【世の中】Quietideの耳栓を買ってみた感想・レビュー【雑音ばっかり】

けんたろーのアイコン画像けんたろー

今日紹介するのは「Quietide」というメーカー? ブランド? の耳栓だ。

耳栓。

……需要あるのか?

目次

なんで耳栓なんか買ったの?

理由は主に2つ。

  • 耳栓つけて雑音を遮断すれば集中力上がるじゃね?
  • 耳栓つけたまま寝れば熟睡できるんじゃね?

まあ要するに、世の中雑音多過ぎるんだよっ! って話です。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

wwwww

んで、効果のほどは?

あってもなくてもそんなに変わらなかった。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

おいwwww

とまあこんな感じでいきなり出オチ感満載ですが、最後までお読みくださると幸いですm(_ _)m

「Quietide」って?

Amazonで耳栓を販売しているブランド。Amazonでいろんな種類の耳栓を売っているみたいです。
ただし公式ホームページがないみたいなので、どんなブランドなのか詳しくはわかりませんでした。

だいたいQuietideってなんて読むのさ。

ク、クワイ……クワイエッ……クワイエタイド???
わからん。どこかに読み方書いてたらいいのに。なんで書いてないの。
まあいいや。

商品概要

商品の正式名称(?)はこちら↓

「【最新開発の進化版耳栓】Quietide 耳栓 安眠 防音 聴覚過敏 2種類イヤーチップ付き 多サイズ入れ 水洗い可能 睡眠用 飛行機 オフィス 仕事 勉強 ライブ 繰り返し使用可能 携帯ケース付き 一年保証 日本語説明書付 Q12 グレー」

けんたろーのアイコン画像けんたろー

長げぇよ。

っていうか商品名どれだよ。

この耳栓に限った話じゃないけど、検索に引っかかりやすくするために単語いっぱい並べただけの商品名なんとかならんのか。

値段は、僕が購入したときは1,880円
探せばもっと安い耳栓もあるだろうけど、内容が充実してるみたいなのでこの商品にしてみました。

セット内容一覧

左上の元箱の大きさはそんなに大きくなくて、縦7.5cm × 横6cm ×厚さ2cmくらい。でも写真見たらわかるように、内容品は意外に充実しています。

ちなみに取説に書かれている紹介文はこちら↓

現代人の多くは、生活・仕事環境による騒音。大型フェスやライブ、クラブやイベントによる大音量、また音楽プレーヤーの普及も重なり、若い世代から難聴や音響障害になる危険性は増えております。断続的に80dB以上の騒音にさらされていると、一時的な外傷から障害を感知しない難聴に発展。さらには、様々な心身症を引き起こすケースがあります。日本国内は、欧米と比べてもまだ難聴保護に対する意識は少ないようですが、若者における音響障害は増加傾向にあります。
ですから、Quietideは、独自の技術により、音質を劣化させることなく、余分な音域だけを提言させて大切な耳を保護するイヤープラグを開発しました。【Quiet】=静か、【tide】=潮流。Quietideは耳の健康を守る製品の開発に専念しています。お客様により良い「おしゃれで実用的なアイテム」を提供できるよう努力しています。

フィルターとイヤーフック

写真の右側にあるのはフィルターと呼ばれるパーツ。それぞれR(右)とL(左)の表示あり。
これにイヤーフックとイヤーチップを装着していきます。

左側に並んでいるのがイヤーフック。上からS・M・Lの順に並んでます。
ちなみに、イヤーフックはMサイズが最初から装着されてました。僕はこのMサイズがいちばんちょうどいいサイズ感です。

フォームイヤーチップ

これはフォームイヤーチップ
写真だとわかりづらいけど、上からL・M・Sの順番で並んでます。
Sサイズは見てすぐ小さいってわかるけど、LとMは、ぱっと見でわかるほどの大きさの違いはありません。なんとなーくLのほうが幅が大きいかな? ってレベル。
開封時、フィルターに最初からついてるのはMサイズでした。ちなみに僕の耳はこのMサイズがちょうどいい感じです。

取説によると、遮音性が高いので睡眠時や集中したいときにご利用いただけます、とのこと。
触った感触は低反発枕に似てるかな? 「むにゅっ」ってつまむとゆっくり元に戻る感じ。

シリコンイヤーチップ

この乳首みたいな形をしたのはシリコンイヤーチップ。これはMサイズ(上段)とSサイズ(下段)の2種類。

真ん中に穴が開いていているのが特徴で、音楽ライブみたいな、音量が大きすぎるときに音量を低減させる効果があるらしいっす。
ただし、そんな言うほど意味あるかなぁ……って感じでした。これこそあってもなくても同じなような。たぶん僕がこのイヤーチップを使うことはなさそうです。

総評

けんたろーのアイコン画像けんたろー

実際のところ、遮音性は高いのか?

うーん……まあこんな感じ? って具合かなぁ。
僕はこの耳栓を自室内でしか利用していません。それを大前提とした総評となります。

まず昼間なのか夜なのか、窓が開いているのか閉じているのかでも話は変わってきます。
例えば昼間、窓の開いた部屋にいるときにこれを装着していると、

  • 窓の外から聞こえてくる音(車・バイクの走行音やエンジン音、人の話し声、子どもたちのはしゃぐ声、虫の鳴き声等)の音量は当然下がる。ただし完全に聞こえなくなることはない
  • 室内の音(扇風機、冷蔵庫、エアコン、PCのファン等)はほとんど気にならなくなる。でもテレビやYouTubeの音声は聞きとれる。

夜に窓を閉じた状態でこれを装着した場合は、

  • 室内の音はもちろん、部屋の外からの音はほとんど遮断できる

まあ僕の部屋って防音仕様なので、むしろそっちのほうが効果が高いのかな……。ただ室内の雑音を軽減させるっていう意味では、ちゃんと耳栓の意味はあるかもしれないです。

重要なポイントとして、完全な遮音を耳栓だけで達成することは物理的に不可能です。だからこの耳栓をつけてテレビやYouTubeを見ても、音声だけはちゃんと聞きとれます。この場合、むしろ音声以外の雑音を遮断する効果のほうが高いみたいです。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

となると、オフィスやカフェで作業するときは有効かもな。

寝るときにつけた装着感は?

たしかにほぼ無音になる。むしろ自分の呼吸音が体内で響いている感覚が強くなります。
ただ寝るときにこの耳栓を装着したままにすると、耳内部の圧迫感や異物感が気になるかなぁ、という気がします。起きているときならそうでもないんだけど、寝るときになると余計に意識がいってしまう感じ。まだ慣れてないだけかもしれませんが。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

まあでも、この耳栓をして寝れないことはなかったな。ただし、この耳栓のおかげで熟睡できたのかどうか、因果関係は不明だ。

余談だけど、これをつけたまま寝るといつの間にか両耳から外れていて、朝起きたときには枕もとに転がってるって現象が毎回確実に発生するぞw

装着すると集中力が上がる?

はっきり言います。

それは気のせいです。

個人的には、あってもなくても集中力に明白な変化はありません。
集中力を上げたいだけならほかの方法を考えたほうがいいですね。

飛行機の中では有能?

↑こんなふうにケースに入れて持ち運ぶのは便利。特に、飛行機に搭乗の際は重宝するかもしれません。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

飛行中、機内に響いてくるエンジン音って意外にうるさいよな。それを軽減する効果はあるかもしれない。

とはいえ悠城は久しく飛行機には乗ってないので、確実とは言えないけど。

まとめ

ただ安いだけの耳栓を買って、サイズが合わなくて後悔するのは嫌ですよね。
自分の耳のサイズに合わせていろいろとパーツを選べるところが、このQuietideの耳栓を選ぶ理由としてはいちばん強いでしょう

けんたろーのアイコン画像けんたろー

耳栓なんて頻繁に買うものでもないし、お試しで買うのもお金がもったいないよな。
この記事は、そんな迷える人々の道しるべとなってくれたら幸いだ! ならなかったらスマン!


というわけで今日はここまで。
じゃあな!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる