【絶品】ジャーマンポテトの作り方【簡単レシピ】

けんたろーのアイコン画像けんたろー

今日のレシピは「ジャーマンポテト」。

洋風メニューの付け合わせとしても、食べ応えのあるおかずとしても、お酒のおつまみとしても優秀な一品だ!

調理時間:30分

目次

材料(3~4人前)

  • じゃがいも    2個(300~350gくらい)
  • ベーコンブロック 100g
  • たまねぎ     50~60g(1/4個くらい)
  • バター      20g
  • にんにく     1片くらい
  • コンソメ(固形) 1個(顆粒の場合は小さじ1)
  • 塩        適量
  • 粗挽き胡椒    適量
  • 白ワイン     大さじ2
  • オリーブオイル  適量
けんたろーのアイコン画像けんたろー

今回、じゃがいもは皮ごと使うので、たわしを使ってしっかりと洗っておこう。芽がある場合はちゃんと取っておくように!

ベーコンブロックは5mm角ぐらいの厚切りに、たまねぎも5mmくらいの厚さでスライスしておく。

にんにくはみじん切りにしよう。

固形のコンソメを使う場合は、写真のように細かく刻んでおきましょう。こういう煮込みのない料理の場合、コンソメは顆粒のほうが便利ですね……。

調理開始!

① じゃがいもの下準備

じゃがいもは、皮ごといちょう切りにします。厚みは1cmくらい。
そしたら皿にラップをして、電子レンジでチン。

600Wで3分。500Wだったら4分くらい。
電子レンジを使うことで、かなり時短になります。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

だいぶ熱くなっていると思うので、取り扱いには注意!

② ベーコンを炒める

フライパンを熱し、オリーブオイルでベーコンを炒めます。火力は中火くらい。
目安は、うっすらと焦げ目がつくくらい。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

このときはバターを使わないから注意すること!

③ じゃがいもを入れて炒める

ベーコンをフライパンの隅に寄せ、じゃがいもを投入します。
ポイントは、じゃがいもの表面に焦げ目がつくようにじっくりと焼くこと。目安は3分くらい。火力が強すぎる場合は少し弱めましょう。
じゃがいもの表面に焦げ目がついたら、ベーコンを含めて全体を炒めます。

④ たまねぎを入れて炒める

たまねぎを入れて、ややしんなりするまで炒めます。これも3分くらいが目安です。

⑤ バターとにんにくで風味づけ

ほかの具材を寄せてフライパンの上に空間を作り、バターを投入。
バターがある程度溶けたら、そこににんにくのみじん切りを入れます。

炒める時間がやや長いので、バターとにんにくはこの段階で入れることをおすすめします。
特ににんにくは、最初に入れてしまうと焦げてしまう!

炒めてバターとにんにくを全体になじませます。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

バターのおかげで全体に艶が出てくるな。
にんにくも香ばしい香りを発してる!

⑥ 味付け

塩と黒胡椒を全体に振りかけて、しっかりと炒めます。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

ベーコンの塩味が強いので、塩は少なめでも大丈夫だ。味見しながらしっかりと調整すること。

逆に黒胡椒は気持ち多めに振りかけたほうが美味しいぞ!

全体に味がなじんできたら、フライパンの縁からまわすように白ワインを注ぎます。

⑦ 最後の炒め

最後にしっかりと炒めます。
目安は、白ワインの水分が飛ぶまで。

けんたろーのアイコン画像けんたろー

分厚めのじゃがいもを味見してみて、中までしっかりと火が通っていれば完成だ!

できあがり!

けんたろーのアイコン画像けんたろー

じゃがいもの素朴な味わいと、ベーコンのジューシーさ、たまねぎの甘みがうまく調和してるよな。
全体を包んでいる黒胡椒のスパイシーさと白ワインの芳醇さも、とてもいい風味を醸してるぞ!
お好みでパセリを振りかけてもいい。

これはビールが欲しくなるよな!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる