、持ち運びが簡単です。
けんたろーのアイコン画像けんたろー

スマートフォン用のアダプターなんて、世の中にゴマンとあるだろ?
なんでわざわざこれにしたんだ?

……値段ちょっと高くね?

僕が購入したときの値段は、税込み4,199円でした。
たしかに、1,000円前後で似たような商品が買える中、わざわざこの商品を選ぶ必要はないかもしれません。

以下、僕が探していたスマートフォン用アダプターの重要ポイントを紹介します。

  • 安っぽくなく、頑丈であること。
  • カメラ用の三脚と接続できること。
  • アダプターとしてだけではなく、単体でスマホスタンドにもなること。
  • できることなら、手に持つためのスマホホルダーにもなること。

↑こういう条件を踏まえて、Amazonでいろいろ探していたのです。
それで最終的に白羽の矢が立ったのが、今回する紹介する「SMALLRIG スマートフォン用三脚アダプター」になりました。
というか、それらの条件をクリアするのがほかになかった、っていう理由のほうが大きいかも。

写真で紹介~

折り畳んでみた
カメラ横置きver
横から
(真ん中の穴は三脚と接続するネジ穴)
後から
三脚に接続!
重さ

メリットとデメリットは?

メリット

・高級感があって頑丈。
・三脚と接続できる。
・スマホスタンドにもスマホホルダーにもなる。

要するに、僕が条件に挙げた要素をすべてクリアしてます。
スマホを挟むところはバネなんですけど、しっかりと造られていて、そう簡単には壊れないと思います。
Amazonで似たような商品のレビューを見ると、「バネがすぐ壊れた!」とかよくあるので、これは安心!

デメリット

・高級感があって頑丈なのはいいけど、そのぶんやや重い。
 上の写真のとおり、単体で144.4g
 スマホ(iPhone 11 Proとケース)を合わせると379.7gになる。
・三脚に接続する場合、スマホが横向きで固定されてしまう。
・いちばんのデメリットは値段。
 税込み4,199円なら、三脚とアダプターのセットが買えてしまう

まとめ。

今日紹介した「SMALLRIG スマートフォン用三脚アダプター」は、個人的にはおすすめです。
でも、人によるかな、とも思いますね。

「チープでもいい! もっと安いやつがいいんだよ!」
「持ち運ぶから重いのはやだ」

などと思う人は、ほかの商品を選んだほうが幸せかもしれません。


というわけで今日はここまで。
それでは~

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる